« ついてくバカと、もらうバカ | トップページ | ウチへ持って帰れ »

2014年6月 9日 (月)

だから戦争はいかん

スポーツ報知に掲載された、横浜の中学生が被爆した語り部さんに暴言を吐いたという記事は、読んでてとても悲しくなりました(以下引用)

被爆語り部に暴言、修学旅行で横浜市の中学生
 修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中3年の男子生徒5人が、爆心地周辺を案内しながら被爆体験を話していた語り部の森口貢(みつぎ)さん(77)に「死に損ない」などの暴言を吐いたことが7日、分かった。

 森口さんによると、被爆者らが5月27日、3年生119人をグループに分け、爆心地周辺の被爆遺構を案内。爆心地の北約700メートルにあり、甚大な被害を受けた山里小学校で森口さんが説明を始めたところ、グループから離れて行動していた5人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と叫んだ。森口さんと引率の教職員が注意したが、5人は周りの生徒にも「拍手しろ」などと言って妨害、暴言を続けたという。

 森口さんは翌日、手紙で学校に抗議。さらに学校に電話したところ、校長は「大変申し訳ない」と謝罪したという。

 「長崎の証言の会」のホームページなどによると、森口さんは国内だけでなく、米国に出張して現地の高校生たちに被爆体験を語るなど精力的な活動をしている。森口さんは取材に「こんな経験は初めてで悲しい。戦後69年がたち、戦争の悲惨さが分からない社会の雰囲気の中で子供たちが育っているのではないか」と話した。

 校長によると、暴言を吐いた生徒の1人が案内前、森口さんから「聞く気がないのなら出ろ」と厳しく繰り返し注意されたと明かした上で「それでも生徒がやったことは許し難い。被爆者をおとしめるつもりはなかったと思うが、反省するまで粘り強く指導したい」との考えを示した。(引用ここまで)

謝罪すべきは校長ではなく5人のバカ中学生でしょう。これではどんなに悪いことしても、大人がかばってくれるという歪んだ発送が芽生えてしまいます。日頃からロクな教育が行なわれてない事が浮き彫りになりましたな。尤も私立校でも似たようなバカはいますが。

ヤフコメでも「中学生にもなれば善悪の区別くらいつきます。こういう輩は顔、名前を晒してやってもよいと思います」「親がマトモな躾をしてないんだろうな」「こんなガキを産んだ親も、たかが知れてる」といったコメが並びました。おそらく親子共々顔出しはないでしょうから、そこは『闇金ウシジマくん』に出てくるクズな人達の顔で代用するとして、今回キタコメはコレ。

「語り部の方が、聞かないのなら出ていくように促した事が、暴言を誘発してしまった、と校長の言葉が出ていたが、それではまるで、語り部の方の言い方が悪いと言っているように感じる。この校長も言葉に気を付けるべきだ」

まぁ学校の校長なんて別に人格者じゃありませんからね。だから通り一辺倒の謝罪しか出来ないんでしょうけど。いっその事「お国の為に散った兵隊さんの気持ちに少しでも近付く為」として、1週間自衛隊に体験入隊させてレンジャー訓練とかやらせたほうがいいかも知れません。もちろん昼夜通しで。あるいは将来に備えてム所で配膳や掃夫をやらせるとか。その方がよほど平和の尊さを体験できるかも知れません。


« ついてくバカと、もらうバカ | トップページ | ウチへ持って帰れ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから戦争はいかん:

« ついてくバカと、もらうバカ | トップページ | ウチへ持って帰れ »