« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

デハ236、里帰りへ

7月27日のブログでもお伝えした、川口市が京急デハ236を無償譲渡する話ですが、その後新たな動きがありました。ジョルダンニュースによると、古巣の京急に決まったとの事です。ブログでは筆者も「京急が買い取って、久里浜で修理・整備・保存するのが一番いい」と書きましたが、保存場所として有力視されてるのは、京急が2019年度(平成31年度)に、横浜市西区みなとみらいに建設予定の本社新社屋との事なので、半分予想が当たった事になります。

記事では「新社屋にはミュージアムを併設する」との事ですが、JRや東武のような本格的な博物館にはならないと思います。イメージとしては京王れーるランドみたいな感じになるのかなと思います。となると今久里浜に置いてあるデ1とデ51も、そっちへ持って行くんでしょうね。京急の保存車って少ないから。

何にせよ一番いい形で落ち着いたのですから、後は時間掛けてじっくり直して欲しいですな。

2016年9月29日 (木)

ガッツよりはマシだけど・・・

8月9日のブログで中日・谷繁監督の休養をお伝えしましたが、その後も中日は負け続け、終わってみれば球団史上初の4年連続Bクラス、しかも最下位という最悪の結果に終わりました。後任監督人事もゴタゴタして、当初有力視されていた小笠原二軍監督の昇格ではなく、森監督代行の昇格で落ち着きました。

まぁ無難な選択でしょう。二軍監督1年だけやって一軍監督なんて、黎明期のプロ野球にも例がありませんし、落合GMがクビ切られない限り、誰が監督やっても一緒なんだったら、一番事情知ってる人にやらせた方が、まだ古傷を悪化させずに済みますから。

ヤフコメでも「これからも色々言われるだろうが、頑張ってほしい」「上との連携に関しては、谷繁よりはちゃんとできるでしょ。結果は知らんが」「新監督になった以上は頑張ってほしい」「どの監督にも言えるけど、まずは若手や生え抜きを育てて欲しい。フロントもその覚悟を共有して欲しいです。でないと今年の二の舞、三の舞になっちゃいます!」といった好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「まずはフロント改革。
いつまでも監督自ら外国人を獲得に出向いてはいけない。
そもそもGMよりも監督の方が編成部門に明るいので、
GM体制は解体で良いのでは」

それがどこまで出来るかなんですよねぇ、このチームの課題は。ま、頑張りましょうね。

2016年9月28日 (水)

ジョジョの奇妙な映画化

既にご存知の方も多いのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の実写映画化が決定したと、まんたんウェブが伝えてます。しかしその監督・キャスティング人事には波紋が広がっています。以下はそのキャスティングと監督。

東方仗助⇒山崎賢人
広瀬康一⇒神木隆之介
虹村億泰⇒真剣佑
空条承太郎⇒伊勢谷友介
山岸由花子⇒小松菜奈
虹村形兆⇒岡田将生
片桐安十郎⇒山田孝之
東方朋子⇒観月ありさ
東方良平⇒國村隼

監督⇒三池崇史

現時点で他のキャラの中の人は未発表ですが、見てるだけで頭が痛くなりました。今やってるアニメも第3部に比べると、画が荒くてツッコミを入れながら観てますが、それでも「原作を忠実に再現しよう」というやる気は伝わってきます。しかしこの実写版はには、そういった気を全っっっっっく感じません。まぁジャニタレで占めるよりはましですけど。

ヤフコメでも「嫌なニュースだなぁ」「成功する気がしない」「100%こけると思う」「恐れていたことが現実になってしまった」「監督が三池崇史というだけで、見る気がしない」「テラフォーマーズの悪夢再び」といった批判コメがあふれました。でもってキタコメはコレ。

「イメージと違う、やれやれだぜ」

この内の何人かは明らかにやっつけ仕事で小ずかい稼ぎしようってのがバレバレですな。誰とは言わないけど。

そもそも何で第4部なんでしょう?東北復興の思いを込めてってヤツ?んなこたねーか。スペインで撮影するんだし。

2016年9月26日 (月)

まさかの全勝優勝

豪栄道が史上初のカド番全勝優勝を成し遂げたことで、一気に注目が上がってますが、それもこれもあれもどれも、全て白鵬が休場したから出来たのは否めません。影のMVPは間違いなく白鵬でしょう。このままずっと休場してたほうが土俵も盛り上がるんでしょうけど、さすがにそれはないでしょう。

一昨日のブログでも書いた通り、これまで4度のカド番を経験し、2桁勝ったのも今場所含めて2場所だけ。それでも横審は「貴乃花以来20年振りの、日本出身力士による全勝優勝」を錦の御旗に掲げて、来場所優勝すれば横綱という路線を変える気はなさそうです。今は全勝か1敗なんてしおらしいことを言ってますが、3敗で優勝しても同じことを言うんでしょう。商売商売。

しかし30歳という年齢や不安定な勝ちパターンを考えると、初場所後の琴奨菊と同じ道を辿りそうな気がして、かなり不安があります。本人もそれ分かってるから「ダメ大関と呼ばれたくない」という危機感があるんでしょうけど、後は周りが引っ張り回さないことですな。特に大阪出身ってだけで、若手芸人がワンサカ擦り寄ってきそうだし。

ちなみに今やすっかり影が薄くなった稀勢の里ですが、今場所は10勝5敗で終わりました。辛うじて大関のメンツは守ったものの、もう昇進せずこのまま「誇り高き名大関」を目指した方がいいでしょう。照ノ富士よりはマシなんだし。

2016年9月24日 (土)

豪栄道まさかの初優勝

昨日書いた通り豪栄道が玉鷲を下し、念願の初優勝を果たしました。カド番での優勝は2008年(平成20年)の琴欧洲(現、鳴戸親方)以来8年振り8人目。大阪出身力士としては1930年(昭和5年)の山錦以来、ニャンと86年振り3人目となりました。ちなみに日本出身力士の優勝は、2016年(平成28年)初場所の琴奨菊以来4場所振りです。もうそんなに経ったんですな。

明日はその琴奨菊との対戦が組まれてますが、勝てば史上初となるカド番での全勝優勝となります。もうこうなったら、明日は首投げやってもいいから勝っちゃいましょう。で、来場所は白鵬にも勝つと。それでこそ綱取りの話も価値が出るってもんです。

ヤフコメでも「豪栄道おめでとう!あとは全勝優勝やね!」「立会いが一度合わなかったけど冷静だったね!おめでとう!!勝利後のお母さんの笑顔が印象的!」(女装した豪栄道かと思った)「場所前、豪栄道が優勝し遠藤が追いかける展開を、どれだけの人が予想していただろう?」「優勝おめでとう。大関らしい素晴らしい相撲でした。明日も来場所も頑張って下さい」といった祝福コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「今の大関陣で稀勢の里だけ優勝がないという事実」

もう完全に今場所は蚊帳の外になっちゃいましたね。隠岐の海共々古傷を舐めあって下さい(想像したくないけど)ちなみに照ノ富士の優勝も、関脇時代のものです。

それにしてもエネッチケーが、またやってくれましたね。生放送の最中にニュース速報で「豪栄道、優勝」って、見りゃ分かるっての。カープ優勝の時もそうでしたが(9月10日のブログ参照)、あれは一体誰に向けて流してるんでしょうか?

2016年9月23日 (金)

豪栄道が日馬富士にも勝った

今日もタイトルの通りです。最後はまたいつも通りの首投げやっちゃったけど、追い込まれた時の豪栄道は普段とは別人ですから。流行りの言葉でいえば「神ってる」ってヤツですな。ちなみに遠藤も勝って2敗をキープしてますが、このまま豪栄道が優勝しちゃうんでしょう。

ヤフコメでも「これ、中身違う人やないの?ってくらい強いな」「ここで首投げか~内容的にはボロ敗けだが、ここまで来れば勝てば何でもありではあるな」「全勝優勝まであと2勝!」と好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「稀勢の里は早々に優勝争いから脱落したのに
12番勝てば翌場所に繋がるっていう
協会のごり押しが無念だったね
今の鶴竜に負けるんだからもうないだろう
白鵬がいなかったら優勝して横綱になれたとかいうファンがいるが、
白鵬不調の時も休場の時も優勝できてないし、
琴奨菊は優勝した。それが事実」

キセノンより後輩の高安に期待する方が、利口かも知れませんな。3敗しても将来性はあるし、白鵬の居ぬまの何とやら。

2016年9月22日 (木)

豪栄道が鶴竜に勝った

タイトルの通りです。秋場所も12日目を終えて、豪栄道は鶴竜を押し出してただ一人12連勝をキープ。一方、日馬富士・高安・遠藤も2敗を維持して後を追いますが、横綱に勝ったことで豪栄道が初優勝に向けて、残り3日間も勝ちそうな感じです。

で、もし初優勝となると、次は綱取りという声も出て来ますが、今場所はカド番で向かえてるので、綱取りは次の九州場所と、来年の初場所の結果を待ってからでいいでしょう。あせると追い込まれて、また首投げやりそうだし。

ヤフコメでも「これが相手が白鵬だと厳しいと思うけど、日馬富士ならまだ勝てる可能性はあるね。分の悪い鶴竜にも勝ち切ったし、今場所は期待できる!」「豪栄道にとって明日がほんとの正念場ですね。日馬富士は明日負けたら優勝の可能性が無くなるので頑張ってほしいですけど、勢いからすれば豪栄道有利ですね!」「今までが嘘のように強いね。顔つきも全く違う。ずっとこのままでいってほしい」といった応援コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「NHKはもう稀勢の里なんかどうでもいい感じだったな」

ま、2ヶ月に一度のお約束ですから。なのでキセノンと入れ替わりでカド番に回る照ノ富士のことも、忘れないで下さいね。

2016年9月20日 (火)

話しかけられてもうれしくない8分間

まんたんウェブによると、日清の「ラ王」5種類をモチーフにした美少女キャラが登場し、スマホかざすとお湯入れてからの5分間と食ってる間の3分間の計8分間、ユーザーにそのキャラが話しかけてくれるんだそうです。いやはや。

ゆるキャラや鉄道むすめ以降、この手の擬人化はとどまる事を知りませんが、遂に一方的とはいえ話までするようになるとは、技術の進歩に感心する一方、そこまでしてヲタ層を取り込みたいのかという気もします。キャラクターは清楚系にツンデレにヤンデレに妹系とまぁ基礎は抑えてますが、実物の女にしか興味のない筆者は苦笑するばかりです(オレが言うとウソ臭くなりますが、ホントです)。そもそもメシ食ってる時に一方的に言われっぱなしっていうのは、イヤなので(前の職場では嫌いな上司がメシ時になるとこれをやるので、体調を崩した)

まぁ世の中にはスキ者がいるので、ラ王食いながらスマホかざして「おかず」にする人も、中にはいるかも知れないので、そういう意味のニッチビジネスとしては需要があるのかも知れません。筆者のようなガラケー派には無縁の話ですが(ってゆうか「おかず」って何?)。いずれにせよ人前でやったら、ドン引きは避けられないでしょう。

どうせやるんだったら、中の人に松山鷹志でも使えばよかったんですけどねぇって、それは『北斗の拳 イチゴ味』か。イチゴ味のラ王ってのは、名古屋なら受けるかも知れないけど、無理かなぁ。

2016年9月19日 (月)

2階建てなんて絶対ムリ

如何にしてラッシュアワーを少なくするかは、鉄道会社にとって永遠の課題の一つです。小池都知事が掲げてた公約の一つにも「満員電車ゼロ」というのがあるんだそうですが、筆者は聞いた事がありません。で、その原案を作った交通コンサルタト、阿部等氏のインタビューがwithnewsに掲載されてるのですが、その内容は「二階建て電車と二階建てホームを作る」という、小学2年生の自由研究レベルの噴飯ものでした。寝言は寝て言え。

そもそも架線張らずにリニアにするとかヌカしてますが、そんなカネどこにあるんでしょうか?首都直下型地震が来たら、間違いなく二階建てホームは崩れるでしょうし、耐震補強の額もバカになりません。何より他路線に乗り入れられないのでは乗り換えの手間がかかり、かえって時間のロスになるのは明白でしょう。ドア閉めて即発車ってのも、安全軽視としか言いようがありません。傘とかベビーカーとか挟んで発車したらどうなるか、考えたことないんでしょうね。

ヤフコメでも「発想は面白いけど現実味がない」「大失敗する気がしてならない」「ヤバイ・・・自分に酔ってる感アリアリ」「実際に毎日乗車していない人に何が解るんだ」といった批判的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「高齢化社会、人口減少…
何もしなくても電車乗る人少なくなっていきそうだけど…」

だからカネのあるJRや大手は、駅ナカやマンションにカネかけるんですけどね。そんな事より小池都知事には、豊洲新市場の問題をどう解決するのか、聞いてみたいですな。パフォーマンスはもういいから、せめて慎太郎を引き吊り出さないとねぇ。

2016年9月16日 (金)

ドジョウからレンコンへ

ミンチン党代表に晴れて「脱法ハーフ(by二階堂ドットコム)」こと蓮舫が選ばれましたが、三役人事で早くも馬脚を現しました。幹事長に驚く勿れ、ニャンとあの野田佳彦前首相を起用する事を、明らかにしたのです。あの旧ミンス党政権を終わらせた張本人を起用するんですから、よほど人材がいないのでしょう。もちろん蓮舫には人望も。

その野田幹事長ですがJ‐CASTニュースによると、こんな戯言をホザいてるそうです。あまりにアレなので、全文引用します。

「ハスの花を下で支えるレンコンになった気持ちで
徹底的に下支えをする」

ヲイヲイアンタ、4年前はドジョウがどうのこうの言ってたんぢゃなかったんですかにぃ、それが今度は「ハスの下のレンコン」って、ヘビイチゴの下の根っこにしか見えませんけど。それとも「穴だらけでスキだらけ」っていう自虐ギャグ?まぁ長持ちはしないと思いますけど。

ヤフコメでも「民進党には人材が不足していることの表れではないのか。野田氏ではかつて民主党政権が信頼を裏切ったイメージを払拭できない」「本当に本当にダメだこりゃ!」「この人を使っちゃダメでしょう。菅や鳩に比べりゃ少しはましだったかもしれないけど」「早速言ってる事と違う事やりだしたね」と散々でした。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

さ、明日はドジョウとレンコンの煮物でも食べて、バカーバカーバカーバカーギブアップ。

2016年9月14日 (水)

さらばグリーンプラザ新宿

J‐CASTニュースでも伝えられてる、グリーンプラザ新宿の年内閉館には、正直驚きました。若い頃から通ってる店なので、未だに信じられません。

閉館の理由として挙げられるのは、やはりテルマー湯のオープンで人の流れが変わったからというのがありますが、公式サイトでは去年の2月に正社員を募集してるので、それだけなのかという疑問も沸いてきます。部外者がどうこう言える話じゃありませんし、単なる運営会社の交代だったらいいんですが、果たしてどうなることやら。

何よりツラいのは、来年からどこであかすりやればいいんだろうという事です。テルマー湯のあかすりは女性限定だし・・・

2016年9月13日 (火)

知らずに駅に行きそう

東京メトロは渋谷駅線路切り替え工事の為、銀座線の渋谷~表参道間と青山一丁目~溜池山王間を、11月5~6日と11月19~20日の計4日間運休すると発表しました。

渋谷駅周辺の再開発事業に伴うリニューアルに合わせたものですが、事故や天災を除くと渋谷や赤坂見附に銀座線が来ないというのは、筆者の知る限り初めてです。これから駅構内や車内アナウンス等で告知されるんでしょうけど、運休当日銀座線に乗ろうとして駅に来てしまう人も多いと思います。筆者も含めて。頭で分かっていても体は無意識の内に、いつものホームへ向かっちゃいますからねぇ。

今のホームからビルの中の車庫を拝めるのも、来月一杯でお終いでしょうから、旧線の乗り収めはお早めに。でもフラッシュや自撮り棒は使わないでね、危ないから。

2016年9月12日 (月)

はだしのカープ

広島優勝の興奮が未だ冷めやらぬ中、J‐CASTニュースにスゴいネタが掲載されてました。あの故 中沢啓治氏が『広島カープ誕生物語』という、そのものズバリのマンガを描いてたのです。筆者の中学の図書室には、『はだしのゲン』はもちろんの事、原爆二世や占領下の沖縄を題材にした中沢作品はけっこうありましたが、さすがにこれはありませんでした。広島ではメジャーなマンガなのは分かりますが、やっぱ『はだしのゲン』の隣にあるのでしょうか?もしそうだとしたら、わしゃあ興奮してションベンが漏れそうじゃ。

のっけから原爆のキノコ雲から始まるという、『仁義なき戦い』チックなOPから気を引かれますが、もっと気を引かれるのは作者曰く「カープき○がい」と呼ばれる、当時の熱狂的なファンのやり過ぎ度でしょう。ヤジや暴動は朝飯前、。しかも大阪の有名選手(って事は阪神か南海=現、ソフトバンクか?)の自宅前で、カープ入団祈願の座り込みって、どう考えてもストーカーでしょう。その甲斐あって(違うけど)松竹(現、DeNA)から小鶴誠が移籍して来た時には、深夜の広島駅でラッパ鳴らして万歳三唱。黒田や新井が戻って来た時の熱狂ぶりもすごかったですが、こっちはもっとすごいです。対戦相手の国鉄(現、ヤクルト)の選手(残念ながら金田正一じゃく、『巨人の星』のモブによくいる「将来有望な若手を罵倒する、誰だかわからない選手」(byほりのぶゆき)に「カープきち○いは頭がおかしい」と言われてるし、いいんですかねぇ。

もちろんおなじみの樽募金や今は無き広島市民球場、そして75年(昭和50年)の初優勝といった定番ネタもあるので、「市民球団カープ」の軌跡を分かりやすく読む事が出来ます。あれから41年も経ってるんですねぇ。どなたか中沢氏の遺志を継いで続編を描いてくれたらいいんですけど、無理ななぁ。今だったら主人公はカープ女子になっちゃいそうだし。

ちなみに今年の優勝の際には、広島も東京も騒がしいと言われた割には、けっこうおとなしかったそうです。まぁ今は変な事やると、すぐSNSで晒されちゃいますからねぇ。

2016年9月11日 (日)

やっぱり稀勢の里は・・・!

稀勢の里という男、ドボジテこうも期待を裏切るんでしょうか?今日初日を迎えた大相撲秋場所は、先場所優勝の日馬富士やカド番の琴奨菊や豪栄道が勝ったのとは対照的に、鶴竜と照ノ富士、それに稀勢の里は見事に負けました。特にキセノンは、白鵬が初日から全休という絶好のチャンスにも拘らず、早速やってくれました。この分だと周囲がどんなにハードル下げても、また勝手にコケて12勝3敗で終わっちゃいそうです。期待しない方が利口ですね、綱取りも優勝も。

7月24日のブログでもお伝えした通り、この人の最大の弱点は、メンタルケアの失敗にあるわけですが、いい加減改善しよう・させようという気はあるんでしょうか?多分ないからこんな事になっちゃうんですな。

ヤフコメでも「絶句。でもこれが稀勢の里。期待しない方が強くなるかも。注目されると弱くなるのかな?」「結局これまでも『惜しい』は何度もあったけど,優勝には至らない勝負弱さがあるから、もう厳しいかもね」「みんなが期待し過ぎで、この人に横綱を期待するのは、そもそも無理なことだったんだろうね。ここで期待通り活躍できるなら、とっくの昔に横綱になってたよね」「一回くらい優勝してほしいが、それも叶わないかもしれんな」「もう30だし、ここが限界だろうな。宇良に期待した方がいい!」といった失望コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「もう放置プレーで行きましょう!応援してる方が悲しくなる」

相撲取りは「かわいがり」のイメージでドSが多いと言われますが、じつはドMも多いんです。って事はキセノンも・・・ありえるわね。負けた時なんか満足そうな顔してるし。

2016年9月10日 (土)

神って25年振り7回目

2016年のセ・リーグを制したのは、神って神って神まくった広島東洋カープでした。それも巨人に逆転というファンにとっては最高の勝ち方で。まぁヤクルトと巨人がだらしなかったという事もあるんですが、それでも25年振り7回目の優勝は格別でしょう。

でもこれで終わりじゃありません。次はCSが待ってます。個人的には広島・DeNA・ヤクルトでCSやって欲しいんですけど、何か巨人が意地を見せそうだし、それは難しいかも知れません。でもまぁ更に巨人にダメ出しするのもいいかも知れませんな。

その巨人・高橋監督は負けと同時に逃げるようにベンチを後にしましたが、どこまでお子ちゃまなんですかねぇ。まぁ清原と賭博4兄弟のせいで、なりたくもない監督を引き受けちゃったわけですから、自己責任ですな。多分来年もこの調子なんでしょう。

ちなみに今日一番笑ったのは、放送中にニュース速報流したエネッチケーでしたね。今目の前で起きてんだから、分かるって。BSでやってんじゃないんだから。

2016年9月 9日 (金)

中の人はイケメンかデブかどっち?

昨日のブログでもお伝えした、2018年(平成30年)の大河ドラマ『西郷(せご)どん』ですが、主役の最有力候補とされた堤真一に断られた事もあり、未だ主役は未定となってます。まぁまだ来年の大河すら放送されてないんですから、焦る必要はないと思いますが、少し勇み足のような気はします。

で、誰がせごどんに相応しいのかとJ‐CASTニュースが伝えていますが、正直自分でもわかりもさん。堤真一以外で名前の挙がってた鈴木亮平では正直イケメン過ぎるし、かと言って阿部寛ではもっとイメージが違うし(風呂入るシーンあると『テルマエ・ロマエ』になっちゃうし)、だからと言って過去に『跳ぶが如く』で西郷隆盛を演じた西田敏行では、さすがに年食ってるし、いっその事武蔵丸(現、武蔵川親方)しかいないのかなぁという気になってしまいます。そろそろ秋場所だし(何か違う)

ヤフコメでも「『篤姫』では小澤征悦さん、『龍馬伝』では高橋克実さんが演じたのは記憶に新しい。誰になるにしても、骨太感がある人に演じて欲しい感じかな」「演技力ある方に演じて欲しい」「演技力は無論だが、体型が違いすぎる役者は御免願いたいですな」「鹿児島弁のイントネーションがちゃんと出来る方がいいと思います」といったコメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

それにしても何でこの時期にバレたんだろうねぇ、やっぱモミモミ会長に一矢報いようという人がいるのかしらん?エネッチケーの中に。

2016年9月 8日 (木)

鬼石曼子(グイシーマンズ)の子孫は出るけど・・・

「犬伏の別れ」を終えて、関ケ原と第2次上田合戦に向けて盛り上がる『真田丸』と、春風亭昇太の今川義元以外見どころがない『おんな城主 直虎』に続く2018年(平成30年)の大河ドラマは、林真理子原作の『西郷(せご)どん』に決まったと、まんたんウェブが報じています。明治維新150周年記念作品との事ですが、脚本が『花子とアン』や『ドクターX』シリーズの中園ミホという事で、早くも西郷(中の人未定)に「おいどん、失敗せんでゴワス」とか言わせるのかと、思ったりしてしまいます。

思えば『花燃ゆ』が大コケして、幕末物は当たらないというジンクスが蒸し返されたので、2本戦国物を挟んだのかも知れませんが、この分だと12年10月26日のブログでお伝えした『島津義弘』は、カスリもしなかったんでしょうね。まぁ時代的に『真田丸』と被っちゃうから、仕方ないのかも知れませんが、一体いつになったら大河で本格的な朝鮮出兵が見られるのでしょうか?

ヤフコメでも「西郷どんは良いけれど、林真理子さんってところがちょっと期待できない要素かな?(笑)」「武蔵丸(現、武蔵川親方)がいい」「これで若いイケメン俳優したらふざけんなって思うわ」「林真理子の歴史ドラマなんて、全く見る気が起こりません」といった、やや否定的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「戦国と幕末の繰り返し。
セットとか衣装とか便利なんだろうが、
もっと知らない時代にスポットを当てて欲しいなぁ」

だからと言って、これまで大河でやった事のない旧石器・新石器・縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良の話が面白いのかと言えばそれは違うだろうし、近代でも明治中期~昭和に掛けてはなかなかお目にかかりません。天皇陛下の「お気持ち」発言の後だからこそ、昭和天皇を大河の主役にしてもいいと思うんですが、無理なんですかねぇ。

2016年9月 6日 (火)

処分するなと言われても

J- CASTニュースに掲載された、石川県穴水町の町立図書館が寄贈本約2000冊を破棄した問題は、単純に担当者の認識不足だけでは済まない問題を抱えてます。でも一方的に町や当事者を叩くのもどうかと思います。

そもそも地方の、それもおせじにも予算が豊富とは言えない町で、こうした貴重な本を維持できるかと言えば、まず無理でしょう。県や市レベルじゃないと、図書館司書の資格持ってる人は雇えないし。そうでなくても新しい本が入ってくれば、利用頻度の低い本は方法はさておき処分されるの分かってんだし。どうしても手に負えないんだったら、大学や研究機関、あるいは専門図書館に依頼するか、最低でも鑑定士を呼んで希少性の有無を確認した上で、古本屋に売ったほうがいいかも知れません。

筆者も絶版本や希少本を何冊か所有してますが、その行く末はやっぱきちんとした所に寄贈するか、売るかのどっちかだと思います。少なくとも地元の図書館に寄贈はしません。

2016年9月 3日 (土)

さらばこち亀

その日がいつか来ることはわかってました。でもどこかで来ないんじゃないかとも思ってました。でも、来ちゃうんですよね。まんたんウェブJ‐CASTニュースによると、説明不要の長寿マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下「こち亀』)が、ついに最終回を迎えると正式に発表されたとの事です。最終回は9月17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号で、単行本も同時発売の第200巻(!)で完結。もちろんジャンプ史上最大の巻数で、今後破られる事はまずないでしょう。

原作者の秋本治氏は終了の理由を「おめでたい時に終わるのが一番かな?」と語ってますが、もっと早い時期から終了を考えてたのでしょう。そして「40年で200巻」というダブルアニバーサリーの今しかないと、決断されたのだと思います。実際ここ10年位は、弟子に描かせてたのバレバレだったし(だから作者名の後に、自身のスタジオである「アトリエびーだま」の名前が付いた)。個人的にはあと4年頑張ってもらって、東京オリンピックに日暮が登場するまで描いて欲しかったのですが、もう限界だったのでしょう。まぁ個人的には中途半端なままで終わった『Mr.クリス』をリブートして欲しいんですけど、無理かなぁ。

ヤフコメでも「ありがとう、両さん!お疲れ様でした」「あんな警察官あり得ないけど、本当に本当に好きだったよ」「面白かったです!お疲れ様でした。寂しいけど仕方ない」「一つの時代が終わりますね。両さん、本当にお疲れ様です」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「作者が引退しても続けるようなスタイルになるかと思っていたのに。
残念です」

『サザエさん』辺りと比べて権利問題はしっかりしてるので、『こち亀』アンソロジーみたいな企画は出来そうな気がしますが、多分秋本先生がダメ出ししちゃうんでしょうねぇ、何はともあれお疲れ様でした。

ところで『こち亀』終わらせたら即役員って話、あれマジなんですかねぇ。集英社の人から10年以上前に聞いたんだけど、終わらせられなかったDr.マシリトが常務になれたんだから、今の編集長は専務確定かな?

2016年9月 1日 (木)

もらってもうれしくない民主くん

ミンチン党の代表選も台湾vs鉄ヲタという、予想通りの展開になって正直面白くないのですが(結果目に見えてるし)、少しでも盛り上げようという気なのかJ‐CASTニュースによると、よせばいいのにゆるキャラの募集なんかやってんだとか。で、その副賞が4月でお役御免となった「民主くん」の着ぐるみってのは、体のいい厄介払いにしか見えないんですが・・・

これにはヤフコメでも「いらんわ!」「そんなことやっている場合ではないだろう」「他にやるべきことが山ほどあります」「他にやることはないのですか?」「ついでに代表も公募したらいいと思いますよ」と批判的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「みうらじゅんが欲しがりそう。まさに『いやげもの』だ!」

そう言えば「ゆるキャラ」という言葉の生みの親でしたね、この人は。でももらったとして何に使うんでしょう?筆者だったら砂でも詰めてサンドバッグにするんですけど。後は思いつきませんね。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »