« 映画秘宝 12年8月号 | トップページ | さしこ訴えられる?別にいいけど »

2012年6月25日 (月)

CMにドーン!

産経新聞によると消費者庁がサントリーに対し、「黒烏龍茶のCMは偏った食生活を助長する」として、改善を要求したとの事です。これを受けて現在、あの喪黒福造をつかったアニメCMは、実質放映が中止されてます。

イチャモンがついた食品のCMと言えば、良かれ悪かれ話題になったAKB48の「ぷっちょ」のCMが思い浮かびますが、お菓子の口うつしが問題になったあっちと比べると、こっちは何が問題なのか解りません。もしかしたら消費者庁に「糖尿病のアントニオ猪木が肉に喰らいつく、あのCMはおかしい」とかチクッた「善意の消費者」がいたのかも知れませんが、視聴者にとってはしょせんフィクションなんだし、むしろ実物がそうでもイメージとしてはありなんぢゃね?と解釈してる人がほとんどでしょう。

そのくせ同じトクホでも、矢吹丈がハンバーガーやフライドチキンにがっつくトクホコーラは、いいのでしょうか?トクホといっても加糖炭酸飲料である以上、大量摂取するとペットボトル症候群やそれこそ糖尿病になりかねないのに、ちばてつや先生的にはOK何でしょうか?この分だと今年のお盆では、怒り狂った梶原一騎先生の霊が広告屋にカチコミしかねませんな。

尤もトクホの定義自体が曖昧だし、筆者のような万年中二病でなくてもほとんどの人は、「脂肪を消費しやすくする」と「脂肪の吸収を抑える」では、どっちが体にいいのか説明できないのが現状だし、そっちの方を問題にした方がいいと思いますが、皆さんはどうお思いでしょうか?

なお勝手ながら、明日6月26日の更新はお休みさせて頂きます。ご了承下さい。

« 映画秘宝 12年8月号 | トップページ | さしこ訴えられる?別にいいけど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CMにドーン!:

« 映画秘宝 12年8月号 | トップページ | さしこ訴えられる?別にいいけど »