« 小さなトキワ荘、完成 | トップページ | さらば友蔵(ピッコロ大魔王でも可) »

2012年4月 8日 (日)

さらばホタテマン

既に報道でご存知の方も多いと思われますが闘病中の俳優、安岡力也さんが心不全の為、入院先の病院でお亡くなりになられました。昨日危篤が報じられた事もあり、筆者的には「まさか」という気持ちはそれほどありませんが、実際にその時が来ると寂しく思います。

筆者の世代で力也さんと言えばやはり、『オレたちひょうきん族』のホタテマン(出始めの頃は、「ホタテ男」と呼ばれてた気がする)に尽きます。あの頃は遠足のバスの中(大抵行きの方、帰りはみんな寝てた)で誰かが「ホタテのロックンロール」を唄うと、対抗して「タケちゃんマンのテーマ」を唄うというのが定番でした。稀に「好きさ、ブラックデビル」という変化球を投げたヤツもいましたけど。

その後テレビの『必殺』シリーズの特番に、仕事人役でゲスト出演する力也さんを観て(大抵仲間をかばって死ぬ役)、更に地方の映画館で『不良番長』シリーズを観て、役者としての力也さんの更なる魅力を知った頃、やはり映画の『必殺! 主水死す』(1996年=平成8年)に力也さんが仕事人役で出演したのですが、その時の役名が蟹の腕助と聞いて、「ホタテマンがカニマンかよ」とツッコミを入れましたが、シャボン玉で敵を倒すという技を観て仰天しました。まさか力也さんにそういう変化球投げさせるか!と思ったので(この時もすぐヤラれちゃったけど)

ここ数年はギラン・バレー症候群(ゴルゴ13の持病とされる)や肝細胞ガン(酒飲みに多いガン)などの重病を患い芸能活動を休止し、たまに東スポに近況報告が載る程度でしたが、ついに力尽きてしまいました。コワモテのイメージとは裏腹に、ファンを大切にする人だと聞いてますが、もう二度とこういった豪快な人は出てこないと思うと、何ともやりきれません。享年65。謹んでご冥福をお祈りいたします。合掌。

ちなみに今回「ホタテのロックンロール」をBGMに書きたかったのですが、見つかりませんでした。8年前に出たコミックソング集に収められてるのは知ってますが、アマゾンでも新品の入手は不可でした。追悼の意味を込めてネット配信でもいいから復刻して欲しいのですが、無理でしょうか?

« 小さなトキワ荘、完成 | トップページ | さらば友蔵(ピッコロ大魔王でも可) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらばホタテマン:

« 小さなトキワ荘、完成 | トップページ | さらば友蔵(ピッコロ大魔王でも可) »