« 本当に死に体の虎 | トップページ | え、鶴竜やっと優勝したの? »

2015年9月24日 (木)

真田丸へいらっしゃ~い

7月11日のブログで『真田丸』のメインキャストを報じましたが、追加キャストが発表されたとまんたんウェブが報じてます。その次の大河は今と同じ位期待出来ないので、イヤでもこっちの方に期待が寄せられてます。前回の予測ではけっこう当てましたが、今回はどこまで当たったのでしょうか?というわけで追加キャストはこちら。

・豊臣秀吉…小日向文世
・北政所(ねね)…鈴木京香
・千利休…桂文枝
・茶々(淀殿)…竹内結子
・石田三成…山本耕史
・大谷吉継…片岡愛之助
・片桐且元…小林隆
・豊臣秀次…新納慎也
・豊臣秀頼… 中川大志

サル関白とサル嫁1号2号は当たりましたが、ラブリン様は三成ぢゃなくて吉継というのが意外でした。史実の大谷吉継はハンセン病の為、顔の下半分を布で覆ってましたが、果たして今回はそこまで再現するんでしょうか?で、その吉継と友達以上ホモ未満の関係になる三成に、ホマキのダンナというのは予想外でした。友情は芽生えないかも知れないけど。

でももっと意外だったのは利休役の桂文枝でしょう。ご自身大河の出演は初めてとの事ですが、調べてみると桂三枝時代も含めて確かに初めてでした。どういういきさつでブッキングされたのかは知りませんが、噺家としては200以上のネタを持つ創作落語の大家だけに、茶席で一席ぶつような展開がありそうでちょっと期待してしまいます。他の3人は知らんのでパス。

逆に前回予測した井之頭五郎の中の人(松重豊)と、団長ぢゃない大門さんの隣にいた人(内田有紀)は、みごとにハズしました。まぁ松重さんは五たび五郎さんやりますし、内田さんは『偽装の夫婦』とかいうシャレにならんドラマやるので、共にこっちには出られなかったのでしょう。ちなみに松重さんは筆者が個人的に、『龍が如く6(仮)』に出てきたらいいなぁと思ってるのですが、それについてはまた今度。

なお所要の為、勝手ながら9月25~27日の更新は、休ませて頂きます。ご了承下さい。

« 本当に死に体の虎 | トップページ | え、鶴竜やっと優勝したの? »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸へいらっしゃ~い:

« 本当に死に体の虎 | トップページ | え、鶴竜やっと優勝したの? »