« 二代目代行の店は大丈夫? | トップページ | 熊本で震度7 »

2016年4月13日 (水)

こりゃ鉄砲玉だな

昨日のブログでもお伝えした、新宿ゴールデン街の火災ですが、J-CASTニュースによると今日容疑者の男が逮捕されるという、異例のスピード解決となりました。しかし、まだ多くの謎が残っています。

まずこの男は何者なのか?住所不定無職のホームレスとの事ですが、真犯人を逃がす為に身代わりとして出頭する、いわゆる「事件屋(または事件師)」の可能性も否定出来ません。過去の事件からこの手のローンウルフ型犯罪者は、人通りの多く知名度のある場所を犯行現場に選ぶ傾向があるので、逆に昼間は人通りが少なく、ましてや昼間やってる店が極端に少ないゴールデン街でこういう事をやらかすとなると、「偶然」「たまたま」という選択肢は始めからなく、初めからそこに目をつけていたとしか思えません。

「酒に酔ったうえでの犯行」というのも、信用出来ません。確かに酒は飲んでたんでしょうけど、ニュース映像を観る限りでは、そう酔ったようには見えません。「酒を飲んだ」という事実欲しさで缶ビールの1本でも空けたんでしょう。それに連行の際もしっかり前を見据えてたし、相当カメラ慣れしてますな、こりゃ。

この手の事件屋は取り調べでよほどひどい扱いを受けない限り、裁判で証言を覆すと言う事はしないのが鉄則なので、おそらくこの事件もこの男の単独犯として処理され、背後関係は明かされずにうやむやに処理されるのでしょう。で、来るべきオリンピックに向けて、ゴールデン街の再開発は粛々と進むと。もちろん今すぐどうこうと言うわけではありませんが、新宿区が建設を始めた「漱石山房」記念館(仮称)のオープンが来年9月なので、大きな動きがあるとしたらその後でしょう。

ところで歌舞伎町と似て異なる神室町の、ゴールデン街ならぬチャンピオン街でも、かつては様々な嫌がらせがありましたが、そのつど立華不動産の人が守ってくれたんだそうです。尤もこの会社はバブルまっただ中の88年(昭和63年)に忽然と姿を消したので、その後は誰が守って来たのかはわかりません。伝説の龍は当時まだ若すぎるので、やっぱ東城会か。

« 二代目代行の店は大丈夫? | トップページ | 熊本で震度7 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こりゃ鉄砲玉だな:

« 二代目代行の店は大丈夫? | トップページ | 熊本で震度7 »