« てゆうかお前「だれ」や | トップページ | 5代目はアニキャラ »

2016年8月29日 (月)

障害者に感動より日常を

日テレの『24時間テレビ』が年に一度の感動の押し売りにして、芸能界利権談合共産主義の典型である事は、今更言うまでもありませんが、今年はそれに対し真っ向から批判する勢力が現れました。それも同業者から。既にご存知の方も多いのですが、Eテレの『バリバラ』が『24時間テレビ』を「感動ポルノ」と切って捨てました。その辺の経緯はJ‐CASTニュースリテラ探偵ファイルが伝えてるので、そっちをご参考にして頂くとして。

以前にも言いましたが、健常者が障害者に尽くすのは至極当たり前の事であり、こんな番組をやれば「この時期以外には何か事件や事故が起きない限り、障害者の事なんか考えなくてもいい」という免罪符になりかねません。そもそもギャラもらって走って歌って、そのどこがチャリティなのか、どなたか頭の悪い筆者に解りやすく教えてくれませんかにぃ。マンガでもアニメでもフリップでもいいから。

ヤフコメでも「バリバラは障害者本人たちのための番組って感じだよね。たまに見るけど、おいてけぼりになることある。障害者間のあるあるとか、わかんないもんこっち。でもそれでいいと思う」「『障碍者で笑いにするのは不謹慎』だと健常者はどうしても感じてしまうので、なかなかハードルが高いと思う。特にスポンサーの付く民法では…。だからこそNHKでしかできない切り口だなと感じる」「確かに見世物化してて、あまり気持ちいいものじゃない。日テレのほうは」「24時間TVにずーっと違和感を感じていたが、その理由の一つがわかった気がする」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「Eテレのこういう番組やドキュメンタリーは、
総合よりレベル高いと思う」

Eテレという所は、古くはノッポさんや数学の秋山仁先生等、意外な人材を数多く発掘してますが、『バリバラ』もその流れを汲むのかも知れません。総合だと池上彰さん位しか思いつかんし。

ちなみに筆者の友達で、車椅子バスケやってる人は、両肩にびっちり西洋人みたいなタトゥーを彫ってますが、れっきとした堅気で妻子持ちです。『足は立たないが、アッチは立つ!」と言われた時は、さすがにどう突っ込んでいいのかわかりませんでしたが(って、この話も書いたかな?)( ̄◆ ̄;)

« てゆうかお前「だれ」や | トップページ | 5代目はアニキャラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害者に感動より日常を:

« てゆうかお前「だれ」や | トップページ | 5代目はアニキャラ »