« スポーツ呆痴がまたやった | トップページ | 銭ゲバの上にホモのマンボウ »

2015年8月25日 (火)

年齢不詳の女城主(ホントです)

『花燃ゆ』のドン底と『真田丸』への期待が止まらない最中、早くも再来年2017年(平成29年)の大河ドラマが、柴崎コウ主演の『おんな城主 直虎』に決まったと、まんたんウェブが報じてますが、正直期待しない方がいいかも知れません。

その最大の理由は、史実の直虎は産まれた年がわかってないので、幼少期のエピソードはほぼ100%片思い(って、ハイスクールララバイぢゃねーんだよ!)でわなく、ほぼ100%創作になるからです。まぁ年は養子ではとこの井伊直政と大して変わらないとしても、この手の有名人にありがちなネタを使えないのは、実在の人物にして物語の主人公としては致命傷でしょう。

更に言えば記事でも触れられてる通り、肖像画や像が存在しないので、ゲームでのイメージも『戦国無双』と『戦国BASARA』では真逆のイメージとなり、同じように肖像画のない前田慶次や時代違うけど長谷川平蔵のように、イメージが固定されてないので、人によって好みが真っ二つに分かれるのは、避けられそうもありません。有名武将との絡みも家康は確定済ですが、それ以外では今川氏真(オヤジの義元はあまり絡まない)位しか思いつかないし、信長や信玄は出て来るでしょうけど、おそらく面識はないだろうし(でもある事にしちゃうんだろうねぇ。『豪』の時みたいに)

ヤフコメでも「いい加減、強引に女性を主人公にするのは限界だと思う」「なんで奇をてらったような題材にするかなあ。戦国時代なら長宗我部元親とか立花宗茂とか、もっと面白い題材はあると思うが」「大河ドラマではなく、1話とか1クールぐらいなら見たいと思うかも。大河ドラマは奇を狙わずに、有名どころの方が良いでしょ」と期待されてない感ありありでした。でもってキタコメはコレ。

「大河ドラマ好きですが大河の歴史が長いので、
さすがに戦国や幕末などを描いた作品が多すぎな印象です。

新しい時代ですとなぜか明治維新までですが、
既に平成、明治維新から100年以上経過してますから
明治、大正、昭和時代のドラマも十分時代物だと思います。

大河ドラマではないが大河枠でやっていた
「坂の上の雲」なんかもすごく良かったですし
もっと近代戦争なども描けば良いと思います。
政治、戦争に関係ない偉人でもいいと思います。

現代日本にとって一番重要な時代のこと、
若い世代はもちろん大人でも知らないことを多いと思いますし、
史実に忠実に描いてさえくれればとても有意義だと思います。

本当は今年戦後70年ですので、改めて総括する意味でも
昭和10~20年ぐらいの時代をドラマ化しても良かった気がしますが、
2018年以降でも良いので昭和20年頃までを描いた作品を
放送して欲しいです」

全くその通りです。もう戦国と幕末はネタ切れしてるし、かといって古代・中世も今一つだし、でも今近代やっちゃうと、また安倍ちゃんがモミモミに圧力かけたとか言われるんだろうなぁ。

« スポーツ呆痴がまたやった | トップページ | 銭ゲバの上にホモのマンボウ »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年齢不詳の女城主(ホントです):

« スポーツ呆痴がまたやった | トップページ | 銭ゲバの上にホモのマンボウ »