« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

で、軍団名は?

産経新聞によると大阪府警の元巡査部長が、部下に大食いを強要させたとして依願退職してた事が明らかになったとの事です(以下引用)

 部下に大食いを強要したとして、大阪府警枚岡署の男性巡査部長(40)が訓戒処分を受け、依願退職したことが30日、府警への情報公開請求で分かった。1度にハンバーガーなら15個、おやつのアメリカンドッグなら10本を食べさせることもあったという。
 府警監察室によると、元巡査部長は同署に勤務していた平成22年2月~25年10月、交番勤務の部下ら4人が仕事でミスをしたり、柔剣道などの大会で負けたりすると、職場やレストランのバイキングで罰ゲームのように大食いをさせた。
 元巡査部長は自分の名前を冠した「軍団」を作り、4人は団員に位置づけ。「部下を鍛えるとともに、遊び心も大事だと思った」と釈明する一方、「嫌がる顔を見たかった」とも話したという。強要された1人が「迷惑している」と申告し、発覚した(引用ここまで)

これって『闇金ウシジマくん』のフーゾクくん編に登場した、鷺咲社長のイジメと全く同じですな。しかもあっちは一人当たりハンバーガー10個にチョコバー4本でしたが、それよりもグレードアップしてます。ドラマ版『ウシジマ』season1では、実際のヤミ金で同じイジメがあったという理由と、食い物を粗末にするなという視聴者からの抗議に備えるべく、撮影されなかったのですが、まさか警察で同じ事が行なわれてたなんて、それこそお釈迦様でも気が付くめぇってなもんです。

それより何より自分の名を冠した軍団って、ひょっとして大門軍団を意識したとか?そりゃまぁあっちは鉄拳制裁も辞さない軍団ですが、もちろんこんなイジメはありませんでした。この元巡査部長の所属部署がどこなのかは知りませんが、制服の部署でこんな事やってたら、余計にタチが悪いと思います。実際ヤフコメでも「四十の警察官のやる事とは思えんなwまるで悪ノリした中学生じゃん」「体は元気で頭は弱い、典型的ないじめ好き」「このバカを叱る人は居なかったのか?」「初老にもなって小学生のお山の大将から、全く成長していなかった馬鹿警官」「中2病が治らないまま、大人になった人ですね」といったコメが並びましたが、一番キタのはコレ。

「巡査と半グレの境界が曖昧になってきた」

というわけで次の『ウシジマ』のテーマは「お巡りくん」でどうでしょうかって、何かそんな名前の主人公いましたよね?詳しくは書かないけど。
 

2014年1月27日 (月)

さらば波平

おとそ気分もすっかり抜けて、筆者も新たな気持ちで仕事に励もうと思った矢先、大変なニュースが飛び込んで来ました。磯野波平の中の人、永井一郎さんがお亡くなりになられたのです。

時事通信によると宿泊先のホテルの浴室で倒れてるのを発見され、そのまま心不全で亡くなられたとの事です。以前がんを患ってからは健康に気を使い、好きな酒も体に負担を掛けない芋焼酎に切り替えたと『サザエさん』の特番で話されていたのを観たので、これからもいつまでも波平を演じるのかなと思っていたのですが、こんな突然に別れが来るとは思いもしませんでした。

ヤフコメでも「もうあの声聞けないと思うと寂しい」「波平さんの声もう聞けないんだ・・・寂しいですね」「毎週、日曜日の夜に聞けた声、ありがとうございました」「ショックすぎて言葉が出ない・・・ただただご冥福をお祈りします」「これは悲報すぎる………海平兄さんの声も代わるんだよね」といった追悼コメが並びましたが、一番キタのはコレ。

「(代役を)誰がやっても違和感あるんだろうけど、その内ドラえもんのように慣れていくんだろうか…」

そーですよねぇ、永井さんのもう一つの当たり役と言えばデギン・ソド・ザビですが、本家ガンダムも初代の声優さんは何人か鬼籍に入ってますからねぇ。でも生きてる以上、いつかはこういう日が来るのも事実ですから、永井さんのお声が聞ける最後の日たる2月9日以降も、新たな方が抜擢されていつも通りに『サザエさん』が続いて行くのが、ある意味永井さんへの一番の追悼なのかも知れません。

日本中の迷えるカツオ(かく言う筆者もその一人だが)に「バカモン!」と説教して、正しい道を示してくれたニッポンのおとうさん。享年82。謹んでご冥福をお祈り致します。合掌。

2014年1月26日 (日)

また移動します

13年1月29日のブログで、職場の別部署に異動する話を書きましたが、今年もまた移動する事になりました。去年と同じ仕事ですが場所は違うので、その分プレッシャーはあります。

その為またブログの更新が遅れがちになるかも知れませんが、なるだけ週3~4回の割合で更新出来たらいいと思っています。おそらく季節が変わる頃には戻ってると思うので、そうなったらまた、頻繁に更新出来るのかと思います。

今はただ環境が変わっても自分自身は変に構えることなく、普通に過ごせたらいいと思ってます。それでは。

2014年1月24日 (金)

M13号的トホホムービー2013+α

昨日に続き今日はトホホ10の発表です。

1位、ガッチャマン

2位、マン・オブ・スティール

3位、47RONIN

4位、地獄でなぜ悪い

5位、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

6位、武器人間

7位、アイアンマン3

8位、エリジウム

9位、清須会議

10位、ABC・オブ・デス

①は原作へのオマージュを余りにも無視してるので、②も同様だがタイトルに『スーパーマン』と付けなかったのが不幸中の幸いなので、③は本当に何がやりたいのか分からないので、④⑤⑥は期待が大きかった分、失望も大きかったので(特に④)、⑦は派手に花火を打ち上げたつもりが不発だったので、⑧⑨は教科書通りの平凡な出来だったので、⑩はいいネタと悪いネタの落差が大きいので。

総評 いつもは洋高邦低という流れに固まる事が多いのですが、今年はベスト・トホホ共に洋邦バランスが取れた結果となりました。それがいい事なのかは正直分かりませんが、一時期に比べて邦画に面白いものがわずかながら出てきたのは、大きな前進だと思います。一方で東京最後のグラインドハウスたる銀座シネパトスの閉館は、映画からある種のいかがわしさが失われつつある現状を象徴してると思います。その反面ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の「未体験ゾーンの映画たち」のように、「ワケわからんけど面白い」映画を発掘しようとする試みも定着しつつあります。願わくば映画とは見世物であるという原点を失うことなく、悪趣味残酷エログロ路線の灯を守り続けて欲しいものです。

2014年1月23日 (木)

M13号的ベストムービー2013

2012年のベストムービーとトホホムービーを発表したのは、去年の1月17日18日でした。今年は少し遅れてしまいましたが、ようやく発表する事が出来ました。でわベスト10から。

1位、ラストスタンド

2位、バレット

3位、パシフィック・リム

4位、デッド寿司

5位、凶悪

6位、アイアン・フィスト

7位、ジャンゴ 繋がれざる者

8位、セデック・バレ(第1部・第2部合わせて)

9位、ウルヴァリン SAMURAI

10位、道化死てるぜ!

特別賞、銀座シネパトス

①②はシュワとスライが単独で十分主役を張れる事が実証されたので、③はアメリカ生まれのクールジャパンという意味で、④は寿司が人を襲うというバカバカしさを映画化したので、⑤は近年稀に見る実録物の邦画なので、⑥⑦は現代に往年の活劇を復活させたので、⑧は時間長すぎるが、血まみれ残酷絵巻が展開されるので、⑨はいい意味で間違った日本をアピールしたので、⑩は一昨年なら間違いなく、シアターN渋谷で演っていたであろうから、特別賞は惜しまれて閉館した、東京最後のグラインドハウスに敬意を表して。

ベストガイはもちろんシュワとスライ。説明は不要でしょう。還暦過ぎたじーさんがあれだけ動けるんだから、それだけで感動モノです。去年のラジニカーント同様、元気なじーさんが頑張れば若者も活性化するのです。ベストガールは悩みましたが、『デッド寿司』の武田梨奈に決定。アクションとギャグを大真面目な顔でこなせる貴重な存在です。出来ればもっと広い舞台で羽ばたいて欲しいものですが、夢かなぁ。ベストシーンはこれまた『デッド寿司』から握り寿司のセックスシーン。あんなショッキングでバカバカしいシーンはありません。

明日はトホホ10と総評をお送りします。

2014年1月21日 (火)

行先は三途の川ぢゃないモン

レスポンスによると、しなの鉄道はこの夏から運行が予定されてる観光列車の概要を発表したとの事です。見ての通り水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けており、東日本の鉄道では富士急の富士登山電車に続いて2例目となりますが、塗装といい内装といいかなりの部分で富士登山電車と被ってます。イラストを見る限り、一部で「赤ちゃんの檻」とか言われてる木のサークルは見当たりませんが、実際はどうなんでしょう?

それより何より列車の名前が「ろくもん」って・・・最初聞いた時くまモンに対抗してるのかと思いましたが、真田の六文銭から来てると聞いて頭抱えました。六文銭が何だか知ってたらこんな縁起の悪い名前付けませんよ。それに雁金だのゴールドだので高級感を出そうとしても、真田はカネ無かったんだし。その事は関ヶ原の後紀州に流された真田昌幸・幸村親子が困窮してた事は、幸村が義姉の小松殿(幼名、稲姫。実父は本多忠勝)に当てた手紙でも明らかです(寒いから焼酎送れとか書いてある)。少なくとも埋蔵金伝説とは無縁でしょう(武田の埋蔵金伝説と混同してるのかも知れんが)

も一つ言えば「真田の赤備え」なんてのも、戦国無双とか戦国BASARAとかのゲームの影響で広まったものなので、アテになりません(ついでに言えば肖像画の幸村はイケメンでもありませんと、腐女子腐男子の夢を打ち砕いておきます)まぁ実際の幸村の鎧は、赤み掛った茶色だったとか言われてるので、全くのウソという訳でもないんでしょうけど、少なくともシャア専用だのジョニー・ライデン専用といった赤でわないと思います。

で、運賃は幾ら何でしょうか?一般にコイン商とかで出回ってる一文銭(戦国より後の江戸時代に作られた寛永通宝)は、状態にもよりますが大体1枚10円で買えます。って事は六文銭だと60円で乗れるとか?んなわけないですな( ̄◆ ̄;)

2014年1月20日 (月)

いっその事走らせないという手もあるが

2015年(平成27年)に開業が予定されてる、北海道新幹線の新青森~新函館間ですが、昨今のJR北海道の不祥事体質を考えると、果たして運営を任せられるのかという気になってしまいます。そう思ってたら、この手のネタにはあまり飛びつかない日刊サイゾーが、その泥沼体質を報じてます。

まぁこの問題は去年いろんな所で報じられましたし、新たな事実も出て来るでしょうけど、ここまで仁義なき戦いを繰り広げてると、果たして乗客の安全はどこへいってんだという気にもなります。と言っても今更工事の終わってる部分を無かった事に出来ないのも事実な訳で。

個人的には北海道新幹線は新函館で打ち止めにして、運営はJRとは別に公社を作って任せるのがいいと思いますが、皆さんはどう思うでしょうか?新たな利権の草刈り場になるかも知れませんが。ちなみに北斗星は廃止するでしょうけど、カシオペアはどうすんでしょうね?

2014年1月18日 (土)

もう十分欠番だけど

13年12月20日のブログでもお伝えした『あぶさん』の連載終了まであと2回ですが、東スポwebによるとそれに伴い、ソフトバンクがちょっとしたサプライズを考えてるとの事です。驚く勿れニャンとあぶさんの背番号90を、球団初の永久欠番にしようというのです。

尤も球団では90番を「あぶさんの番号」という事で準永久欠番にしてるので、サプライズと言えるのかは分かりませんが、実現すれば南海・ダイエー時代から通してホークスでは初の永久欠番になります。野村克也の19番も、門田博光の60番も、野球殿堂入りした秋山幸二(現、監督)の1番も欠番ぢゃないのに。

こうした特殊な欠番の例としては、ロッテの26番と楽天の10番があります。いずれも「26人目のベンチ入りメンバー」「10人目のナイン」という意味であり、ファンの為の番号という意味が込められてますが、これで90番が正式に欠番となったらいろんな意味ですごいんぢゃないかと思います。ここまで来るとあぶさんの扱いは「実在してないけど実在の人」と言っても差し支えありません(そういう人は他にもたくさんいるけど、キリがないのでこの辺で)

ところでダイエー・巨人・ソフトバンクで活躍した現、侍ジャパンの小久保祐紀監督の背番号は90番(現役時代はダイエーで9、巨人で6、ソフトバンクで再び9)。これは現役時代の10倍頑張って欲しいという意味と、ソフトバンクで助監督止まりだったあぶさんを超えると言う意味が込められてるというのは、うがち過ぎでしょうか?となるとあぶさんの今後は、侍ジャパンの総監督って事ですかい?まさかねぇ。

2014年1月17日 (金)

ロビンマスクがCMに

あのロビンマスクがCMに出ると聞いて、どんなCMを予想したでしょうか?イギリスの観光キャンペーンとか、イギリス資本のファストフードとか雑貨屋チェーンとか、大体そんな所でしょうね。で、まんたんウェブを見て少し仰天しました。ロビンマスクだけに花粉用マスクって・・・どう考えても代理店の企画会議が、その場のノリで決まったとしか思えません。

まぁ今『キン肉マン』の版権持ってるのは、基本的に原作と作画の両ゆでたまご(主に原作の方だが)ですから、よほどイメージを損ねない限りはこういうのもありなのかも知れません。そういえば今ファミマでは『キン肉マン』という、そのものズバリの中華まんを売ってますな。恥ずかしながら筆者は昨日まで知らなかったけど( ̄Д ̄;;

で、このCMが好調なら第二弾第三弾とかも出て来るんでしょうか?第二弾は当然ウォーズマンで、第三段はモンゴルマンとか?二人とも鼻ないけど。ネプチューンマンのマスクは鼻と口がムキ出しだから、更にマスクしたらただの変態オヤジにしか見えないし、ビッグ・ザ・武道(もしくはストロング・ザ・武道)は剣道面のスキマから花粉入りまくりだし。悪魔将軍はマスクの下に黄金のマスクしてるから平気そうだけど、今回は体あるから血ぃ流して苦痛感じてるから、花粉入ったらけっこうヤバい事になりそうだし・・・

その将軍と悪魔六騎士は現在、原作(web版)の「超人墓場編」で活躍中ですが、既に原作三度目の死を迎えたロビンは果たして出て来るのでしょうか?現状を考えると出て来るとしても、季節が変わってそうな気がするし、それ以前にCMのロビンにセリフあんでしょうか?アニメ版の中の人が亡くなって結構経つし(10年1月18日のブログ参照)

2014年1月16日 (木)

食いたいけど食えない

別にどこか悪くしたわけぢゃありません。明日職場の健康診断なので、20時以降飲み食い出来ないだけです(水と無糖茶はいい)。以前だったら別に1食位抜いても特にどうと思わなかったのですが、いい年こいて来るとさすがにツラくなります。でもってこういう時に限ってうまそうな店の近くを通らなきゃいけない訳で、全く持ってツラいと思います。

まぁ終わった後に飲み食いするのが楽しみと考えれば、この苦行も多少は和らぐのかも知れませんが、そういう時に限って予定が山積で、とてもゆっくりメシを食うヒマがありません。かくして朝は食わず、昼は缶コーヒー、夜は立ち食いそばかうどんという、何かいつもと変わらないような食生活になるわけです。

尤もまた期間限定で移動するかも知れないので(13年1月29日のブログ参照)、そうなったらイヤでも1食抜くだろうから、丁度いいダイエットにはなるのかも知れないのですが、果たしてどうなる事やら。

2014年1月14日 (火)

バレンティンデーの逮捕

あのバレンティンがアメリカで嫁にDV振るって逮捕されたニュースは、間違いなく内外に波紋を広げています。ヤクルトは現時点での処分についてコメントを控えてますが、解雇を前提にして動いてる事は明らかでしょう。

それというのもヤクルト本社とスワローズの家族的な雰囲気を考えると、家族に手を上げるというのは間違いなくそのカラーにふさわしくないからです。同じようにDVで逮捕歴のある楽天・ジョーンズが何事もなかったように入団し、日本一に貢献してるからバレンティンもお咎めなしか軽い処分ですむという楽観論もありますが、楽天のような新興チームとは事情が違います。少なくとも今、ヤクルトファンの子供を彼に近づけさせたいと考えてる親は皆無でしょう。

ヤクルトは過去にも獲得を表明した外国人選手に薬物の使用歴が発覚した際、企業イメージやチームカラーに合わない事を理由に獲得を取り止めた事もあります。今回のように単なる噂やゴシップの域を超えて、実際に警察が動いた事を考えると、球団も罰金や短期間の謹慎でお茶を濁すわけにはいかない訳で、となると解雇の可能性が出てきてるという訳です。

まぁ今夜当たりナベツネが「不良外国人はクビにしろー、ついでにご乱心の殿は切腹だー」とか喚いてるかも知れません。巨人は去年王の記録破られた時点で、バレンティンの追放を画策してたとも言われてますし、今回の事件はまさに渡りに船でしょう。他の4球団も追従してヤクルトに圧力掛けるでしょうし。少なくとも4年契約は見直されるでしょうし、既にCMの放送は見合わせられてますし。そんなバレンティンにはヤフコメからこの言葉を贈りましょう。

「(CMに出てる)豊川悦司の言うとおり、敵は自分自身の中にある」

で、もしクビになったら、代わりにお姉ちゃんと契約するってのは無理でしょうなって、アジャコングはバレンティンの姉ぢゃねーよ。

2014年1月10日 (金)

空き菅だけに中身なんかない

都知事選で独自候補の擁立を見いだせないミンス党は、噂通り細川護煕元首相を実質支援する方向で、話がついたようです。そんな中J-CASTニュースによると、あのスッカラ菅直人(またの名を空き菅直人)が、ブログで殿マンセー発言をやらかして、反原発派のバッシングを喰らってるそうです。

まぁ空き菅としては、自分のブログがデスブログだって自覚は全くないだろうし、かといって宇都宮だの東国原淫行ハゲだのを支持する気もないだろうから、消去法みたいな形で言ったのかも知れませんが、さすがにもう少し考えろと言いたいですな。あ、中身ないから考えられないのか。後は二階堂ドットコムにこんなのも載ってたので、参考までに。

ちなみに田母神将軍を出馬させたのはアルツ慎太郎ですが、やはり淫行ハゲ封じが狙いなんですかねぇ。果たしてたけしはどっちを支援するのかニャー?

なお勝手ながら、1月11~13日の更新は休ませて頂きます。ご了承下さい。

2014年1月 8日 (水)

トミカ大きく値上げへ

読売新聞によるとタカラトミーは定番商品をメインに、2月1日からトミカの価格を¥360⇒¥450へ、25%upする事を決定したとの事です。理由は生産拠点のある中国やベトナムの人件費高騰や、円安に伴う原材料費高騰が上げられてますが、4月からの消費税率upも含まれてるでしょう。

という事はプラレールにもいずれこの波が押し寄せて来るのは、避けられそうにありません。こっちはタイの工場が水害でワヤになってしまった事で、新製品の発売が滞りがちになってる事を考えると、大きな痛手ですな。

一方、トミカリミテッドヴィンテージやチョロQ ZEROを製造・販売してるトミーテックからは、今の所値上げの発表はありませんが、こちらも4月以降はイヤでも値上げするわけで、元々高いものがますます高くなり手がつけられなくなるという、悪循環に陥りそうです。おかげで筆者も西部警察シリーズは買うけど、他のシリーズはちょっとお休みという事になりそうです。

そうでなくても『龍が如く 維新』だの『戦国無双4』だの『西部警察』のフルコンプBDだの、『トラック野郎』のBD-BOXだの、来月から春まで財布を直撃するようなネタが怒涛の如く押し寄せて来ると言うのに、これでいいのかアベノミクス(って、全く恩恵は受けてないけど)

2014年1月 7日 (火)

臭くない臭いメシ

ムショ飯は臭い、というのが大方の人が考える事です。でわどういったものが出るのか?ごぼうと腐った大豆?固いパンに塩辛いスープ?あるいは一流ホテルや一流レストランの残飯?そういった疑問に探偵ファイルが答えてくれました。

府中刑務所の文化祭に行ったとの事ですが、麦飯のカレーもプルコギ定食もめっちゃうまそうですやん。冬は軽犯罪で刑務所にブチ込まれるホームレスが多いと言う話ですが、明らかにそれは食事にありますな。焼肉でわなくプルコギなのは、韓国系の受刑者が増えたからでしょうか?他の外国人受刑者(特にムスリム)の場合、食い物のタブーが多いだけにカレーや肉じゃがは無理でしょうし、その場合は魚とかに差し替えるのでしょうか?

かつて花輪和一氏はその著『刑務所の中』で、自らの入所体験を踏まえた上で「ムショの中でこんなにうまいもの食っていいのだろうか?」と述べてましたが、多分いいのでしょう。尤も食い切れなかった分は全て生ゴミとして処理され、他の受刑者にあげるのとペナルティが課せられますから、そこはやっぱシャバと違いますね。もちろん酒と煙草はタブーだし(菓子は休日とか正月に支給される)

それにしてもプリズンアドベンチャーツアーとか、職員のバンド名が「デビルズ」とか、そこまで軽いノリでいいのでしょうか?いや、きっといいんだ。誰も何にも言わないし・・・

2014年1月 6日 (月)

殿と将軍と2人のハゲ(あと弁護士も)

2月9日に投開票が行われる都知事選ですが、時事通信によるとミンス党は細川護煕元首相に出馬を打診するも、固辞されたとの事です。

これを受けてヤフコメでも「政界を引退した人を再度担ぎ出すのか、しかももう75才過ぎだよ!!」「まあ細川氏もバカじゃないなら、ドロ船には乗らないよ」「細川も猪瀬と同じで、借入金問題で総理辞めたんですけど、また同じことを繰り返すつもりか?」「この国の首都の長を決める選挙でまさかの人材難・・・選択肢が無いってのも痛いなぁ」等々辛辣なコメが続く中、キタのはコレ

「まじめにやれ」

このコメはミンス党だけでなく、名前が取りざたされてるほとんど全ての人ならびに、そんな人を擁立しようとしてる党、そしてAKB総選挙のノリで投票する有権者に向けられてると思います。既に出馬を表明してる宇都宮健児氏はもちろん、明日出馬表明する田母神俊雄将軍、間違いなく自民と公明が推すであろう舛添要一元厚労大臣、出ない出ない詐欺の東国原淫行ハゲ、そして細川の殿。誰が当選するかはさておき、この結果次第で安倍ちゃんがまたKO病院に駆け込む可能性が出て来るので、都民一人一人の行動原理が問われてると言っても、過言ではありません。

ところでコメの中に「都知事ってより、東京城の殿様って感じだな」ってのがありましたが、東京城は明治維新直後の江戸城につけられた名前なので、今で言う皇居です。誤解のないように。

2014年1月 4日 (土)

しょっぱなから背水の陣の軍師

新年明けましておめでとうございます。今年も一つよろしくお願いします。

で、明日から始まる大河ドラマ『軍師官兵衛』ですが、J-CASTニュースによると早くも「もう一つの太閤記」という見方をされてるようです。実際、実質的な主役は秀吉役の竹中直人(13年8月17日のブログ参照)になるでしょうし(おそらく10月辺りから関ヶ原にまつわる話やるだろうから、9月まではそうなると思う)

これは02年(平成14年)の『利家とまつ』辺りからの傾向なんですが、信長・秀吉・家康・信玄・謙信が主役の大河をやり尽くして、その周囲の人にスポットを当てる事で「利家がいなければ、秀吉は天下取れなかった」「直江兼継がいなかったら、上杉は滅亡してた」とか、その人の功績を強調するのが流行ってますけど、そういうのはシュミレーションゲーム的な「if史観」(「もしかして史観」とも言うが)に過ぎず、過大評価以外の何者でもありません。少なくとも山内一豊がいなければ、将来坂本龍馬が大政奉還を発案する事はなかったというのは、こじ付けもしくは論理の飛躍以外の何物でもないし。

まぁ来年の大河『花燃ゆ』は全く期待できないし(13年12月4日のブログ参照)、今の内に定番ネタで荒稼ぎというNHKの姿勢も、分からなくはありません。『あまちゃん』と『ごちそうさん』の貯金も使い切るだろうし。サイゾーウーマンによると、中の人はまた昔のネタを蒸し返されてるみたいだし。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »