« 燃える東映京都(ホントに燃えた) | トップページ | 龍は福岡にいる・・・らしい »

2012年5月21日 (月)

37歳8ヶ月の栄冠

史上最大の水膨れ場所とか揶揄されていた大相撲夏場所ですが、終わってみれば驚く勿れ、ニャンと37歳8ヶ月の西前頭7枚目・旭天鵬の戦後最年長優勝(12勝3敗)で幕を閉じました。

5月14日のブログでは、琴欧洲の昇進は絶対にないと書きましたが、昇進どころか千秋楽でケツ巻くって8勝7敗って、もう大関の相撲ぢゃありませんね。角界のベッカムも今やべっこ飴ですか(意味不明)。さっさと引退して、ヨーグルトの宣伝隊長でもやってて下さい。どうせ親方になる気なんてないんだろうし。同じ成績の日馬富士や鶴竜もそうだけど。白鵬も休場せずに10勝5敗でドヤ顔されても、何考えてんだって感じです。しかも平気で旭天鵬の旗持ちなんかやって一緒に手振ってんですから、恥ずかしいと思わないのでしょうかって、思ってないのか。

まぁ40近いオッサンのガチンコ優勝には、素直におめでとうと言いたいですね。来場所は小結復帰ですが今の横綱と6大関相手なら、来場所の勝ち越しもありかも知れませんな。

« 燃える東映京都(ホントに燃えた) | トップページ | 龍は福岡にいる・・・らしい »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37歳8ヶ月の栄冠:

« 燃える東映京都(ホントに燃えた) | トップページ | 龍は福岡にいる・・・らしい »