« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

5代目はアニキャラ

まんたんウェブによると、あの『鬼平犯科帳』が驚く勿れ、ニャンとアニメになるというのです。(公開は2017年=平成29年を予定)で、そのビジュアルを見た時、言葉が出ませんでした。寛政の火盗改というより、新選組か勤皇の志士にしか見えなかったし、そもそも原作では40代の鬼平がどう見ても30代にしか見えません。はっきし言ってこの「鬼平」には、原作や中村吉右衛門をはじめとする歴代鬼平俳優への、敬意というものが全く感じられません。何をどうすればこんな事になっちゃうのでしょうか?15年12月16日のブログで危惧した事が、まさかこんな形で露呈してしまうとは思いませんでした。

そう思って製作サイドを見てみると、ありましたね。オフィス池波の名が。この会社、池波正太郎作品の知的財産権を管理してる会社で、代表の石塚綾子氏は池波氏の姪御さんということですが、おそらく何も考えずに目先のカネ欲しさで、こんな原作レイプにお墨付きを与えてしまったんでしょうね。せめて文藝春秋に権利渡していたら、ここまでひどい物は出来なかったのではないのかと思います。この件に関しては文春砲も向けられないだろうし(当たり前だ)

J‐CASTニュースにもある通り、ご自分の作品を忠実にドラマ化するのにこだわった池波氏が生きていれば「絶対に許さなかっただろう」アニメ化の意図は、果たしてどこにあるのでしょうか?「アニメとしての魅力をどこまで出せるかが勝負」だそうですが、こうやってスタッフが過剰に意気込む作品の大半は、悲惨な末路を辿っていることを理解してるんですかねぇ。

それでもやるんだったら、原作でもあった首チョンパ・腕チョンパ模写をぼかさずに、完全再現して欲しいですね。もちろん押し込みシーンでの畜生働きも。「妖盗葵小僧」なんかどうやってアニメ化するのかしら。

2016年8月29日 (月)

障害者に感動より日常を

日テレの『24時間テレビ』が年に一度の感動の押し売りにして、芸能界利権談合共産主義の典型である事は、今更言うまでもありませんが、今年はそれに対し真っ向から批判する勢力が現れました。それも同業者から。既にご存知の方も多いのですが、Eテレの『バリバラ』が『24時間テレビ』を「感動ポルノ」と切って捨てました。その辺の経緯はJ‐CASTニュースリテラ探偵ファイルが伝えてるので、そっちをご参考にして頂くとして。

以前にも言いましたが、健常者が障害者に尽くすのは至極当たり前の事であり、こんな番組をやれば「この時期以外には何か事件や事故が起きない限り、障害者の事なんか考えなくてもいい」という免罪符になりかねません。そもそもギャラもらって走って歌って、そのどこがチャリティなのか、どなたか頭の悪い筆者に解りやすく教えてくれませんかにぃ。マンガでもアニメでもフリップでもいいから。

ヤフコメでも「バリバラは障害者本人たちのための番組って感じだよね。たまに見るけど、おいてけぼりになることある。障害者間のあるあるとか、わかんないもんこっち。でもそれでいいと思う」「『障碍者で笑いにするのは不謹慎』だと健常者はどうしても感じてしまうので、なかなかハードルが高いと思う。特にスポンサーの付く民法では…。だからこそNHKでしかできない切り口だなと感じる」「確かに見世物化してて、あまり気持ちいいものじゃない。日テレのほうは」「24時間TVにずーっと違和感を感じていたが、その理由の一つがわかった気がする」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「Eテレのこういう番組やドキュメンタリーは、
総合よりレベル高いと思う」

Eテレという所は、古くはノッポさんや数学の秋山仁先生等、意外な人材を数多く発掘してますが、『バリバラ』もその流れを汲むのかも知れません。総合だと池上彰さん位しか思いつかんし。

ちなみに筆者の友達で、車椅子バスケやってる人は、両肩にびっちり西洋人みたいなタトゥーを彫ってますが、れっきとした堅気で妻子持ちです。『足は立たないが、アッチは立つ!」と言われた時は、さすがにどう突っ込んでいいのかわかりませんでしたが(って、この話も書いたかな?)( ̄◆ ̄;)

2016年8月23日 (火)

てゆうかお前「だれ」や

高畑祐太が逮捕されたと聞いても、筆者に驚きはありませんでした。理由は知らない人だから。まぁ逮捕された理由を聞くと「チ○コ切って土下座ァ!」と言いたくなります。「歯ブラシがない」とかホザいたそうですが、そんな訳ないでしょう。アメニティグッズはどこのホテルの部屋にもあるし、なくてもホテルの自販機で買えるんだし。で、早速いろんな所に悪影響が出てるようで、以下スポニチアネックスから引用します。

高畑裕太容疑者どうなる出演予定番組 
日テレ「事実関係を確認中」

 俳優の高畑裕太(22)が23日、女性に強姦致傷の疑いで群馬県警に逮捕された。

 ドラマだけでなくバラエティーでも活躍中の高畑容疑者。逮捕された23日には日本テレビ『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(火曜後11:59)にゲスト出演する予定になっている。

 また27、28日に放送する日本テレビ「24時間テレビ39」では番組パーソナリティーを務め、NEWSの加藤シゲアキ(29)が主演を務めるスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」にも出演する予定。

 同局広報部は『~今夜くらべてみました』の放送と高畑容疑者の『24時間テレビ39』出演について「現在、事実関係を確認しているところです」としている。(引用ここまで)

さぁー日テレはどーすんでしょーって、まぁよくてコイツの出番カットで、最悪の場合はオクラでしょうね。(注、その後『~今夜』はオクラが決まった。でも理由は一切なし。クサいものにフタをするのが得意な日テレらしいね)。でも『24時間テレビ』、それもドラマでやっちゃうと、今度は外人でもないのにメリーだのジュリーだのホザくクレーマー親子が仕切る、某芸能プロを怒らせちゃうし、お手並み拝見といった所ですな(他人事)

ヤフコメでも「容疑者ってなってるからね、確認したところで………ダメでしょ」「アメニティ持ってきた従業員を力で押さえつけて、しかも理由が 欲求を押さえられなかった って、もう色んな意味でダメだろ」「どうやって示談に取り付けても、テレビには出られないよ」「色んな意味でこれはアウトだ。行為も対象年齢も。復帰は無理だね。彼とは共演したくない女優さん沢山いるんじゃないかな」といった批判コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「週末の24時間TV大変だな?
まぁ茶番色強いから、もう止めたら?」

ギャラ貰ってチャリティとかヌカすのは、日本の芸能人とスポーツ選手だけなんですよね。いつまでこんな事続けるんでしょう?武道館に1円玉の入ったペットボトルを持って行っても、スタッフの(以下炎上どころか山火事級のネタを書いてたので、大慌てで削除)

なお明日から8月28日まで不在の為、しばらく更新は休ませて頂きます。ご了承下さい。

2016年8月20日 (土)

そりゃ出動するだろ

夏休み映画の本命としてヒット中の『シン・ゴジラ』に対し、石破前地方創生担当大臣が脚本に注文を付けたと、J‐CASTニュースが伝えています。元の記事は映画のネタバレもあるのですが、そこはまぁ気になさらずに。

それによると石破前大臣はゴジラを「天変地異的な現象」と見なし、「防衛出動」ではなくあくまで「災害派遣」で対処するのが妥当だと指摘しています。興味深い分析ですが、あんだけ派手に暴れられて災害もねーだろと思います。ちなみにピーター・ジャクソンの『キングコング』では、陸軍が明らかに防衛出動してましたが、アメリカとは怪獣事情が違うのでしょうか?

ヤフコメでも「あらゆる事態を想定して考えるのは、非常に良いことです!宇宙人の侵略も有るかも知れませんし」「まぁ、特撮もので怪獣と戦うのは、自衛隊の専売特許みたいなところがありますものね。それにしても凄いなぁ、現役の政治家、しかも元防衛相である石破さんのお言葉。この上なくリアリティーのある見方で勉強になる。これ、庵野監督を始めとする映画の製作スタッフらも嬉しいでしょうね」「インディペンデンスデイのエイリアンは、集団的自衛権でないと対処できないね」といった好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ(しかも2つ)

「そんなこと言ったって石破さんが生まれる前から
ゴジラ出現時には自衛隊が出動してますよ。
全然歯が立たないけど」

「知らないと思うけど、ゴジラは架空の物語だよ」

それを言っちゃあ何とやらってやつですね。石破さん、長生きしてね(いろんな意味で)

2016年8月19日 (金)

オバQバスの封印も解けず

乗りものニュースによると、JR東日本は9月3日から南武線・登戸駅と宿河原駅の発車メロディーを、藤子・F・不二雄アニメのテーマソングに変更するとの事です。川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムの開館5周年を記念してのものですが、気になるのはその内容。

登戸駅1番線『ぼくドラえもん』
    2番線『きてよパーマン』
    3番線『ドラえもんのうた』

宿河原駅1番線『すいみん不足』
      2番線『夢をかなえてドラえもん』

5曲中3曲が『ドラえもん』で、残りが『パーマン』と『キテレツ大百科』という組み合わせは、ややバランスを欠いてますが、まぁ妥当な選択と言えなくもありません。しかし今回もダメでしたね、『オバケのQ太郎』。3回もアニメ化されて、『オバQ音頭』という名曲もあるのになかった事にされているのは、大人の事情を知ってる者としてはつらいものがあります。直行バスのデザインもリニューアルされますが、ここにもQ太郎はいませんでしたね。昔は「オバQバス」なんてものもあったのですが・・・

かつて小田急で走ってた「小田急 F‐train」(現在は運行終了)でも、『オバQ』はなかった事にされてましたが(11年8月5日のブログ参照)、5年経っても事態は改善されてないようです。藤子F全集には収められてるのに。

2016年8月18日 (木)

「みっともない。やめてくれ」(そりゃオメーらだろ)

8月9日のブログでお伝えした中日・谷繁監督の休養ですが、その後もチームは最下位に沈み、明日への希望が見えてきません(昨日は巨人に勝ったが)そんな中スポーツ報知によると、中日の白井オーナーが谷繁監督に対し「みっともない。やめてくれ」と語っていた事が明らかになりました。

一体どの口がそんな事言うんでしょう?その谷繁監督を了承しながら、オーナーとしてロクなバックアップもしないで落合GMのわがままばっか聞いて、その結果がこれですよ。だったらいっその事落合GMをGM兼監督にでも据えたほうがいいんじゃないんですかにぃ。間違いなくチームは今以上に悪くなるだろうけど。

ヤフコメでも「監督変わって何か変わってるようには見えないんですが…監督の責任ってよりオーナー、GM含めてフロントの責任ですよね」「そもそもあなたが『みっともない』と称した谷繁監督を任命したの、誰でしたっけねぇ?」「落合がいる限り、誰も監督になりたがらない」「悪いのは全部谷繁と佐伯か。白井がオーナー、落合がGMである限り、当分暗黒時代は続くな」「癌は落合だろう。小笠原は監督にならない方が良い」といった批判コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「中日って暗いよな…雰囲気もそうだし、なんかもうイメージが。
地味、暗い、つまらない、オヤジくさい…」

筆者の勝手な憶測ですが、中日はホンネではもう球団を維持したくないのではないかと思います。元々読売(巨人)に対抗するために球団持ち始めた訳だし、その役目はもう十分果たしたでしょうから、これ以上イメージが悪くなる前に、さっさと身売りしたほうがいいと思います。何だかんだ言っても「ドラゴンズ」の名前残して頭に「名古屋」付けときゃ、ファンは納得するんだろうし。

ちなみにドラゴンズの経営には、一時期名古屋鉄道がかかわってた時期もあり、その頃(1950年~53年=昭和25~28年)は「名古屋ドラゴンズ」を名乗ってましたが、さすがに今の名鉄は関わりたくないだろうみゃ~。

2016年8月16日 (火)

長嶋さんが・・・

スポニチwebが掲げた「長嶋さん追悼『素晴らしい打者でした』」の見出しが波紋を広げてると、J‐CASTニュースが伝えています。既に元の記事はこのように、何事もなかったかのようにシレッと訂正されてますが、確かに最初の見出しを見ると、長嶋さんが亡くなったのかと思っちゃいますねぇ。まぁ年齢を考えるといつそうなってもおかしくないんですけど、さすがにこれは狙ったと言われても仕方ありませんね。

同じ記事の中で紹介されてる「川栄李奈『さらばじゃ』"早すぎる死"を惜しむ声続出。『まさか川栄が』『早すぎる』」ってのも、過去の襲撃事件が蒸し返されそうで、当人にとってはいい迷惑ですな。「さらばじゃ」ってのはAKB時代におバカキャラで売ってた川栄ならと、みんな思っちゃいますな(実際はおバカぢゃなかったわけだが)

そこから考えると25年位前の東スポの見出しは、「如何にも」と思わせておいて、後には何にも残らないという潔さがありましたね。もうあの頃には戻れないんでしょうか?「人面魚、重体脱す」「フセイン、インキン大作戦」「タイソン、獄中昇天」「ダイアナ妃、大胆乳」「スタローンよ、みのもんたに弟子入りしろ」呵々。

2016年8月14日 (日)

重大発表の後で

誰がSMAPを解散に追い込んだかは、この際問題じゃありません。強いて言えば関係者全員でしょう。だから戦犯探しをするのはムダな事です。これまでの経緯は日刊サイゾーで、マスゴミの裏事情は二階堂ドットコムを見て頂くとして、早速便乗しようとする輩が出て来ました。サンケイスポーツによると、あの水道橋博士が驚く勿れ、「二代目SMAP」なるものを主張してるんだとか。あまりにアレなので、以下全文を引用します。

水道橋博士がSMAP解散で「二代目SMAPに歌い継ぎを」と提案

 浅草キッドのメンバー、水道橋博士(53)が14日、自身のツイッターを更新。SMAPの解散報道を受け、持論を展開した。

 博士は「楽曲問題。『SMAP』の名前は残せばよいのに。3代目Jソウルブラザーズがあるなら事務所が二代目SMAPを結成すれば良い」と、持論を述べた。

 続けて「笑点の歌丸師匠もある意味、生前退位だった。今度もジャニーズ内の生前退位ということで楽曲は二代目が歌い継げば良い。と、元・二代目亀頭白之助だった俺は思う」と、落語家のように“名前”を継いでいけるようにと、願っていた。
  
 さらに「あの『クリープハイプ』は既に2代目尾崎世界観がいるし、我が軍団には2代目そのまんま東ことゾマホンもいる」と、例を挙げると「落語家には大名跡の『二代目林家三平』を継いだ『永世いっ平』もいるし『樹木希林』の前名『悠木千帆』にも既に『二代目悠木千帆』もいるのだ」とし、「2代目SMAPも無問題」と述べた。(引用ここまで)

ジャニーズは「二代目SMAP」なんかやるつもりありませんよ。変わりはいくらでもいるんだし、まぁジャニーさんを満足させるほど締まりのいい子はいないでしょうけど(何の?)。仮にやったとしても、飯島ミッチーがいない以上うまくいくわけないの明白でしょう。ついでに言えば『笑点』の生前退位は、立川談志と前田武彦もそうでしたけど、何で触れないんですかねぇ?強制退位だからかしら?

ヤフコメでも「最近すご〜く思う事がある。コイツ、何様?」「?」「・・・」「2代目なんていらん」「そんな簡単に代わりなんていないから、国民的アイドルだったのでは?」「作ろうと思って作れるものでは無い」といった全否定コメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

そんな事より博士には、お伺いしたいことがあるんですが、何でアンタの事務所から「二代目ビートたけし」って出ないんですかねぇ?本物のビートたけし2世は息子も娘もアレな人だし・・・。まぁこれに関する話は、日を改めて書くつもりです。

2016年8月13日 (土)

明日重大発表なんだとさ

5月5日のブログで報じて以来、秋までネタにならないだろうと思っていたSMAP解散騒動ですが、ここへ来て大きな動きがありました。二階堂ドットコム日刊サイゾーが同時に、明日SMAPが解散発表すると報じたのです。こういう話は「最後の55年体制」と呼ばれる記者クラブの御用メディアでは、絶対書けませんね。外しても「情報が間違ってたけど、謝罪しません」で済むんだし。というわけで筆者もブログのネタにします。別にSMAPやジャニーズに義理立てする必要ねーし。

この時期に発表するのはもちろん、お盆休みで週刊誌が出ないのと、面倒な事はオリンピックの日本勢メダルラッシュのどさくさ紛れに、チャッチャとやっちゃおうというゲス根性の果てです。これで明日、会見の途中で誰かメダル取ったら、どんな反応するんですかねぇ。

で、解散の鍵を握ってた「あやつ」は、やはり香取慎吾でしたね。まぁ感情的な脳筋が爆発するのは、十分予測できたのですが、ジャニーズ辞めてどーすんでしょう?大好きな飯島ミッチーに食わしてもらうの?世間でわそーゆーのをヒモと言うんだけど、彼はそうは思わないでしょうね。だってそんな事考えるほど頭良くないんだし。

ま、個人的には終戦記念日に発表しないだけ、ましだとは思いますけどね。さすがにその日は避けねばならんし。

2016年8月10日 (水)

6年振りのリニューアル

まんたんウェブによると、『タモリ倶楽部』のOP映像が6年振りにリニューアルするとの事で、既にオーディションも行なわれたとの事です。最近はリアルタイムで『タモリ倶楽部』を観る機会がなくなってしまったので(気に入ったテーマの回は録画するが、OPはすっ飛ばして観てる)、「そうか、もうそんなに経つのか」というのがホンネです。

思えばこのOP始めた頃(90年代アタマ)は、ビートたけしが『北野ファンクラブ』で「全裸ラジオ体操」をたけし軍団にやらせてたし、テレ東の『ギルガメッシュないと』では、亡き飯島愛が「Tバックにエプロン」でメシ作ってたし、そうやって地上波の深夜放送でエロとバカが融合して、最後の輝きを放っていたわけですが、その流れを汲むのがまさか『タモリ倶楽部』だけになろうとは、誰も思わなかったでしょう。AV女優でさえも地上波に出る時は、セクシー女優(相変わらずこの呼び名は嫌いだ)と称するのに。

この時期にリニューアルするのは、多分スタッフがリオオリンピックの話をしてて、そこからサンバ⇒Tバック⇒ウチのOPと連想ゲーム式に話が膨らんで、「じゃあリニューアル」となったと、筆者は勝手に推測してますが、実のところどうなんでしょう?

ヤフコメでも「久しぶりのお尻オーデションだなぁ、楽しみ。タモリ倶楽部って昔はもっとエロネタの内容が多かった気がするんだけど、最近はあんまりないね」「CGの時もあったけど、やっぱり生の方が始まる!感が強いと思う」「ここまで真面目にやると、否定も出来ない」(まじめにふまじめってやつですね、それはかいけつゾロリか)「個人的には最近で1番大きな出来事w」(!)といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「審査に山田五郎氏が居ないのはダメでしょ」

ですよねー、何でいないんでしょう?おぎやはぎと美術展廻るのが楽しいからですかね?それならそれでいいんです。まぁ個人的には特別ゲストとして、高嶋政宏に出て欲しかったんですが・・・何で高嶋政宏かって?そりゃあ実写版『監獄学園』の理事長ですもの。もちろん決めゼリフは「尻と胸、どっちが好きか・・・ねっ!」で。

2016年8月 9日 (火)

谷繁監督休養てゆうかクビ

中日の谷繁監督が就任3年目(監督選任1年目)にして、休養することが明らかになりました。お友達の佐伯1軍守備コーチも一緒に休養しますが、体のいい解任であることは明白でしょう。今シーズンの残りは、森ヘッドコーチが代行として指揮を執るとの事です。13年10月9日のブログで指摘した不安が、当たっちゃいましたね。

思えば2014年(平成26年)から最初の2年間は捕手兼任だった訳ですが、大して話題にならずさりとてチームが強いわけでもなし(4位⇒5位⇒今の所ペケ)、目玉になりそうな選手もおらず、最後まで落合GMとの溝を埋める事が出来ませんでした。そもそも選手層が薄いのに、コーチ経験なしで監督というのが、無理なんです。巨人やソフトバンクみたいに選手層が厚けりゃ、何とかなるかも知れませんが、せめて2軍監督はやるべきでしたね。

そうなると落合GMの責任を問う声があって当然なのですが、球団からその声は聞こえません。何か弱みでも握られてるのでしょうか?ヤフコメでは「監督に推薦した落合さんは?」「現場で頑張ってる方だけが責任取るのは、どうかと思います。落合GMも責任取るべきです」「このチーム編成では誰が監督やっても同じ」「来年はどうすんだ?誰か監督適任者がいるのか?」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「成績は悪かったけど、
シーズン最後まで谷繁監督でいくのかと思ってた。
常日頃から監督の采配に疑問はあったけど、
結果が出てないのは監督だけの責任じゃないし、
こんなやり方ひどすぎる気がする。

ドラゴンズファンですが、なんか球団に不信感」

落合GMってやった事はコストカットだけなんですよね。球団社長だったらそれなりに評価されたかも知れませんでしたが、何か勘違いしてるとしか思えません。普通に考えれば来年は森ヘッドが昇格するのがいいんですが、それでダメならやっぱGM解任かな。

2016年8月 8日 (月)

天皇陛下、お気持ち述べられる

8月5日のブログでもお伝えした通り、天皇陛下は国民に対し「お気持ち」をビデオメッセージの形で述べられました。15時からの発表は、NHKと全民放が一斉に画面を切り替え(もちろんワイプなる、不愉快極まりない小画面などない)、その中にはあのテレ東も含まれていたのですから、いかに今回の事態が陛下と国民にとって重大事かという事が分かります。

J‐CASTニュースでも伝えられてますが、「お気持ち」では「生前退位」という言葉こそ避けられながらも、その意思が強いという事がよく分かります。その為には当然、皇室典範の改正が欠かせないわけであり、憲法改正の議論と合わせて、慎重に進めていく事が求められます。また、元号法でも改元については「元号は皇位の継承があった場合に限り改める」と記載されてるので、この点についても改正を視野に入れた議論が行なわれるものと思われます。

国民の8割は陛下の「お気持ち」を尊重したいというデータが、各報道機関の世論調査でも発表されてます。政府には陛下のご意思を尊重して、速やかに対応することが望まれてますが、果たして安倍ちゃんに出来るのかな?またお友達のナントカ会議に相談するのかな?そんな事してもムダだと思うけど。

2016年8月 6日 (土)

戦国時代に紙オムツは、なかった事にされた!

8月3日のブログでもお伝えした『真田丸』の紙オムツ騒動は、元ネタの記事でも書かれてた通り、エネッチケーの確認ミスだった訳ですが、J‐CASTニュースによると、今日放送の再放送ではカットされてたとの事です。まぁそうでしょうね、たぶんBDやDVDでもそうなるでしょうから。

ヤフコメでも「全く気が付かんかった」「確かにあの時代に紙おむつがあったとは思えないけど」「小日向文世がしてたのかと思った(笑)」「気にしない気にしない」(って、一休さんかよ)といった、好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ(しかも2つ)

「暴れん坊将軍で背景にガードレールが映っていた時があったが
苦情も修正も無かった様に思える
昔は大らかだったな」

「厳密に見たら細かい放送事故ってけっこうある。
連ドラで軽自動車が『わ』ナンバーだったことも。
あとは路線バスが白バスだったこともある。
あら探ししたら面白いように出てきます」

以前にも書いた気がしますが、深作欣二版『魔界転生』でも柳生十兵衛(千葉真一)と宮本武蔵(緒形拳)の対決シーンで、後ろにタンカーが映ってたなんて事がありましたが、誰も文句言いませんでした。理由はもちろん娯楽作品だから。あとは東映だから何言ってもムダっていうのもありましたね。他にも数え上げればキリがないので、とりあえずこの辺で。

2016年8月 5日 (金)

平成の玉音放送になるのか?

7月13日のブログでもお伝えした、天皇陛下の生前退位のご意向に関するその後ですが、J‐CASTニュースによると、宮内庁は8月8日15時に、陛下が「お気持ち」を述べられるビデオメッセージを公表すると、正式に発表しました。

個人的にはNHKと全民放で生中継するのがいいのですが(Eテレは別、高校野球中継するから)、録画なのは不測の事態を防ぐという意味合いがあるのでしょう。それだけ陛下のお言葉には重みがあるのです。

ヤフコメでも「この件に関しては、できる限り陛下のご意向を尊重した方が良いと思いますね」「その時代にあった天皇制があっていいと思う。死ぬまで退位できないのは、延命医療の発達した今の時代にあっていないような気もする」「憲法の条文にはあるけど、英国王室のようにもう少し意見を言える環境を整備してもいいのでは?」「年齢も年齢だし、後はご自分の時間の為に、ゆっくり過ごしてほしい」といった、好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「こないだまで宮内庁は
『そんな報道はない』なんて言ってたくせに」

所詮小役人の発送なんて、そんなもんです。こういう輩を世間では「君側の奸」と呼ぶんですな。何にせよ、陛下には率直なお言葉を述べられて欲しいと思います。

2016年8月 3日 (水)

戦国時代に紙オムツが!

2度に渡って選挙の横槍で、放送時間が前倒しされた『真田丸』ですが、J‐CASTニュースによると7月31日放送の第30話「黄昏」で、赤ちゃんが紙オムツしてると話題になりました。これをめぐってネットでも「ネタだ」「事故だ」と議論が分かれましたが、結論から言えば事故でした。つまりスタッフの認識不足。

でもまぁ以前にも書いたけど(13年8月17日のブログ参照)、竹中直人が『秀吉』で無意識の内においなりさん露出したのに比べれば、全然いいと思います。一部ではこのシーンのせいで『秀吉』のソフト化は遅れたとも言われてますが、誰と言わんが一部出演者の肖像権の問題がこじれたせいで、全く違います。まぁ三谷幸喜だからネタと思われたのかも知れませんが。

時代劇版現代劇とも言われてる『真田丸』ですが、その手の時代劇は昔からありました。『必殺』シリーズが「チョンマゲを付けた現代ドラマ」と言われてたのは有名な話ですが、他にも時代劇なのにガトリング砲やダイナマイトを出してきた『荒野の素浪人』や、坂本龍馬がサインペンで色紙にサインした渡哲也版『浮浪雲』とか、でも誰も何も言いませんでした。理由は時代考証がデタラメでも面白きゃいいから。だってこの手の娯楽作品で、著名な学者先生が時代考証とかやっても意味ねーし。

今回同じ話の中では、小日向文世がついに秀吉のお漏らしパフォーマンスに挑戦しました。かつて『独眼竜政宗』で勝新太郎がホントにションベン漏らして以来、大河歴代の秀吉役はどうこのシーンを演じるかで、役者の力量が見極められるとも言われてます。今観ると赤ちゃんに紙オムツ穿かせるんなら、秀吉にも穿かせろと思いますが、その場合は誰が穿かせるんでしょうか?やっぱ信繁かおねね様かな。茶々だったら間違いなく何かのプレイになるだろうし。それで秀吉が目覚めたら、歴史はかなり変わってたでしょう(何に?)

2016年8月 1日 (月)

裕次郎記念館、閉館へ

昨日千代の富士(九重親方)の訃報を伝え、昭和は遠くなりにけりと思ってたら、また昭和が消えるとの事です。朝日新聞によると、小樽の石原裕次郎記念館が驚く勿れ、ニャンと来年8月で閉館するとの事です(以下引用)

石原裕次郎記念館、老朽化で来年閉館 北海道・小樽

 北海道小樽市の石原裕次郎記念館は1日、施設の老朽化などのために来年8月末で閉館することを明らかにした。石原裕次郎さん(1934~1987)が出演した映画のフィルムやレコード、衣装など約2万点の展示品の多くは、東京都世田谷区の自宅に戻すという。

 石原さんは海運会社に勤めていた父の転勤で、9歳までの6年間を小樽で過ごした。記念館はこの縁で、91年(平成3年)に開館した。石原さんの愛車だったガルウィングのメルセデス・ベンツなどが展示され、これまでの入場者は延べ約1800万人。近年は建物が傷んで危険となり、映像機器などの更新も難しくなった。展示品の一部は小樽市に寄贈することも検討している。(引用ここまで)

老朽化っていってもまだ30年経ってないんだし、どう考えても客足が鈍ったからでしょう。あと石原プロも経営が苦しくなって、昔ほど資金援助出来ないし、金目教教祖の石原伸晃は言わずもがなだし、そもそも今の若い人は裕次郎の全盛期を全く知らないし、せいぜい「ゆうたろうの元ネタ」位の認識しかないんでしょう。

ヤフコメでも「ひとつの時代が終わった」「もう30回忌、知らない人のほうが多くなっている」「維持費が大変なんだと思う。建て直したりリニューアルするだけの客入りはないってことなんだな」「石原裕次郎を物まねのゆうたろうでしか知らない世代が多くなってきたから、潮時かもしれない」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「兄さんより弟の方がまともです。残念!」

伸晃と良純ね。おっとその前は慎太郎と裕次郎でしたか。どうでもいいけど。となると今記念館に飾ってるガルウイングのベンツはどうなっちゃうんでしょうか?ヤナセ辺りが買い取って動態復元とか?あとガゼールとスーパーZとRS三兄弟もどうなっちゃうんでしょうか?マシンXとサファリは東京で保管されてるから、みんなまとめて日産のヒストリックガレージに収められればいいんですけどねぇ。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »