« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

映画秘宝 16年3月号(ベスト10とトホホ10)

「おまちかね!超豪華140名強の映画野獣が爆走!史上最大規模の映画ランキング大発表!」(表紙より)。映画秘宝2015年ベスト&トホホ10が発表されました。まずはベスト10から。

1位、マッドマックス 怒りのデス・ロード

2位、キングスマン

3位、セッション

4位、グリーン・インフェルノ

5位、ジュラシック・ワールド

6位、野火

7位、ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

8位、ナイトクローラー

9位、007 スペクター

10位、ジョン・ウィック

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の一人勝ち(861点!)が目立ち過ぎです(『キングスマン』との差が565点!)もうほとんど無双と言っても過言ではなく、他の作品が霞んでしまいました。そんな中で『セッション』の3位はお見事でした。ベストガールとベストガイはこれまた『~怒りのデス・ロード』から、シャーリーズ・セロンとトム・ハーディ。そしてベストシーンは『~怒りのデス・ロード』のほぼ全シーンと、3部門全てを同一作品が制覇という、史上初の快挙を成し遂げました。でもって次はトホホ10。

1位、進撃の巨人

2位、ターミネーター:新起動/ジェニシス

3位、ギャラクシー街道

4位、進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド

5位、アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

6位、ファンタスティック・フォー

7位、チャッピー

8位、セッション

   トゥモローランド

10位、ジュラシック・ワールド

『進撃の巨人』二部作と『ギャラクシー街道』『~エイジ・オブ・ウルトロン』のトホホ上位は予想通りでしたが、『ファンタスティック・フォー』の6位は意外でした。まぁアメリカでも「底抜け超大作」のレッテルを貼られてましたから、買い控えならぬ観控えする人が多かったのかも。それより『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の低評価はもっと意外。これでダメならいったいシュワに何を求めるというの?(向こうでもコケたけど)

明日はベスト&トホホ10以外の記事をご紹介します。ちなみに毎年恒例の死んでほしい奴、今年もたくさんありすぎて書ききれません。でも石原慎太郎の名が消えましたね。まぁ半ボケで相手にされてないだけかも知れないけど。

2016年1月28日 (木)

甘利と言えばあんまりな

あまりんこと甘利経済再生兼TPP担当大臣が辞任しました。その辺の経緯はJ-CASTニュースリテラを見てもらうとして、本人から秘書までタカッてたんだから、こりゃ大臣どころか議員辞職しなきゃいかんレベルですな。

自民党のエライさんは本人が認めても「罠だ」「陰謀だ」と叫ぶのでしょうか?何より後任が中二病の石原伸晃って、そっちの方がよっぽど問題だと思いますけどね。TPPだって何も知らないんだし、結局官僚の作文丸読みするだけでしょうけど。あとパンツ高木もさっさと辞めさせましょう。でないとまた安倍ちゃんがKO病院えダッシュしちゃうかも。

後は二階堂ドットコムにもある通り、タカリ秘書を早く見つけましょう(あまりんは自殺しないと思うが)。日刊ゲンダイDIGITALによると、家族も行方不明だとか。本人だけ失踪ってのはよくあるけど、家族巻き添えってのは聞いた事がないし、早く見つけないとマジでヤバいかも。

2016年1月26日 (火)

それで今ののちゃんは何処に?

15年11月24日のブログでも報じた、西宮のののちゃんこと野々村竜太郎元兵庫県議のやり直し裁判が、ようやく今日神戸地裁で開始されました。法廷にはスキンヘッドで現れ、マスコミは「驚愕」とか報じてますが、たしかコイツもともとヅラだったような気がするんですが。それに少し太ったので、飯島勲かと思っちゃいましたよ。まぁ飯島勲わ「わぁあああああ!」とか絶叫しませんけど。

去年ドタキャンした時には「鎖で縛ってでも連れて来い」と書きましたが、今回神戸地裁は勾引状を発布して身柄を拘束し、拘置所からの出廷と相成りました。ホントは法廷侮辱罪で即刑務所行きのほうがいいんだけど。

予想通りヤフコメでは「議員というか人として最悪」「弁護士からも『説明する気はあるんですか』って言われたみたいですね。もう弁護しきれないんじゃない」「これなら泣いてくれた方が、まだ面白かったのに」「よく…こんな人が議員さんやってましたね~(-_-;)」「あまりに心証が悪すぎ。こんなんじゃ実刑でいいだろう」と予想通りのコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「この人を議員にしたのは地元の有権者ですよ」

何度も言うけど「一人くらいこんなおもろい議員がいてもええんちゃうか」で投票する有権者の認識も、いい加減改めて欲しいものですな。これは関西だけの問題ぢゃありませんぜ。

ちなみに神戸新聞NEXTによると、ののちゃんは3月25日まで拘留されるそうです。さすがにガリ版刷りのプリント渡して「はぁい、これが裁判所からのお知らせですよ。お家に帰ったら、ちゃんとパパやママに見せてね」とはいかなかったんですな。こんなのをしばらくお世話する拘置所職員の皆さん、ホントお疲れ様です。

2016年1月25日 (月)

さらば「しおさいのメモリーズ号」

ねとらぼによると、三陸鉄道の「しおさいのメモリーズ号」が車両老朽化の為、3月一杯で運行を終了するとの事です。元の車両は開業当時からのヤツを改造して走らせてましたから、ついに来るべきものが来たかという感じです。

この車両を一躍全国区の人気者にしたのは、もちろん『あまちゃん』ですが、あれからもう3年も経ったんだなぁと思うと、改めて時の流れの速さを感じます。と言う事は震災から5年という事ですね。

ヤフコメでも「もう3年前なんだね。あまちゃんブームもつい最近の感じがする。がんばれ東北!!」「ドラマだけでなく復興と相まってでの活躍でしたが、寂しくなりますね」「そっか、ある意味復興の象徴だった車両だったのですけどね。ちょっと残念。それにしても能年玲奈は今いずこ?」「脚光を浴びたのは最近だけど、車齢は30年強の大ベテランだものね。お疲れ様でした」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「地方の私鉄は経営はやっぱり厳しいよな。
このあまちゃんに関するイベントも
そのうち人が呼べなくなってしまうだろうし。
地方を栄えさせるって難しいね」

地方私鉄の場合、車両の維持管理にはある意味大手以上にカネが掛かるので、どうしても中古車両に頼らざるを得ないわけですが、それだけに新車にはない愛着が湧くものです。4月以降の処遇は全くの未定ですが、解体はしないで欲しいと思うのは、わがままでしょうか?

2016年1月24日 (日)

琴奨菊が優勝した

ついに琴奨菊が初優勝を果たしました。06年(平成18年)初場所の大関・栃東(現、玉ノ井親方)以来、10年振りの日本出身力士の優勝。佐渡ヶ嶽部屋の力士としては、08年夏場所の大関・琴欧洲(現、鳴戸親方)以来7年8ヶ月振りです。

思えば大関になってからは怪我に泣かされ、5回のカド番を経験し、今場所も2ケタ勝てれば御の字とか言われていただけに、遅咲きの初優勝はさぞかし嬉しいでしょう。でもここからが真の勝負。来場所綱取りを実現する為には今場所が14勝1敗、先場所が8勝6敗1休だった事を考えると、最低でも14勝1敗で優勝かそれに準ずる成績でなくてはいけません。その為にもヒザ直さないとね。

そして優勝した琴奨菊を花道で出迎えた豊ノ島。筆者の知る限りではそういう光景を相撲で見たのは初めてです。おそらく誰に言われるまでもなく、自分の意思で行ったのでしょう。相撲では健闘を讃えあうってのがないだけに、新鮮な感じがしました。彼も今場所は前頭7枚目で13勝2敗ですから、来場所は一気に関脇まで上がって来る可能性大です。この対決も来場所は見逃せませんね。

それにしても結びの白鵬の相撲は何なんでしょう。いくら消化試合とはいえ、来場所に向けてアピールしなくちゃいけないのに、それを分かってるんでしょうか?こういう事すると、また来場所も逆白鵬コールが出かねませんな。

あと琴奨菊のアレ、菊バウアーって言うんですね。全く知りませんでした。来場所から使わせてもらいます。でもその前に明日の1面こそ琴奨菊でお願いします。これで明日もSMAPだったら、ワシャ泣きますわな。めざせセンテンススプリング。

2016年1月22日 (金)

吹田の博物館なんて聞いた事ない

産経WESTによると、08年(平成20年)に廃車となった0系新幹線の先頭車が、非公開のまま7年以上も吹田操車場の跡地で放置され、今後の利用に関する見通しも立ってないとの事です。写真見る限りだと、そんなに状態は悪くなさそうですけど、多分整備はしてませんな。

記事には当時の吹田市長が「吹田操車場の跡地に鉄道博物館を建てる」とかヌかしたとありますが、そんな話初めて聞きました。てゆうかその時点で梅小路と交科博(もちろんどちらも京都鉄博の前身)があるんだから、目ぼしい車両は押さえられてんだし、吹田市の年間予算なんてたかが知れてんだから、出来もしない事をブチまけて逃げちゃったって事ですな。ちなみに手元のデータによると問題の車両は、22-7007のようです。番号からしてそれほど古い車両ぢゃござんせん。

ヤフコメでは「いっそ公開入札でほしい所に売った方が、この0系にとっても幸せかもしれないな。しかし、なんでこれが責任問題に発展しないのかが疑問だわ」「欲しい人にはこの上ない宝なのに、無知な人にはただのガラクタなんだね」「京都鉄道博物館にはもうスペース無いのかな。(筆者注、残念だけどないです)潰すのだけは絶対やめて欲しい」「お役所仕事ですね」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「大阪府吹田市か。
『ただなら、もらっとこか』ぐらいの計画性だったのかな」

実際は輸送費で約2700万円掛かってるから、全くタダぢゃないんですけどね。ちなみに言っときますけど、機械遺産に指定されてる0系は、京都鉄博で公開される4両だけで、他で保存されてる0系は含まれてないので、その点は誤解なきよう。

そして大阪市にはもっと貴重なお宝があるんですけど、ハシシタとその取り巻きのせいで・・・

2016年1月21日 (木)

琴奨菊がまた勝った

タイトルの通り、琴奨菊がまた勝ちました。先場所優勝の日馬富士を相手に全く動じず、最後は突き落としで土俵に叩きつけました。その堂々とした立ち振る舞いに、やはり迷いはありませんでした。これには日馬富士ファンの筆者も納得せざるを得ません。これで3横綱を倒した琴奨菊を、1敗の白鵬と2敗の日馬富士と豊ノ島が追う展開になりました。ちなみに明日の相手は豊ノ島です。

ヤフコメでは今日も「あと3番がんばってー!」「ホント頑張って欲しい。重圧が尋常じゃないと思うが、跳ね返して欲しい」「優勝が見えてきたね」「ショッカーに改造されたのか?って思うくらい強いわ」「期待してもいいんだ!優勝頼むで!」といった応援コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「琴奨菊、勢いがすごいなぁ!
しかし白鵬戦で豪栄道コールしてる人なんなの?
純粋な応援には全く聞こえないんだけど。
白鵬に品格が…とか言うけど
あんな一部の観客の方がよっぽど品がないよ」

確かに、ああゆう事やるから白鵬が意固地になってやらかすって事を、どれだけの人が理解してるんですかねぇ?今日も座布団が舞ってたし、何か琴奨菊にかこつけて日頃の鬱憤を晴らしてるように見えるのは、筆者だけでしょうか?あと向正面で「白鵬」とか「琴奨菊」とか印刷された紙を掲げるのも、どうかと思いまっせ(あれって相撲協会が配ってんの?それとも自腹?)それから来るなとは言わないけど林家ペー・パー子は(以下略)

で、明日の1面こそ琴奨菊で行きましょうね。無理なら「センテンス スプリング」でもいいけど。

2016年1月20日 (水)

琴奨菊が勝った

タイトルの通り、琴奨菊が白鵬に勝ちました。張られても動じず、左四つから得意のがぶり寄りに持って行き、自身初の11連勝で単独トップに立ちました(1敗は白鵬と日馬富士)

これで06年(平成18年)初場所の大関・栃東(現、玉ノ井親方)以来、10年振りの日本出身力士(12年=平成22年夏場所優勝の旭天鵬は帰化日本人)の優勝に期待がかかりますが、いつも肝心な所で星を落としていた琴奨菊とは気迫が違いましたので、明日の日馬富士戦もやってくれそうです。個人的には日馬富士は好きな力士なので、正直どちらも勝って欲しいのですが、そうムシのいい話はありませんね(^-^;

ヤフコメでは「本当に気迫が凄い。優勝が見たい!!!」「ガブって、ガブって、ガブって、ガブって、勝つまでガブって」「あと4番も勝って優勝してくれ!」「白鵬の力はこんなもんだが、今の日馬に勝つのはもっと難しい。明日が本当の大一番」「まだまだ道のりは険しいので、最後までがんばって下さい」といった応援コメが並びました。今回もキタコメはありません。

それにしてもこんな好取組が、何で千秋楽ぢゃなくて今日だったのか?せめて13日目まで待てなかったのでしょうか?あと白鵬が負けてうれしいのは分かるけど、大関が横綱に勝った位で座布団を投げるのも、どうかと思いますよ。そして明日のスポーツ紙の1面こそ、琴奨菊でお願いします。いい加減SMAPの茶番内輪もめなんか飽きたでしょ。

2016年1月19日 (火)

メリーさんの羊たちの沈黙

昨日行われたSMAPの生謝罪会見は、放送史上に残る汚点として記録されるでしょう。彼らだけで事を計画したのならともかく、当事者である飯島ミッチーとアカサカメリーは雲隠れ。ファンにとって最大の関心事である「契約期間終了後の秋以降も、SMAPは現行のメンバーで存続出来るのか?」については、最後まで聞かれませんでした。言えるわけないけど。

この件に関してはあまりに疑問点が多すぎるので、とりあえずJ-CASTニュースDailyNewsOnlineリテラ弁護士ドットコムのリンクを貼っておきます。あす以降も新事実が明るみに出るかもしれないけど、とりあえず今手っ取り早くて信頼出来る所を優先して。

ヤフコメでも「ジャニーズ事務所は今年のブラック企業大賞候補だな」「ジャニーズは北朝鮮みたい。脱北しようとしたけど、失敗した的な。そんな会見だった。しかも制裁があるんでしょ。アイドルって、夢を売る商売ではなかったのか」「SMAPファンでもないのにモヤモヤと悲しさしか残らない中継だった。ジャニーズ最低!」「ブラックというか帝政ですな。いや、もう恐怖政治か奴隷制か」「国民は謝罪を望んでない。普通に何事もなかったようにやって欲しかった」とまぁ予想通りのコメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

それにしてもここ数日の「SMAPファンに在らずんば、人に在らず」的な流れには、もっと違和感を覚えました。これには今日発売の「週刊アサヒ芸能」16.1.28号で、井筒和幸監督が連載エッセイで述べているのを、以下引用します。

「SMAPの事務所脱退騒動が『クーデター』扱いとは、幼児社会もここに極まれり。おそらく『やっぱり仲直りします』というガキンチョのオチになるのとちゃうか?」(引用ここまで)

ほぼそうなっちゃいましたね。なので、たまには初めて初日から10連勝した琴奨菊の事も、思い出してあげて下さい。

2016年1月18日 (月)

雨は夜更け過ぎに(って、クリスマスはまだ先だが)

今日は都心でも6㎝の積雪がありました。前回の大雪(14年2月8日のブログ参照)は17cmでしたので、それよりはマシなはずですが、それでも昼頃まで首都圏の交通は混乱しました。とりわけ今回は各鉄道で間引き運転が行なわれた為、各駅での入場規制も相まって混乱が広がったような気がします。

そんな中J-CASTニュースによると、京王線の間引き運転が通常の3割程度の運転だったという事で、かなり乗客の皆さんがつらい思いをされたとの事です。テレビで観ましたが、あそこまでホームはおろか踏切にまであふれた長蛇の列は、正直見た事がありません。若葉台の車両基地の近くで大木が倒れたとの事ですが、確かにあそこをやられたのでは、予備編成も出せませんな。

ヤフコメでも「京王って駅間が短いし複々線にもなってないから、余裕ないんじゃない?駅じゃない所に停車するノロノロ運転もよくあるみたいだし」「京王含め鉄道会社はこうした事態で精一杯やっていると思う。それより毎回このようなニュースになるけど、通勤客の会社の方でも非常事態の対策って検討しているの?休業とするとか」「年に1・2回の事かもしれないけど、今回の積雪とかや地震などの災害で人がいけなくなった場合の対策は、考えておいた方がいいね」といったコメが並びました。正直判断に迷うので、今回キタコメはありません。

ちなみに二階堂ドットコムでもこの件に触れられてますが、休みたくても休めないんだよねぇ、ほとんどの大人は。ちなみに今年は筆者も仕事でしたが、いつもより早起きして出たので、遅刻はしませんでした。靴と靴下は濡れたけど。

2016年1月15日 (金)

痩せてプロ意識がないって・・・

J-CASTニュースが報じてる、峯岸みなみがライザップのCMに出た一件。いろいろ言われてるようですが、その大半が残念な人ぶりを揶揄するものでした。個人的には凄いねと思う一方、コイツは一体どこえ向かってるんだ?笑わせてるつもりなのか?という気もします。あの体型でAKBのコスとか似合わんでしょ(こじはるは別の意味で似合わんが)

普通アイドルはスレンダーなのが売りなので、ぽっちゃりはマズいというのが一般的ですが(実際『アイドルマスター』や『ラブライブ』といったゲームのキャラには、ぽっちゃりやブスカワはいない)、彼女の場合は始めからお笑い要員なので、ぽっちゃりでブスカワなのが免罪符になってたわけです。しかしそれを捨ててしまった事で、自身の商品価値が落ちてしまった事にわ、まだ気付いてないようです。

ヤフコメでも「本当に体脂肪やスタイルの差を見せたいなら、わざと猫背にしたり、顔をだらしない表情にしたり、お腹に空気吸って膨らませて腰を前につき出したりしないでください」「目の錯覚を利用してるけどそんなに変わってないし、何よりafterがスタイル悪い」「ぽっちゃりの方が魅力ある気がするけど」「AKBにプロ意識とかないと思うんですけど(特に島崎)」と予想通りのコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「ライザップってまだ倒産してないの?」

去年のブラック企業大賞にノミネートされてなかったので、おかしいとは思ったんですが、そう言う事だったんですね。ま、筆者は好きなもん食ってデブになっても、自己責任だからほっといてくれという主義なので、ライザップにもゴールドジムにも行きません。そもそもスマホ持ってないから、インストラクターに報告も出来ないし。

2016年1月14日 (木)

分裂か解散か

ここ数日マスゴミを騒がせてるSMAP解散騒動ですが、さほどファンでもない筆者からすれば「こんなのわざわざ夕方や夜のトップニュースでやるネタかぁ?」というのがホンネです。つくづく日本は平和なんですねぇ。世界はいろいろヤバい事になってるけど。

日に日にどころか時に時に新ネタが明らかになる展開には、多少興味を惹かれますが、まぁ筆者もどっかで聞いたような話が多いので、現時点でここに書くほどの新鮮なネタは、残念ながらありません。なのでサイゾーウーマンの一番最初の記事をリンクしておきます。虚構新聞が否定コメントを出したのは予想外だったけど。

後はJタウンネットのジャニーズ事務所訪問記がほんわかしてたので、そっちもリンクしておきます。今は多少ピリピリしてるかも知れないけど、まぁオリキの子たちもCD買っても抗議はしないだろうねぇ。

2016年1月12日 (火)

やっぱり日本変態狂会

J-CASTニュースでも報じられた、現役エネッチケーアナの危険ドラッグ使用に伴う逮捕。それ自体は当然の事ですが同時に噴出してるのが、日刊サイゾーでも取り上げられてるエネッチケー民営化。要は体質を変えろと言う事なんでしょうが、民営化して不祥事がなくなるのかと言えば、多分そんな事はないと思います。

まぁ確かに現体制になってタガが緩んでるのは事実ですが、それだったら外部委員を入れて情報公開を進める事で、チェック体制の強化に繋げるのが現実的だと思います。もちろん不祥事は即クビって事で。

ちなみにこの塚本堅一ってアナウンサー、どことなくあの勝谷誠彦を彷彿とさせる顔つきですが、そう思って見てたら、どうやら図星だったようです。何が図星かは言わぬが花って事ですが、これだからエネッチケーは日本変態狂会って言われるんぢゃないんですかにぃ。

2016年1月11日 (月)

大人になれ、新成人

この季節になると正直ウンザリする。毎年恒例の「荒れる成人式」ネタだ。愛知では受付に焼酎が吹きかけられ、和歌山では殴られた人が意識不明の重体になった。福岡では警官が突き飛ばされ、長崎では乗用車がへこまされた。そして愛知では竹ヤリデッパの族車に老夫婦が轢かれた。この手のネタはなぜか東海と西日本に多いが、もちろん他の場所でも大なり小なり似たような事が起きてるのだろう。

『ブラック・ジャック』の一編に「研修医たち」という話がある。雑務ばかりやらせる病院長に反発した若い研修医たちが、自分たちだけで手術をする事になりブラック・ジャック(以下B・J)の立会いを仰ぐ話だ。彼らの見たては外れておりB・Jは「もう少し院長の元で苦労しろ」と言ってその場を去ろうとするが、実はその院長も彼らの事が気になって、こっそり立ち会ってたという話だ。

これは年長者と若い人の関わり方の一つの例と言える。過剰に威張る必要はないが、過保護にする必要もないと言う事だ。少なくとも自治体が新成人をディズニーランドに招待したり、市長がヘタな歌など歌う必要はない。そんな事をすれば新成人はますます増長するだけだろう。

だからせめて、式典を妨害するようなバカ新成人は、堂々と実名と顔写真を公表すべきだろう。いつまでも「少年A」「少女B」では済まない事を、身を持って思い知らせる事で、「大人になる事」の重大さを学ばせるのがいい。日頃ミスした人を「自己責任」とやらでディスってるんだから、自分たちのミスも「自己責任」で対応してもらおう。

以上、勝谷誠彦調でお伝えしました。

2016年1月 8日 (金)

タモリ電車倶楽部、西へ

今日(正確には1月9日のAM0:20~AM0:50)放送のタモリ倶楽部で、おなじみのタモリ電車倶楽部がいよいよ大阪に初進出します。低予算がウリのタモリ倶楽部で関西が舞台になるのは、筆者が知る限り初めてです。

事前の資料によると「大阪環状線一周ツアー 前編」(もちろん来週は後編だ)と銘打った今回の企画、大阪へ行くのに「のぞみ」1両まるまる借り切り、東海道マイベスト車窓を決めるとの事ですが、となると15年12月24日のブログでお伝えした、例の727の看板にも触れるんでしょうか?

出演はタモリを筆頭に土屋礼央、南田裕介(すっかりこの人マネージャーぢゃありませんね)、廣田あいかといったこれまたおなじみの面々。残念ながら六角精児は不参加ですが、代わりに登場するのが松井玲奈。15年3月26日のブログで「卒業後はタモリ電車倶楽部へ」と勝手にエールを送りましたが、遂にそれが実現しました。アイドル界の2大鉄道ヲタ共演は、素直な気持ちで観たいと思います。少なくとも木村裕子ほどナメてない所は好感持てるし。

ちなみに新年1発目の『ブラタモリ』は1月16日ですが、舞台は熱海だそうです。その後関西が舞台になったら「これはタモリ電車倶楽部の後に撮ったな」と思っていいかも。

2016年1月 7日 (木)

そりゃ売れなくなったからだろ

J-CASTニュースによると、「TVぴあ」が2016年1月27日発売号で休刊するとの事です。ここ数年全く読んでなかったので、休刊すると言われても「まだやってたの?というのが第一印象です。

休刊の理由は明らかにされていませんが、一言で言えば「売れなくなった」からでしょうね。まぁ親元の「ぴあ」がなくなった時点で命運は尽きていましたし、もっと早く終わらせられなかったのかという気もします。

結局の所テレビ情報誌ってのは、番組やタレントの露骨な宣伝媒体に徹するか、「テレビブロス」みたいなサブカル路線に走るかのどちらかしかないわけですが、そのブロスにしたって全くタレントに頼ってないのかと言えば、そんなわけないんだし、この辺りは難しい所ですな。

いずれにせよこれからのテレビ情報誌は、BS・CSはむろんネットフリックスとかの有料動画配信にも対応出来なければ、消えていくだけでしょうな。

2016年1月 5日 (火)

4日遅れのあけおめことよろ

タイトルの通りです。3が日に一度更新出来ればいいかなと思ってたのですが、仕事の都合で今日が最初の更新になりました。

今年の目標は決まっていて、まずはダイエット。風呂で自分の体を見ると、さすがにこのままじゃマズいと思うようになりました。一応簡単な運動はやってるつもりですが、いよいよワンダーコアのお世話になる時が来たのかも知れません。ライザップやゴールドジムみたいな食事制限系は性に合わないので。

次は貯金。毎度毎度貯めよう貯めようと思っていながら、目の前にカネがあると使ってしまう性分は、いい加減直さないといけません。少しずつでもいいから貯めていけたら、いずれ塵が山になるとは言わずとも、丘くらいにはなれたらいいなと思います。

ちなみに結婚は現時点で考えてません。まだまだ遊び足りないし、昔の思い出がなかなか消えないので。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »