« コメントのしようがない話 | トップページ | 中華な食人族アイスの味 »

2015年9月 3日 (木)

中華な食人族アイス

中国の抗日戦争勝利70周年記念式典は予想通り、中国・韓国・北朝鮮以外のアジアと、ロシア以外の欧米の批判を無視する形で挙行されましたが、そんな中で悪趣味な便乗商法が明らかになりました。

お騒がせ!東アジアニュースによると、3Dで作った(とされる)東条英機の顔をかたどったアイスが販売されてるとの事ですが、棒に刺さった頭の形をしたアイスっていうそのセンスが、どう見ても食人族のコレクションと変わりありません。しかも値段が30元(約560円)って、どう考えてもボッタくりですな、こりゃ。もう一つの鬼子来了(35元≒約700円)はモアイ像というよりは奇面フラッシュみたいだし、原子弾(65元≒約1300円)に至っては論外ですな。こんなん中国人でも食いませんよ。

ヤフコメでも「発想が…変」「もう人としてどうかと思う」「いくら記念アイスでも、コレに560円の価値は無いと思う。560円あったら、中国ならもっと美味しいものが食べれそうな気がする」「幼稚すぎて反論する気にもならんわ」「アイス一本560円なんて、凄いぼったくりですね」と予想通りのコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「これは蒋介石じゃないのか?」

記事本文からの引用ですが、歴史は遠くなりにけりですな。ところで肝心の味はどうなんでしょう?まぁ決してうまくはないでしょうね。もちろん筆者は食べません。それ以前に日本では絶対に売らないだろうけど。

« コメントのしようがない話 | トップページ | 中華な食人族アイスの味 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華な食人族アイス:

« コメントのしようがない話 | トップページ | 中華な食人族アイスの味 »