« いい国つくるのに、何でこの人? | トップページ | 何で小松帯刀? »

2011年9月 3日 (土)

とっても大好き藤子・F・不二雄ミュージアム

あいにくのお天気となった9月3日、ドラえもんの誕生日にオープンした「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」。日刊サイゾーが早速その様子をレポートしてきたようです。

見所は多数ありますが、個人的にはシャトルバスのナンバーが2112(ドラえもんの生誕年)な所や、きこりの泉のきれいなジャイアン(彼は他にも意外な所にいます)、手塚治虫のドラえもん色紙といった所にグッときました。ちなみにチケットが完全前売り制なのは、ジブリ美術館と一緒ですが、こちらのチケットもロッピーでしか買えないのは、単なる偶然でしょうか?

落ち着いたら見に行こうかなと思う一方、これから先小さい子が「怪物くんどこー?」とか言ってスタッフが苦笑するような展開を予想してしまうのは、やっぱ自分がひねくれてるからでしょうか?さすがに大っきなお友達の自分が「笑ゥせぇるすまんどこー?」とか言うのは、シャレになりませんから( ̄◆ ̄;)

« いい国つくるのに、何でこの人? | トップページ | 何で小松帯刀? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とっても大好き藤子・F・不二雄ミュージアム:

« いい国つくるのに、何でこの人? | トップページ | 何で小松帯刀? »