« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

電源はどこから取るんだ?

発売中の週プレ14.11.10号に石破地方再生担当大臣のインタビューが載ってました。「ローカル鉄道の非日常性と、最先端のITインフラがポイントです!」とか言ってますが、それっていすみ鐡道の鳥塚社長が何年も前から言ってる事ですよね。正直ある種の今更感もあるのですが、そんな中こんな事も言ってました。(以下一部抜粋)

「やはり、私としては昔のブルートレイン。それも20系を走らせてくれないかなぁと(満面の笑みで。大きな声じゃ言えないけどね。」

心情的には理解できますが、今現在保存されてる20系客車は全国で計15両(内訳はナロネ21x2両、ナハ21x1両、ナロネ22x1両、ナハネ20x7両、ナハネフ22x3両、ナシ20x1両)この内訳を見て分かると思いますが、マニ20、カニ21、カヤ21、カニ22といった電源車はゼロです。電源車がなければ電気つかないし、新たに作るとしても今の安全基準じゃ使えない部品とか出てきそうだし。

「そのために、安全性や合理性、環境基準をクリアさせることも日本の技術力なんじゃないんでしょうか」との事ですが、多分計算省もとい経産省の宮沢SM大臣は首を縦に振らないでしょうね。まぁ役所のない無所任大臣だから、こんな事言えるんでしょうけど。ご本人のホンネとしては安倍ちゃんの次の次辺りを狙うのに夢中で、一連の発言も忘れてるのかも知れませんが、客車ヲタの意地を少しは見せて欲しいもんですな。

なお明日から不在の為、11月1~3日の更新は休ませて頂きます。ご了承下さい。

2014年10月30日 (木)

大人ハロウィンって何だ?

いつからそうなったのかは知りませんが、10月の30・31日はハロウィンなんだそうです。もっと早いのかと思っていたら、意外と遅いんですな。まぁそれでもガキもといお子様や家族向けのイベントだから、お菓子を大量に売ってんだろうと思いきや驚く勿れ、ニャンと今年は大人ハロウィンなるものが行なわれてるんだとか。去年はそんな言葉聞かなかったような気がするんですが・・・

でもって大人ハロウィンって、何をするんでしょうか?コスプレしてジャック・オゥ・ランタン(例のカボチャちょうちん)飾って酒飲むだけ?それって何か特別な事なんですかにィ。どうせギロッポン辺りの外人が始めたんでしょうけど、通行人を巻きこむのだけは勘弁して欲しいと思います。ま、誘われた事ないんですけどね。

いっその事来年の大人ハロウィンはおばけにちなんで、スプラッター観ながら酒飲むってのもいいかも知れませんが、それは筆者が普段からやってる事でしたね。つまりこの時期だからと意識する必要もなかったわけで。

2014年10月29日 (水)

昼も夜も打撃不振

週刊文春がスクープした巨人・阿部慎之助の2年越し不倫騒動は、予想以上に泥沼だったようであり、今更ながら「巨人軍は紳士たれ」とかいうお題目が形骸化してる事がわかりました。この問題について巨人や原監督が強い態度に出られないのはJ-CASTニュースによると、原監督自身の不倫騒動が影響してるのではないのか?との事です。同時期に監督と主力が仲良く勇気凛々不倫リンリンしてたら、そりゃ強く言えませんわな。それで勝てるんだから、如何に他球団がだらしないかという事も分かります。まぁ今年は阪神がやってくれたのでいいんですけどね。

何度も言いますけどね、大半のスポーツ選手は聖人君子でもなければ、模範青年の代表でもなんでもありません。しょせんタニマチがいてナンボのスポーツバカですから、いい年こいてこーゆー問題起こすんです。清原とか見てりゃ分かるでしょ。松井秀喜みたいなのは超レアケースですもの。

なもんだからヤフコメでも「原さんは客観的に見て良い監督だとは思うが、あの事件はどう考えてもマズイ。結果、その分野については部下(選手)たちを制御できなくなったね」「監督があれじゃあ、制御するにもできないねぇ。
何だろうね、人間って地位や名誉を得ると、どうしても愚かなことをしてしまうのですね」「もし巨人が日本シリーズに出場していたら、阿部には『最低でーす!』と野次が飛んでいることだろう」といったコメが並びましたが、そんな中でキタコメはコレ。

「なるほど、コンバートしたのは守備位置だけじゃなかったのか」

女房役が女房交代なんて、シャレにもなりませんな。まぁ冗談はさておきこの二人、既に外堀は埋まりつつあるようです。阿部は既に来季の一塁コンバートが発表されましたが、これで打てなきゃもうパ・リーグにトレードでしょうね。原監督も高橋由伸の兼任コーチ就任が発表されましたが、これもゴジラを迎える前にワンクッション置きたい(もしくは成績不振時の首切られ役)として球団が決めたとか言われてますし、その意味でわ来季の巨人、楽しみです。

2014年10月28日 (火)

東京映画祭ってまだやってたんだ

J-CASTニュースに掲載された、東京国際映画祭のコピーが恥ずかしいという話。コピー以前にこの映画祭そのものが恥ずかしいような気がします。

「ニッポンは、世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった。お忘れなく」というこのコピー、考えたのはおそらく○通の、未だバブリーな気分が抜けきれないクズである事は察しがつきます。こういう人はまず映画なんか観ないし、観ても妖怪ウォッチとかのアニメやマンガ、あるいはドラマやラノベとかの映画化作品にしか興味が沸かない。それもカネになるかどうかですから、作品の出来不出来なんかどうでもいいのでしょう。でなきゃこんなコピー作りませんわな。

そう考えるとビートたけしが宮崎パヤオを批判したというのも、映画祭を盛り上げる為のプロレス的演出なのか?という疑問が沸いてきますし、それさえも大して話題になってない事を考えると、こんな自爆ネタを投入しないと映画祭やってるという事に、みんな気付かないのかも知れません。実際映画館で流れてるCMも、これまでと比べて短くて印象に残らないし。ここでグランプリ取っても「ふーん」ってのが正常な反応でしょうから、もうこんな映画祭止めた方がいいと思いますよ。

ま、それでもやるのならシッチェスみたいな残酷映画の祭典にすれば、もっと注目浴びると思いまっせ。ハロウィンの時期だからゾンビのコスプレしても違和感ないし。

2014年10月25日 (土)

近藤さんがやっさんかよ

まんたんウェブによると、BSプレミアムで11月に放送予定のドラマ『ひとつ星の恋~天才漫才師 横山やすしと妻~』で、主役のやっさんこと横山やすしを、『半沢直樹』の近藤さんこと滝藤賢一が演じてる事が明らかになりましたが、間違いなくコケますな、コレ。

だって内容が夫婦愛主体で、漫才は付け焼き刃でしょ?でなきゃ中川家礼二に西川きよしの役なんかやらせませんよ。どう見てもこの人がサマになるのは、阪堺電車の運転士でしょ?(この時期にこーゆードラマをやるのは、きよしが『マッサン』に出てる事と無関係ではあるまい?)それにここで言うカミさん(木村多江)って、二度目のカミさんの事だから、って事は最初のカミさんとその息子である木村一八は完全抹消って事?怖いねー。まぁ一八はタクシー運転手半殺しにして年少入りしたから、しょうがないね。

で、タクシー繋がりで言えば、やっさんが息子に先んじてタクシー運転手を殴った際に発した「コラッ、カゴ掻き!」のセリフも、フライデーにカチ込んだビートたけしを「ドアホ!一人で行け!」とバッサリ斬ったシーンも再現されないし、劇中劇として『唐獅子株式会社』や『ビッグマグナム黒岩先生』の1シーンが再現される事もなく、もちろん横山レーシングチームも風の会もどこ吹く風。言わば一番面白いシーンをズタズタにして、神話をデッチ上げようとしてるわけですから、面白いはずありません。通行人にカネ渡して、酒買いに行かせる話はやるかも知れんが、それも赤塚不二夫的「愛されるアル中さん」の話にしちゃうんだろうなぁ、実際はそんなキレイなもんぢゃないし。

滝藤賢一も木村多江もいい役者だとは思うけど、何か才能のムダ使いで終わりそうなこのドラマ、ホントに誰の為に作るんでしょうか?冗談抜きでやっさんが化けて出て来そうな気がします。「ドアホ!このMr.オクレみたいなヤツは誰や!ワシはもっといい男じゃ、撮り直せ!ワシ主演で」とか

2014年10月23日 (木)

消えたご家老とダンナ

オブチッチの金庫番として知られる折田謙一郎・中之条町長が失踪してる問題、なぜか夕刊紙以外のメディアは沈黙してますが、何を遠慮してるのでしょうか?もしかしたら水もないのにダイビング?手を上げて、電車に飛び込む元気な子?山奥の車でBBQ?それともビジネスホテルの風呂で、まぜるな危険?何を言ってんだお前わという人は、二階堂ドットコムをどうぞ。もちろんノコノコ出て来る可能性もあるけど。

聞く所によると地元では閉口令が敷かれてるらしく、「富岡製糸場の取材なら受けるけど、小渕さん絡みの話はしない」と言う住民もいるとか。ヘタな事話して村八分になりたくないという事なんでしょうが、こういう地方の小皇帝が牛耳ってる町って、みんなこうなんですかにぃ。

ヤフコメでも「通常、自分の独断でやりました~みたいな感じの責任の取り方をしますけどね。ただ、小渕さんは末端のことまでは本当に知らなかったのか、はたまた『これくらいは誰でもやってるから大丈夫』と地元のおっさんたちに言われてたのか・・・真実はいずこへ」「遺体で発見されたなんて記事が出ないことを祈る」「残念だが、消されるのか?」といった予想通りのコメが並びました。そんな中キタコメはコレ。

「殿や姫君のために詰め腹を切るなんて古いことはやらないでください」

殿はともかく、姫って顔ですかね?あのムーンフェイスが。

ところでウチの芸能事情通が最近「赤坂行ってもさー、最近見ないんだよねー、小渕のダンナ(瀬戸口克陽TBS編成局編成部部次長)」という事を言ってましたが、何があったんでしょうか?単にアンタより偉くなって、会う機会が減っただけぢゃねーの?という気もしますが、真相は如何に。まぁこの人もいろいろ言われてますからねぇ、『こち亀』とか・・・

2014年10月20日 (月)

オブチッチとうちわ辞める

予定通りオブチッチと松島うちわが辞めました。ウチの政界消息筋は忙しそうなので、なかなか返事をくれませんが、そんな中ようやく「まだまだ終わらないよ」というが来ました。どうやら7年前に一度安倍ちゃんが投げ出した時と、状況が似て来てるようです。二階堂ドットコムも似たような事書いてたし。

そんな中J-CASTニュースでわ、うちわのうちわがヤフコメで人気という記事を載せてました。正直もらってもうれしくないんですが、こういう事でもないと注目されないんですよねぇ。やくみつる辺りはネタの為に欲しがるんだろうけど(と思ったら、もう週刊ポストでネタにしてた)。ちなみに毎日新聞に載ってたオブチッチワインわ、未だ出品されてません。飲んでもマズいだろうけど。

ヤフコメでは「他にもっと適任者がいただろうに」「他にも色々問題あったり隠してたりする議員は、この2人以外にもいると思うけど。いっそ一斉捜査とかして、全部明るみにしてほしい」といったコメが来てます。そんな中キタコメはコレ。

「大臣って何でその道の専門家がならないのかね?会社で言えば何の知識もない新人がいきなり取締役になるような物。その辺が昔からうまくいかない原因で、おかしいと思うのだが」

昔は「末は博士か大臣か」とか言われてましたが、ここまでワケありな人を安売りすると、まともな人はなりたくないと思うんでしょうね。実際、法務省の官僚なんて「うちわより検事総長の方が怖い」とか言ってるって、政界消息筋も言ってたし、後任の大臣も期待出来ないし。

2014年10月19日 (日)

官兵衛海を渡る

筆者も毎週楽しみにしてる『軍師官兵衛』も、いよいよラストスパートに向かってエンジンがかかりましたが、7月13日のブログで懸念した朝鮮出兵(文禄の役)が、ついに実現しました。と言ってもちょっち不満が残ります(以下ネタバレ多数)。

まず朝鮮の武将や兵が全く登場してません。民衆も2人しか出てないし、果たして日の本軍は誰と闘ってるのか?という疑念が沸いてきます。当然、母里太兵衛とか加藤清正が槍一振りで1000人位ぶっ殺すスーパーソルジャー振りも、これでは宝の持ち腐れといった所です。しかも太兵衛、船酔いしてるし。この分だと黒田節舞うか分からんし。

他にも何かと言えば「官兵衛の言う通り」で済ませる小早川隆景とか(敵将に刀か槍突き付けて「殺してあげる」とか言うシーンもなしって、それは『龍が如く0』で中の人がやってる話ですね)、中二病のロックスターな小西行長とか(この人たしか出兵には最初から反対してたはず、何でこんなキャラになったの?)対馬を治めていた宗義智や、本当は大河の主役になるはずだったグイシーマンズ(鬼島津)こと島津義弘に至っては、存在そのものが抹消される始末(義弘は九州攻めで出てたが)・・・これはやはり韓流ドラマの輸入先を怒らせたらマズいという、政治的配慮かしら?せめて慶長の役(第2次朝鮮出兵)では李舜臣(イ・スンシン)を出して欲しいですね。もちろん亀甲船も。

逆に良かったのは、ますますダークサイド化が加速する秀吉(本作では竹中直人がしばらく封印してた「笑いながら怒る人」を何度も観られるのがいい)に、ある意味ピュアな石田三成(『独眼竜政宗』の奥田暎治を超えたか?)、小悪党ぶりが際立つ増田長盛(こういう腰ぎんちゃくキャラは、今時貴重)、まるで昭和のラブホな茶々の部屋(二階堂ふみはスクリーンだと思いっきりがいいのに、テレビだと小じんまりとするのがちょっと)といった所でしょうか?

来週はいよいよ官兵衛が頭剃って(岡田准一はホントに剃った)黒田如水になるわけですが、あのOPでも出て来たお椀みたいな兜は、いったいいつ被るんでしょうか?清正の虎狩りは期待できそうにないけど。

2014年10月18日 (土)

オブチッチ辞任へ

既に多くのメディアで報じられてる通り、オブチッチこと小渕優子経産相の辞任が避けられなくなりました。そりゃ辞任しますわな、政治資金でガキのオムツだのオモチャだの天童よしみショーの切符だの買ってたんぢゃ。大体未だに田舎の人を芝居で接待なんて発想が、全時代的なんですよ。まぁパパの頃からの習慣だったのかも知れんが。

思えば8月1日のブログで「最大の人寄せパンダ」「幹事長のタマぢゃない」と書きましたが、図らずもそれが実証された事になります。J-CASTニュースによると、他の女性閣僚も似たり寄ったりだし、やっぱ初めに論功行賞ありで決めたからこうなるわけで、閣僚がこれならなりそこなった片山さつきだの佐藤ゆかりだの三原じゅん子だの丸川珠代だのは、もっとトンデモな爆弾を抱えてたという事になりますわな。ブチュー写真で内定取り消された橋本聖子はもっとアホだけど。

ヤフコメでも「それよりしっかり説明する必要があると思う。やめればいいというものではないと思う」という意見が大多数を占め、擁護論はないに等しいです。そんな中でキタコメはコレ。

「結局、金の問題情報がでたのは、週刊誌からでしょ。新聞は何をしていたのか?いらないじゃない、権力に媚びるだけのマスコミは」

そーなんです。しかも今回は保守的な新潮がスッパ抜いたから、保守派の皆さんも頭抱えてるでしょうね、二階堂ドットコムみたいに。

思えば先代はビートたけしに「海の家のラーメン屋」(マズいと思ったら、意外とうまかった)と評されましたが、当代は「家系ラーメン屋」(うまいと思ったら、予想に反してマズかった)と言う所でしょうか?リニューアルしなくていいから、このまま廃業して下さい。聞けばダンナもいろいろ古傷を暴かれそうだとか言われてるし・・・

2014年10月15日 (水)

何で日本ではやんないの?

まんたんウェブによると、TVSPや深夜枠以外では30年振りに、『ルパンⅢ世』の新作レギュラーシリーズが製作されるとの事です。イタリアを舞台に若き日のルパン達の活躍を描く「エピソード0」的な話になるとの事で、放送は来年2015年との事ですが、イタリアで放送されるのはさておき、問題はきじにもある通り日本での放送が未定との事。

これにはヤフコメでも「30年ぶりの復活に、今後どの様な作品になるのか注目したい」「凄い楽しみだけど、なんで日本で放送しないの?」「期待はしたいけど、イメージを壊さないでほしいという思いの方が強いかな。それにしても凄いですね。30年ぶりに新作とは」「ここ最近のキレキレの峰不二子や次元的ストーリーなら良いけど、TVスペシャルみたいなやつなら嫌だな」と言った期待と不安が混じったコメが並びました。今回キタコメはありませんが、何で日本で放送しないんですかにぃ、やっぱ日テレとトムスが絡んでないからかな?当然中の人は向こうの声優がやるんだろうけど。

以前聞いた話だと、欧米のアニメは飲酒・喫煙・ドラッグ・セックスに関する規制が日本以上に厳しいので、次元の喫煙シーンはNGなんだとか。で、代わりにロリポップか何かを舐めてるらしいという噂ですが、果たしてどこまで信じていいんでしょうか?少なくとも日本のファンが見たら、あの悪名高き実写版以上に「こんなのルパンぢゃ次元ぢゃねーよ」感があるのかも知れません。でも一度は観たい。

2014年10月14日 (火)

だからデーブは嫌われる

10月8日のブログで楽天・デーブ大久保監督は白紙になったと書きましたが、今日になって新たな動きが出ました。驚く勿れ、ニャンと白紙に戻ったはずのデーブ監督が正式に決まってしまったのです。J-CASTニュースではネット上で反対の声が上がった旨を伝えていましたが、その声は無視された事になります。

これにはヤフコメでも「コーチやってるだけでも『なんで?』と思ってたのに監督だってさ」「やっと仙台に根付いた球団になってきたのに、さてどうなることやら。人気がなくて、観客が減って、チームが弱い・・・」「反対署名がいっぱい集まってるって言うのに、もっとファンを大事にしないといけないんじゃないの?」「人格に問題ある人を監督にするなんて、選手の不協和音やファン離れ、それに楽天本社への影響も大きくなる」「決まってしまいましたか。残念です。オールスター前には別の人が監督になっているのではないでしょうか」「これだけ反対されても監督にしちゃうのか楽天は。ファンなんてどうでもいいんだろうな」(筆者注、まぁそれは巨人も一緒だが)と非難轟々。

また、星野前監督や佐藤投手コーチの退団も決まった事には「星野監督も佐藤コーチも去って残ったのはデーブだけ。今まで積み上げてきたものが全てゼロになる。最悪」「もう三木谷が監督やれば」「ここまで煮え切らない球団も珍しい!ダメ虎時代の阪神でもここまではなかったように思う!!そら星野さんだって見切りをつけるわ!!!」とやっぱり非難轟々。よくぞここまで嫌われたと言わんがばかりです。

なぜデーブはここまで嫌われるのか?知り合いのライターに聞いた所、「世渡り上手で邪心まみれのジジ殺しだから」との事でした。実際、丁度今から20年前、現役時代の92年(平成4年)のシーズン途中で西武から巨人にトレードされた時、当時の藤田監督(故人)に「オヤジと呼ばせて下さい」と迫ったと思いきや、その年のオフに長嶋監督が復帰すると一転「ミスターについて行きます」と発言して顰蹙を買ったのは有名な話です。一見、天真爛漫を装いながら、その実素顔は計算高い。考える野球バカと言っても過言ではありません。ただの野球バカであるだけ、清原の方がマシかも(って、そんな事はないな)。でもって今回キタコメはコレ。

「大久保さん頑張ってください。どんなトラブルを起こすか、今から楽しみです」

ここまで来たら嫌われイメージを逆手に取って、リーグ一の無法集団を目指すのがお似合いかもしれません。危険球や殺人スライディング、審判買収は当たり前。乱闘の際は全員がバット持って、相手チームを取り囲み。外国人選手へのヘイトスピーチでネトウヨの心に訴えれば、妙な人気が出るかも知れません。実際、デーブの古巣も昔(太平洋クラブライオンズ時代)はそうだったし。やったら間違いなく身売り必至だけど。

2014年10月13日 (月)

2週連続の台風

これを書いてる時点では関東の雨風は、一時的に強くなったり弱くなったりしてましたが、23時過ぎてから雨音が少しずつ強くなりつつあります。ピークは日付が変わってから明け方に掛けてと言われてますが、実際はどうなのかわかりません。

秋だというのに週1ペースで台風が来るのには、正直うんざりしてますが、おそらく今年はこれで最後だと思うので、何とか耐えしのぎたいものです。

後は明日電車が動くかどうかですな。大阪では16時頃にJRが全線運休した位ですから、こっちでもその可能性がないとは言い切れません(今の所は平常運転のようだが)。何度も言ってる事ですが、明日は早め早めに動く事が大事です。そして夜間の外出は控えた方が賢明です。

2014年10月11日 (土)

PL野球部廃部か?

J-CASTニュースによると、あのPL学園野球部が来年2015年(平成27年)度の新入部員を募集しない事が、明らかになったとの事です。下級生へのかわいがりが発覚して監督が辞任して以降、野球経験皆無な校長が暫定監督を務めるという異常事態が続いてますが、ついにここまで来たかという感じです。

こういう事態が生じると、すぐ「あれはレアケースだから」という意見が出て来ますが、同じような事は全国ほとんどの野球名門校てゆうかスポーツ名門校で起こりうる話だと思います。朝から晩まで勉強そっちのけで、教育の名の元に軍隊まがい(てゆうか軍隊そのもの)のスパルタ方式で技術を叩きこみ、ヘタすりゃ全寮制で盆暮れ正月もへったくれもなく、練習練習また練習ですから、そりゃかわいがりとか起きますわな。実際どこの学校とわ言いませんが、練習でかわいがり過ぎた新入生が翌朝(以下非常にヤバい話が続いたので削除)

関西の知人に聞いた話だと、PLでもプロ・アマ問わず複数のOBに話持ちかけてるそうですが、いい返事は得られてないそうです。確かにこんな状況ぢゃ、誰も監督なんか引き受けませんな。ヘタすりゃ自身の経歴にキズが付きそうだし。尤も最大のネックがPL教の信者以外はお断りってとこなんですけどにぃ。

ヤフコメでも「ま、ある意味当然な気がする。昔のPL野球部の話しを聞くと実に恐ろしい。体罰も日常茶飯事だったみたいだし。体罰でけがをしても、すぐ隣のPL病院に入れて、外部に情報が出ないようにしていたとかいう、元OBの話しもあるし」「厳しいだけじゃダメな時代になってるのはわかってるはずなのに。プロ根性をむき出しにするだけじゃ、ダメな時代になってるのはわかってるはずなのに」「普通、廃部と言うと部員数が少なすぎて、試合に出れないような事を想像する。監督が決まらないから廃部なんて初めて聞いた」「宗教信仰が条件なら仕方ないわな。監督候補ならOBで居るんだろうが、信仰面でアウトなのかな。どうあれ1人の監督が永遠に出来るわけじゃないから、遅かれ早かれ直面した困難だな」「時代の流れかもね。体罰や根性論が通用する時代は終わりを迎えた」といった冷めたコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「そんな監督が事実上不在状態でもだいぶ強いってのが凄いな! 」

そりゃ全国から生徒集めてますからね、誰が監督やっても勝てるんですよ。でも信仰がネックになってるわけでね。

ちなみに先の知人に「清原監督はあり?」と聞いたら、「なし」と即答されました。そりゃ新監督が指揮取る前に逮捕されたら、シャレにならんわ。

2014年10月10日 (金)

9条平和賞逃がす

既にご存知の方も多いと思われますが、今年のノーベル平和賞はイギリス在住のパキスタン人、マララ・ユスフザイさんと、インドの児童人権活動家、カイラシュ・サティアティさんに決まりました。お二人が受賞されるのはその活動実績から考えれば当然の事ですが、これで一転して涙目なのが我が国の憲法第9条(正しくは「憲法9条を保持してきた日本国民」)を推してきたプロ市民の皆さんです。

今の国際情勢とか普通に考えれば、授与した際のメリットデメリットを比較してマララさんらの方がいいのは分かりそうな気がするんですけど(同じくノミネートされていたローマ法王フランシスコが逃がしたのも、同じような理由)多分そうした人達はそこまで気が回らないんでしょうな。あるいは本気でノーベル賞を取ろうなんて、思ってないのかも知れません。右傾化する日本社会への警鐘とすれば、成功なのかも知れませんが、それだったらあのハリセンボンの痩せてる方にクリソツなバカ大臣を叩いた方が分かりやすいんですけどにぃ。

個人的にはホントに授与されたら、誰が授賞式に行くのかしか興味ありませんでした。普通に考えれば安倍ちゃんねんでしょうけど、国内の動揺を抑える意味でバカ嫁のアッキーに行ってもらうという手があったかも知れません。今となっては幻のプランでしょうけど。尤もLITERAによると、安倍ちゃんが行ってた可能性もあったそうですが。

おそらくプロ市民の皆さんは来年も懲りずにノミネートさせるのかも知れませんが、だったら同じくノーベル賞取れそうもないのに周りが騒いでる村上春樹のファン、いわゆるハルキストと組んだらいいかも知れません。どーせ単に知らない人同士で集まって酒飲みたいだけなんだろうし、お互い同志は一人でも多いほうがいいんぢゃないんですかにぃ。

2014年10月 8日 (水)

幻のデーブ監督

昨年劇的な日本一に輝きながら、今年は一気に最下位へ沈んだ楽天・星野監督は任期途中で辞任しましたが、その後任が未だ決まってません。今季途中で代行として指揮を取ったデーブ大久保二軍監督の昇格が既定路線と囁かれ、筆者もそう思ってたのですがどうも風向きが変わったようです。

その理由ははっきりしませんが、あえて言えば人望のなさでしょう。現役時代の実績はさておき、調子に乗ると周りが見えなくなって選手を「かわいがる」性格が災いしたのは言うまでもありません。確かにコーチとしてはそれなりに腕はいいのでしょうけど、その上を目指すには今一つのような気がします。

ヤフコメでも「本当にチームのことを考えたら当然だと思う」「この人を監督にする利点は全くない。チームにいる事事態も」「西武を辞めた時点で、二度とユニフォームに袖を通すことは許されないくらいの事をしてきたはず。
それが、こともあろうに監督だなんて、そら楽天ファンはおろか、多くの野球ファンが反対しますよ」とまぁ、よくぞここまで嫌われた感満載です。なので今回キタコメはありません。

思えば三木谷オーナーの息子に野球教えた縁で拾ってもらっただけに、こうなると太刀打ちするのは厳しいですな。このまま行ったら監督不在のまま秋季練習に突入する事態もあり得ますが、そうなると誰が監督やるんでしょうか?一部では同じく三木谷オーナー繋がりで、元ヤクルト兼任監督の古田なんて声もありますが、彼も人の話聞かないし、さてどうなる事やら。

2014年10月 7日 (火)

何でさっさと取り消さないんだ?

J-CASTニュースによると、あの阿呆方晴子の博士号がようやく取り消しの方向に向かうようです。尤も1年間の執行猶予ってのは意味が分かりませんが。

だって過去200回も実験に成功してるんだったら、そんなに待つ必要なんかないわけですよね。どう考えても1年どころか10年経っても出来るわけねーんだから。ましてや大好きな(自称)ケビン・コスナーもいないんだし(8月5日のブログ参照)

ヤフコメでも「大きなニュースが続いてすっかり忘れてたけど、検証実験はどうなったんでしたっけ?」「200回ぐらいあるて言った時にこの人は・・・・と思ったがヤハリ」「もし取り消されるとすごいことになる。まず博士号持ってたことにより援助を受けてるので、それの返還が来る。さらに理研へも研究者として入れないし、研究できないことになるので、最悪として今までに使った費用等返還来るかも。そうなると数億になるかもね」といったコメが並びました。でもって今回キタコメはコレ。

「あるある詐欺」

も一つ付け加えるなら「ジジ殺し」ってとこですな。でないと執行猶予の意味が分からんし。ホント、なんであんなんを擁護するジジィが多いのか、正直わかりもさん。

2014年10月 5日 (日)

バカボンのパパぢゃなくて、バカなパパ死す

7月29日のブログでもお伝えした佐世保の殺人女子高生、徳勝もなみは予想通り反省してないようですが、それを更に加速させる出来事が起こりました。ニュース速報Japanによると、もなみパパこと弁護士の徳勝仁が自宅で首吊って死んだとの事です。台風18号と御嶽山の噴火がなければ、間違いなく今日のトップニュースだったでしょう。

今の所遺書などは見つかってませんが、動機として考えられるのはやはりカネがなくなったからでしょうな。元々のエキセントリックさに加えて、バカ娘が取り返しのつかない事やらかしたおかげで、顧問契約次々と打ち切られたとか現地情報で聞いてますし、事務所の年内倒産も避けられなくなったとか(あくまで噂なので、真偽のほどは不明)。しかし本当に気の毒なのは被害者とその遺族ですな。金銭的な保証は置いといても、同義的な責任を問う事が出来なくなってしまったのですから、ある意味このバカオヤジは逃げ得のようなものどす。非っ常にやりきれないけど。

そのせいかヤフコメでも「正義は勝つ!」的なコメは見られません。曰く「忘れてはいけないのは、どんな形であろうと1番報われないのは被害者のご家族」「死者に鞭打つ気もないけど、また逃げちゃったんだね…被害者家族は何を思うんだろう」「これで、娘の将来は地獄のような辛いものになるね。父親も評判悪いような記事もあったけど、自殺まで追い込まれるなんて、変な言い方だけど良心というかそんなものがあったんだ。結果逃げた感じだけど。でも娘とは向き合ってほしかった」といったコメが並びました。でもって今回キタコメはコレ。

「自分なりにハラキリをしたのだろうが、やることやってからしたほうがよかったかも。これでは責任放棄したように捉えられかねない」

このまま生き恥晒すよりは、死して花を咲かせるのが日本男児と思ったのかも知れませんが、こんなヤツに日本男児なんて言って欲しくありません。花咲かしてもすぐ枯れたし。

いずれにせよ毒娘の公判にも、影響が出る事は避けられないでしょう。無罪になんかならないだろうけど。

2014年10月 4日 (土)

訴えられたらマジ破産だな

探偵ファイルに掲載されたどっかのバカ女子大生が、勝手にディズニーやポケモンのiPhoneケースを作って売っていた問題、個人で作っても友達にプレゼントするだけだったらよかったんでしょうけど、ネットで販売したんぢゃ弁解の余地はありませんな。

まず無許可って時点で商標法や知的財産基本法違反の可能性がある訳ですが、それ以上に相手が悪すぎました。何せディズニーはブッシュ政権時代にアメリカ著作権法を改正し、一つのキャラクターの著作権を75年⇒95年に変えさせちゃいましたし、㈱ポケモンの親元である任天堂は、ピカチュウのやおい本出したどっかのOLを訴えて勝訴しましたからね。この前例から言えばどんなに土下座しようが、多額の慰謝料を請求されるのは間違いないでしょう。それこそ「定期預金解約して家土地売って、それでもダメなら親の退職金で払え」とか言いそうだし(さすがに「カウカウファイナンスで借りろ」とは言わないだろうけど)

そうなったら当然、大学も中退って事になるから、汗水垂らして働きながら慰謝料稼いで、楽して儲ける方法なんてないって事を学んだ方がいいのかも知れませんな。手遅れだろうけど。

2014年10月 3日 (金)

ストールかマフラーか

J-CASTニュースでも報じられた、松島みどり法相の赤いストールに、赤いマフラーを拒絶されたアントニオ猪木がマジギレしてる話、傍から見てるとホントどーでもいいですな。正直ストールとマフラーの違いがつかない筆者としては、カレーライスとライスカレーの違いと同じ位どーでもいい事です。そのせいか二階堂ドットコムも、ややキレ気味です。

でもってヤフコメでも「メッチャくだらん!けど、猪木の気持ちも理解できる。与党なら何やってもいいという風潮が、確かに今の自公政権には感じられるからね。でも、くだらん!」「くだらないっていう意見が多いし、確かにくだらないが、これはしっかり批判すべきだと思う。法相がルールを無視してはならないし、疑わしい事もすべきではない。普通の議員ではないのだ。法相なのだから」「バカバカしいのもほどがある。税金使ってなに話してるかと思えばそんなことを。規則を無視したほうも、それを怒ったほうも、自分がなぜそこにいらっしゃるのか、よくよく考えてほしい。今年一番の呆れた話題でした。もう がっかり」といったコメが並びました。でもって一番キタコメはコレ。

「本質の話ではないが…センス良い感じはしない」

確かにしません。国技館桟敷の中の林家ペーパーか、高須クリニックの懸賞幕と同じ位違和感あります。おそらくご本人は幼い頃名前にちなんで緑の服ばっかり買ってもらってたんでしょうけど、その反動でこうなったんでしょうな。

ところで赤と言えば共産党ですが、この問題はどう思ってるんでしょーか?多分何とも思ってないんだろうなぁ。

2014年10月 1日 (水)

さらばドカベン香川

既にご存知の方も多いのですが、元南海・元ダイエー(いずれも現、ソフトバンク)のドカベン香川こと香川伸行氏が、心筋梗塞の為亡くなりました。それも自宅で誰にも看取られずに。

球界における元祖デブキャラ、もしくは元祖いじられ系とも言うべき愛されキャラで知られた香川氏でしたが、選手としては短命でした。ガンガン打ちまくってたようなイメージがありましたが、やはり漫画の『ドカベン』と混同されていたという印象は否めません。晩年は減量の話しか話題になりませんでしたが、今となってはそれもこの人らしいと思います。だって減量だけで話題になる選手ってそんなにいないし、おかわり君は動けるから減量とは無縁そうだし。

引退後の波乱万丈な人生はJ-CASTニュースゲンダイネットを見て頂くとして、注目すべきは生前最後のインタビューとなった週プレNEWSでしょう。本来は本誌の発売と同時に解禁されるのですが、ネットではあえて先行公開という異例の対応となりました。9月16日に取材が行なわれて、亡くなったのが26日。おそらく本人も10日後に死ぬなんて思ってもなかったでしょうし、わかっていてもどうにも出来なかったと思います。筆者なら間違いなく仕事辞めて退職金貰って、銀行口座も全部解約してムダ使いに残りの人生を捧げる所ですが、余計なお世話ですね。

デブに人気者が多いのは、動きがユーモラスで愛嬌があるからといった事も然る事ながら、普通の人がやりたくても出来ない事をサラリとやってのけられるというのもあるんぢゃないのでしょうか?あのキャラも南海・ダイエーだったから10年持ったのでしょう。巨人や阪神だったら間違いなく2,3年でクビですから。それだけにタイトルとは無縁でも、どっかの球団でコーチとしてドカベン2世を育てて欲しかったと思いますが、どこからも声が掛らなかったのが残念でなりません。

良かれ悪かれ80年代のパ・リーグを象徴する存在だっただけに、その早すぎる死が惜しまれてなりません。間違いなく記録より記憶に残る選手でした。享年52。謹んでご冥福をお祈り致します。合掌。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »