« 豪栄道が鶴竜に勝った | トップページ | 豪栄道まさかの初優勝 »

2016年9月23日 (金)

豪栄道が日馬富士にも勝った

今日もタイトルの通りです。最後はまたいつも通りの首投げやっちゃったけど、追い込まれた時の豪栄道は普段とは別人ですから。流行りの言葉でいえば「神ってる」ってヤツですな。ちなみに遠藤も勝って2敗をキープしてますが、このまま豪栄道が優勝しちゃうんでしょう。

ヤフコメでも「これ、中身違う人やないの?ってくらい強いな」「ここで首投げか~内容的にはボロ敗けだが、ここまで来れば勝てば何でもありではあるな」「全勝優勝まであと2勝!」と好意的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「稀勢の里は早々に優勝争いから脱落したのに
12番勝てば翌場所に繋がるっていう
協会のごり押しが無念だったね
今の鶴竜に負けるんだからもうないだろう
白鵬がいなかったら優勝して横綱になれたとかいうファンがいるが、
白鵬不調の時も休場の時も優勝できてないし、
琴奨菊は優勝した。それが事実」

キセノンより後輩の高安に期待する方が、利口かも知れませんな。3敗しても将来性はあるし、白鵬の居ぬまの何とやら。

« 豪栄道が鶴竜に勝った | トップページ | 豪栄道まさかの初優勝 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪栄道が日馬富士にも勝った:

« 豪栄道が鶴竜に勝った | トップページ | 豪栄道まさかの初優勝 »