« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

元服どころか2年持たず

日刊ゲンダイによると元巨人の元木大介が経営してたラーメン屋「元福」が倒産したとの事です(以下引用)

話題集めた元木大介氏のラーメン店 ひっそりと閉店していた
 4月放送の「めちゃ2イケてるッ! 春の3時間超SP!」(フジテレビ系)に出演し、テスト企画で“バカ世界新”の称号を受けた元プロ野球選手の元木大介氏(43)。そんな元木氏がオーナーをつとめ、メディアなどで話題になったのがラーメン店「元福」だ。
 
 2010年9月に仲御徒町、2012年9月には広尾にオープンしたものの、両店舗ともに閉店。2013年6月から足立に本店を構えた。ところが、同年10月に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系)では、ラーメンの専門家たちから「1年以内に90%潰れる」と酷評され、元木氏は「ダメなら閉めます!」と覚悟を語っていた。その後、元木氏のラーメン店はどうなったのか。繁盛しているのか――。
 
 東武スカイツリーライン「五反野駅」から歩いて4分。コンビニやファミレスが並ぶ一角に構えた元木氏の店を訪ねてみると、そこにあるはずの場所にラーメン店の影も形もない。途方に暮れて近隣住民に話を聞いたところ、昨年暮れにひっそりと店をたたんでいたことが分かった。店舗があった場所はもともと、ラーメン店が入れ替わり立ち代わり入るテナントで、元木氏の「元福」は最後のラーメン店として住民に記憶されている。客もそれなりには入っていたようだが、「あの場所で美味しいラーメン屋に当たったことがないねえ」という厳しい声も。
 
 確かに、かつてSNSや掲示板では、<魚介豚骨のスープで美味しいよ><チャーシューも柔らかく煮込んであり、これもまた旨い>と評価される一方、<(味が)全体的にぼやけた印象><なぜか後味が甘い><スタッフさんの元気のない>といった否定的な声も見られたが……。
 
 店の電話番号にかけてみると、「現在使われておりません」の自動音声がむなしく流れるばかり。“有名人プロデュース”の飲食店も悲喜こもごもだ。(引用ここまで)

仲御徒町にあった頃は、あの清原がお忍びで来たとも報じられた店でしたが、そこから数えても5年、今の場所でも2年持たなかったわけで、図らずも『有吉ゼミ』で指摘された通りの結果になってしまいました。そもそも「有名人プロデュース」を売りにして客を呼び込もうなんてのは、バブルの頃のタレントショップのやり方であり、今となっては通じないでしょう。きちんとした運営会社(それもかなりブラックが多いんだけど)と契約して、人気番組やコンビニとコラボしないと、生き残れませんな。不本意だろうけど。

ヤフコメでも「毎日店にも立たないオーナー店主の店なんて今の時代、生き残れないんだと思う」「芸能人、有名人の店は話題になりやすいけど、反面『たいしたことなさそう』というのが定着しているので、メディアで紹介されるのは諸刃の剣のような気がする」「有吉ゼミを見たけど、専門家に『ここを直した方がいい』とか『この味はなかなか受け入れるのが難しい』みたいなことを言われていたのに全然直そうとしてなかった。やっぱり真摯に受け止めるところは受け止めなきゃ」と予想通りのコメが並びました。でもってキタコメはこの2つ。

「開店した当初、元木自身も店頭に立ち
訪れた芸能人も「旨い」を連呼して絶賛してたな。
ほとぼりが冷めた頃、御徒町に行く用事があったから
話のネタに喰ったけど…
正直、不味くはないけど、ラーメンファンにしてみたら
大した目新しさのない、普通のラーメンだった。
元木自身が店頭に立つというウリがなければ
激戦区で生き残れる味じゃないってことでしょうね。
わざわざ電車に乗ってまで喰いにいく気はしなかった」

「元木の肩書はすごいけど、
結局今は何してる人なのかよくわからないね」

前者はともかく後者は・・・まぁ強いて言うなら「清原と釣るんで夜遊びしながら、年上女房のスキ見て浮気して、いつ離婚してもおかしくないのに、カネと世間体の為に仮面夫婦を続けざるを得ない元プロ野球選手」でしょうか。出来れば『有吉反省会』で叩かれて欲しいですな。でもって禊は他の有名人プロデュース店で開店から閉店まで1日中アルバイト(もちろん厨房と店頭で立ちっぱなし)かな?

ところでラーメン好きの元プロ野球選手と言えば、元大洋(現、DeNA)の田代富雄も茅ケ崎で「田代ラーメン」なる店を経営してましたが、こっちも潰れてました。ちなみに田代まさしが経営していたカレー屋「カレーなる一族」とは、なんの関係もないんだとか。

2015年5月25日 (月)

戦いから撤退したガール

4月15日のブログでそのダメ振りを指摘した『戦う!書店ガール』ですが、それから1ヶ月半でもっとダメダメな事態に発展してました。日刊サイゾーによると、6月9日放送の第9話で最終回を迎える事になったそうです。世間ではこれを打ち切りと申します。正直、第2話以降は観てなかったので、もうとっくに打ち切られたと思っていたのですが、意外と長持ちしたんですな。

打ち切りの原因は言うまでもなく、渡辺麻友の演技力のなさと低レベルの脚本が、化学反応を起こして自爆した事にあります。かたや小学校の学芸会レベル、こなた夏休みの読書感想文レベルなんですし、他に思いつきようがありません。尤もAKBの振り付けは、カネかけたお遊戯とか言われており、実際そうなんですが。

まんたんウェブによると、ご本人は脱アイドルや脱優等生を目指してるとの事ですが、それが誰得なのか正直わかりもさん。そもそもこの人に求められてるのは、脱(だつ)アイドルでわなく脱(ぬぐ)アイドルなんですが、それを理解してるとは思えません。AV女優がCD出して握手会やって、ヘタすりゃオッパイ触らせてくれる(むろんタダでわない)御時勢なのに。

ちなみに一部でわ、総選挙で1位返り咲きを目論む指原莉乃と太田プロが、フジテレビや番組スポンサーに圧力をかけて打ち切らせたという、陰謀論も囁かれてますが、それこそ「寝言は寝て言え」と言っておきます。どっちが1位になっても、大した意味ないんだし。

2015年5月24日 (日)

照ノ富士初優勝で大関へ

ひょっとしたら4敗力士8人のトーナメントで優勝決定戦になるのでわ?と思われた夏場所ですが、終わってみれば白鵬2度目の7連覇を、照ノ富士の初優勝(12勝3敗)が阻止して来場所の大関昇進も確実視されています。当初先2場所の成績が計21勝9敗なので、13勝以上しないと無理と言われていたのですが、優勝した事で計33勝12敗ながら大関が内定したわけです。

おそらく来場所の番付では、二桁勝った稀勢の里が東の正大関でしょうから、照ノ富士は西の正大関にランクされるものと思われます。尤も勝ち越すのがやっとの豪栄道や、来場所カド番の琴奨菊が大関の器かと言えばどうかと思いますが、久しぶりに4大関が揃うのだから、少しは他の3大関も危機感持ちましょうね、と言いたいですな。

そして今場所は兄弟子の日馬富士が、久しぶりにほめられてます。まぁ最後に白鵬を倒して弟弟子をアシストするという、グッと来る見せ場を作り、自身も勝ち星で白鵬と並んだ(11勝4敗)のだから、ヤフコメが「あの懐への飛び込みに白鵬は面食らった感じだった。日馬富士も泣いてたように見えた。すさまじい意地を感じた一番でした」「日馬富士は最後に良い仕事したね。照ノ富士おめでとう」「日馬富士は前にも弟弟子の優勝がかかった一番で負けちゃったのもあって、今場所は前回以上に気合が伝わってきた。最高の一番だったと思う」とどっちが優勝したんだという感じになるのも納得出来ます。でもってキタコメはコレ。

「稀勢の里は、あと一歩がやっぱり稀勢の里でした」

この人はメンタル面を強化すれば常に優勝争いに加われると思うのですが、それが出来ればとっくにやってんですよねぇ。日馬富士もやれば出来るんだから、来場所は優勝もしくは白鵬を上回る勝ち星を期待したいんですけど、白鵬がこのまま終わるとも思えないし、来場所が勝負ですな。

え、鶴竜?まだやってたの?


2015年5月23日 (土)

KRM53

と言ってもそういうアイドルユニットがデビューするわけでわありません。既にご存じの方も多いと思われますが、レスポンスによると、来年春開業の京都鉄道博物館の収蔵車両が53輌と、正式に発表されたとの事です。最初は50輌前後と発表され、その後55輌?60輌?と話が膨らみ、一部では新規収蔵車両の予測も行われてきましたが、フタ開けてみればまぁ妥当な数字でした(尤も提携してる英国国立鉄道博物館のデッドストック込みで200輌強には及びませんが)。以下、その顔触れです。

SL 7105(義経)★  C581
   1801       C59164
   1080       C612☆
   233        C621
   9633       C622☆
   8630★     C6226
   B2010★    D50140
   C1164      D511
   C51239     D51200☆
   C5345      D52468
   C551
   C56160☆   計23輌
   C571☆     ☆は動態保存車(車籍あり)
             ★は動態保存車(車籍なし)

EL EF521        DL DD51755
   EF58150          DD5433 計2輌
   EF651
   EF6635       
   EF81103 計5輌 

新幹線 21-1          
     22-1
     16-1(グリーン車)
     35-1(ビュッフェ車)
     122-5003
     521-1        計6輌

EC  クハ86001            DC キハ813 計1輌
    モハ80001
    クハ489-1
    クハネ581-35
    クハ103-1      計5輌

PC  オハ4613             FC ワム7055
    マロネフ591               ヨ5008   計2輌
    スシ28301(元スハシ38102)
    ナシ2024                        合計53輌
    オロネ244                        
    カニ2412
    オハ25551
    スシ241
    スロネフ25501 計9輌

DLやDCの数がめっちゃ少ないのですが、これはまぁ津山に持っていったので、しょうがないところでしょう。また、これまで非公開だった車両(EF58150、EF651等)がお蔵出しされたり、公式保存車が存在しなかった103系や583系が保存されたり、トワイライトエキスプレスの車両(EF81103、スロネフ25501等)が保存されたのは、大きな意味があります。まさか将来の動態復帰も視野に入れてるとか?その一方、宮原のマイテ492や下関のクモハ42001のように、選抜入り確実(ってAKBぢゃねーっての)と言われながら漏れた車両もあります。まぁ1期生(だから違うって!)としてはこんなもんでしょう。ちなみに編集長敬白によると、配置はこんな感じです。果たして初代センターは誰が(って、いい加減にしろ、オレ!)

まぁ今回漏れた車両も、デッドストックとして保管しておけば、必ず道は開けると思います。でもJRってすぐ場所がねぇとかホザいて潰すからねぇ、大宮とか美濃大田とか、他にも・・・
    
    


2015年5月17日 (日)

速報、大阪都構想潰れる!

今日投票が行われた大阪都構想を巡る住民投票ですが、以下のような結果になりました。

賛成 694844
反対 705585

投票率66.83%で僅か10741票差という薄氷の勝利ですが、反対票が上まった事で大阪市は存続する事になりました。まずはよかったと非関西人の筆者は喜んでます。

これによりハシシタはレームダックになり、もう誰もヤツの言う事なんか聞かなくなるでしょう。本人は年内一杯市長に留まるようですが、さっさと辞めろと言いたいですね。多分最後の人事で取り巻きをあちこちに分散させて、影響力を残したいんでしょうけど、ムダな努力に終わるでしょう。

正直投票率が60%台だったら、ヤバいかも知れないと思いましたが、辛うじて反対派が勝つ事が出来ました。まさに奇跡です。で、その理由としてヤフコメでこんなん見つけました。

高齢者の動向が反対という結果に与えた
影響が大きかった点に関して、
「未来は若い世代が作るものだ」
「老人が未来を決定して良いのか?」
と言って、批判する声がある。

その声には一理あるが逆に言えば、
若い世代が高齢者の世代ほど動かなかった
(投票に行ったかどうか、なども)結果ということもできる。
つまり、「動かなかった世代」や「行動しない人間」には、
未来をつくることができない、ということも証明されたのだ。

ま、どんな理由があれ、投票にはきちんと行きましょうという事ですな。ちなみにこの件についてウチの政界消息筋と芸能事情通に送ったので、明日当たり来ると思います。詳しくはその後で。

2015年5月16日 (土)

大阪は都になれないし、なる必要もない

いよいよ明日は大阪市民以外にはどうでもいいと思われてる、大阪都構想を巡る住民投票の日です。大阪市民でない筆者は傍観するしかありませんが、ここでは「反対票を投じろ」と言い続けます。

それでもまだ悩んでる人には、これらの記事を読んで欲しいと思います。まずはリテラでハシシタというモンスターが産まれた経緯を学び、次は二階堂ドットコムで都構想のインチキデタラメ振りを学び、さらにJ-CASTニュースで大阪維新の会がバラまいた(らしい)怪文書を読む。これだけで十分学べます。

何度も言いますけど、大阪都を廃止して大阪市に戻すには、法律を改正するしかないのですが、多分それはないでしょう。官邸はそんな法律の審議に時間費やしたくないから。もし都構想が決まったら、いとも簡単にえげつない圧力を、影に日向に掛け続けるでしょうし、逆に反対されたら官邸と自民党の間の隙間風が強くなって、それはそれで面白いと思います。でもガッキー(谷垣幹事長)には離党して新党結成なんて度胸はないでしょう。安倍ちゃんの次狙ってるから。何せ「加藤の乱」の時「あんたが大将なんだよ」とか煽ってた人ですから。

なのでもう一度言いますが、良識ある大阪市民の皆さんは「何やおもろそう」「ダメなら変えりゃええやん」といった軽い気持ちで、賛成票を投じないで下さい。これは人気投票ぢゃないんですから。

ところでもう一つ二階堂ドットコムから、こんなんもあります。元ネタはもちろんブルーノ・ガンツ先生(by高橋ヨシキ)主演の『ヒットラー最後の12日間』ですが、他にもいろいろあるので、探してみて下さい。ちなみに映画の内容そのものは、実写版『劇画ヒットラー』(作、水木しげる)といった感じです。


2015年5月13日 (水)

ドラえもん(の元・中の人)が重病に

日刊スポーツに掲載された大山のぶ代さんの認知症発症には、正直ショックを感じました。いまだに信じられません(以下引用)

「ドラえもん」大山のぶ代が認知症で闘病
 女優で「ドラえもん」などの声も担当した声優の大山のぶ代(78)が、認知症で闘病中であることが、分かった。
 
 13日、夫で俳優の砂川啓介(78)がTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に出演し、明かした。
 
 砂川さんによると、症状は少し前から出始め、現在は症状が出る時と、出ない時があるという。大山は08年に脳梗塞を患ったが「脳梗塞の後遺症だと思い、気づかなかった」と話した。
 
 現在、大山は自宅で生活しており、大山のマネジャー、砂川、家政婦らが協力し、介護しているという。大山は体は元気だが、直前に言ったことを忘れてしまったり、得意料理ができなかったり、自分で入浴ができない状態という。
 
 所属事務所によると、人前に出る時には、気を張ってしっかりしていて、声の仕事も続ける意志があるという。しかし、最近は本人も病気を自覚しており、時々、弱気な発言もするという。(引用ここまで)

05年に『ドラえもん』の声優を降板して以来、脳梗塞を患った事もあり、目立った動きがなかったのは事実ですが、まさか認知症だったとは予想外でした。年齢を考えれば患ってもおかしくないのですが、筆者の周りの年寄にはそうした人がいないので、よけいに「何かの間違い」と考えてしまいそうですが、事実なんですね。

ヤフコメでも「大山さんはいつまでもドラえもんであって欲しいと思ってしまう。最近は早期発見できたら、トレーニングや食事療法で進行を止められるって事だけど。ドラえもん、何とかならんのかなぁ(´・_・`)」「つい、ドラえもんの声優さん降板してなければ、今もお元気だったんじゃないかなぁって思えてしまう・・」「私にとってのドラえもんはやっぱり大山さん…だからこそ、こういうニュースは凄く辛いし、本当に静かに見守ってあげてほしいと切に思いましたね」「ショック!!ワタシもドラえもんの声、と言ったら大山さんなんですよね。今の声優さんも良い人だとは思うけど、どうしてもしっくりこない。思えばドラえもんを卒業(笑)したきっかけは、大山さんが降板したからなんだよね。あの声以外は聴きたくなくて」といったコメが並びました。今のドラえもんに対する不満もありますが、さすがに「わさび終ー了ー」といったコメはありませんね。でもってキタコメはコレ。

「認知症を本人が自覚している・・・それはそれで辛いな(涙)」

それもいつか自覚出来なくなるかも知れない、それを考えるとこっちもツラくなります。でも、受け入れて残された日々を穏やかに過ごして欲しいと願わずにはいられません。こんな状態でお仕事されても痛々しいですし。尤もご本人が「どんな形でも続けられる限りは、仕事をしたい」と思うのなら、筆者に止める権利はありませんが。


2015年5月12日 (火)

はじめてのメイストーム

3時間位前に帰宅しましたが、その時の雨は横殴りでズボンがビショ濡れになりました。既に台風6号は熱帯低気圧に変わりましたが、5月にこんな激しいのは筆者の記憶では初めてです。今は落ち着いているけど。

来週はもっと激しい台風7号が来ると言われてますが、この時期に台風が連発で来るのは、はっきし言って異常です。今更ながら地球温暖化の影響がだんだん激しくなってるのかな?と思ったりしてしまいます。

ともあれ、まだ夏にもなってないのにこんな調子ぢゃ、本番の夏をどう乗り切るのか今から考えないといけませんな。

2015年5月11日 (月)

ハシシタは多分辞めない

大阪都構想をめぐる住民投票(5月17日)まで一週間を割りましたが、関東でわそれほど話題になってません。まぁ大涌谷の火山ガスのほうが重要ですし、今週は台風もやって来そうだから。

そんな中、J-CASTニュースは都構想否決なら引退するという、橋下市長の発言は信じられるのか?と報じてますが、聞くまでもありません。信じられないからです。所詮ただのウソツキでオオカミ中年なかまってちゃん、ですし、「国政に行く」とか言い出しそうだし。正直こんなんはほっとくのがいいんですけどにぃ。

ヤフコメでも「正直、否決されてどうするか見てみたい」「政治家は辞めても、政治的煽動家は辞めないとか、そういうオチなのではないか」「否決されたら引退するって言えば、賛成票が入ると思って言ってるだけ」と予想通りのコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「別視点で見ると、自分の狂言に騙されない市民に
用はないってことじゃない!?」

そうです。でも用がないのはオメーだよという事を、このバカに思い知らせてやる必要があります。少なくとも大阪市民の皆さんは「何やおもろそう」「ダメなら変えりゃええやん」といった軽い気持ちで、賛成票を投じないで下さいと言いたいです。マジで。交科博も京都行っちゃったし(って、それは関係あらへん)

2015年5月 8日 (金)

お猿のお姫様でなぜ悪いのか?

高崎山自然動物園の赤ちゃんザル「シャーロット」をめぐる命名騒動ですが、J‐CASTニュースによると、予定通り「シャーロット」で決まりだそうです。ま、そうでしょうね。

そもそも「英国王室に対し失礼だ」とか言ってたオバハンだって、20年位前には故 ダイアナ元妃のゴシップを面白がってたんだろうし、それ考えると「誰の何に遠慮してんの?」という気もしてきます。「日本の皇室の名前が猿につけられたらどうするのか」とか余計な気を利かせた人もいますが、東アジアの近現代史や政治史に興味がない限り、大抵の英国人は昭和天皇以外の皇室の名前を知りませんし、筆者の知る限りこの20年で外国の動物園で、皇室にちなんだ名前が付けられたという事もありません。

ヤフコメでも「イギリスからすれば、どうでもいいような問題」「それでいいです。変える必要もないし、そもそもここまで騒ぎを大きくするのがおかしい」「そもそも投票した人は『マッサン』の女優さんをイメージしたのではないか?」といったまっとうなコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

イギリス王室やイギリス国民の「問題ない」「気にしない」と言った
コメントが出た後だとこれほど評価が変わるんですね。

最初は「失礼だ」とか「配慮が無い」などのコメントが
目立っていたはずだが、
今となったら「気にしないだとか」「問題ない」などと言った
コメントが多数。
この変わり身はなんなんだ?と思います。

他人の評価ばかりを心配して
自分の意見が無いのか?って思います。

ま、いつまでたっても水戸黄門が好きな国民性ですからねぇ。権威には弱いんでしょう。

それより何より「シャーロット」が「チャールズ」の女性形だって事は、初めて知りました。てっきり「シャーロック」の女性形だと思ってたので。

2015年5月 2日 (土)

どぶろくどころかドブに落ちろ

「慶喜でーす」
「久光でーす」
「二人合わせて幕府と薩摩って、そのまんまやないかい」

正直書いてて頭痛くなりますが、今の大河もこんなもんでしょう。もはや敗北寸前のジオン軍以上にダメダメな『花燃ゆ』ですが、ついに思考停止状態に陥ったようです。まんたんウェブによると徳川慶喜と島津久光役に驚く勿れ、ニャンとあのどぶろっくの二人が抜擢されたとの事です。ソーラ・レイ級のサプライズを狙ったのかも知れませんが、不発に終わりましたな。おそらく伊藤俊輔(博文)役で劇団ひとりが起用されてるから、その線でと思ったんでしょうけど、元々小説や映画などでマルチな才能を発揮してきたひとりと違って、演技の勉強もしてない一発屋の漫才師に何を期待してるのでしょうか?エネッチケー様は。

案の定ヤフコメでも「花燃ゆ……あまりにつまらなくて見続けられませんでしたが、徳川慶喜と島津久光が芸人なんて、大河として終わってますね」「誰をキャスティングするかについては、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。歴史上重要な人物でも、ドラマではあまり登場しないこともありますが、やっぱり役者さんに演じていただきたかったですね」「大河も成り下がったね。余計観る人減るんじゃない。やっぱりこういう役こそ役者さんに演じて欲しかった」「まだ頑張って見続けていた人に対して、トドメを刺して、どうするねん!!」といったコメが並びました。そんな中でキタコメはコレ。

人気者の芸人が大河ドラマに、驚きですね。
NHKも終わりましたね。
俳優陣に対して失礼だと思いますが。
何年も俳優の勉強をし売れない期間があり
やっと大河番組に出られて喜んでいたのに
途中からお笑い芸人出演。
「どぶろっく」が出て視聴率が上がるかな?
上がったら俳優さん達はどう思うかな?
人の気持ちより「視聴率」?
NHKも凄い挑戦を試みましたね。
阿保違うか?

かつて『太閤記』や『独眼竜政宗』で、当時無名の緒形拳や渡辺謙を抜擢した時は、今風に言えば「エネッチケーヲワタ」とも言われました。しかし、番組が終わる頃にはお二人とも、堂々とした主役の顔になっていました。番組が人を育てたいい例ですが、もうこれからの大河にそういうのを期待するのは酷なのでしょうか?このまま行ったら冗談抜きで、大河史上初の打ち切りもあるかも知れませんな。で、『真田丸』までは過去の大河傑作選で繋ぐと。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »