« 誰が安倍ちゃんを出したのか | トップページ | 背伸びしたってバカはバカ »

2015年9月10日 (木)

彗星の如き上様降臨

テレ朝の「おはよう!時代劇」でやってる『暴れん坊将軍』は、結末が分かっている安心感故に、筆者も早起きした時にはたまに観ます。終盤で上様が「成敗!」しちゃう時のBGMは、何だかんだ言ってもアドレナリンを全開にする時のBGMとしては最適ですし(他にも『地獄の黙示録』のキルゴア中佐が出て来るシーンもお奨め)、朝から暗い気持ちになるよりは、明るくいったほうがいいに決まってますから。

そんな朝の上様でついに、伝説の回と言われる「江戸壊滅の危機!彗星激突の恐怖」(1999年=平成11年放送)の再放送が決まったと、J‐CASTニュースが報じています。放送は9月14日のAM4時~4時55分なので、筆者は必ず録画します。時代劇に現代の流行や世相を反映させるのは『必殺』シリーズの得意技ですが、SFとノストラダムスの要素を取り入れたのは、おそらく『必殺』でもやってません。まして王道時代劇の『暴れん坊将軍』なら尚更でしょう。

時代劇の衰退が叫ばれてる中、エネッチケーは大河でも奇をてらった『おんな城主 直虎』をやろうとして失笑を買ってますが(8月25日のブログ参照)、どうせやるならこれ位のネタをぶつけて欲しいものですな。史実通りにやってもほとんどの視聴者は置いてけ堀なんだし。そう考えると今回の再放送は、今後の時代劇の行く末をも左右するのかも知れません(って、んな大げさな)

ま、筆者としては上様がロケットで宇宙へ飛び出して火星人を「成敗!」する、『スペース暴れん坊将軍』を観たいんですけどね。もちろんピンチになった時はマツケンサンバで敵を倒すって、キャプテンEOかよ。

« 誰が安倍ちゃんを出したのか | トップページ | 背伸びしたってバカはバカ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彗星の如き上様降臨:

« 誰が安倍ちゃんを出したのか | トップページ | 背伸びしたってバカはバカ »