« 夜間文具店 | トップページ | 進撃の編集者、逮捕 »

2017年1月 9日 (月)

コンタクト(多分)城主 義元

放送開始直前に「ぢつわ男だった疑惑」が出た途端、エネッチケーが「フィクションですから」と開き直った『おんな城主 直虎』ですが、柴咲コウを2月まで温存すると聞いて、完全に勝負投げたなと思いました。そんな中J‐CASTニュースによると、今川義元役の春風亭昇太が「怖い!」と噂になってるそうです。

確かに戦国時代で鉄砲伝来前の話なので、メガネ外すのが当たり前なのですが、実際に画像で観てみると政務調査費をピンハネした、地方議会の議長にしか見えませんでした。一応公家風のメイクはしてますけど、『戦国無双』の義元と比べるとかなりおとなしめだし、何より今回はセリフなしというのはどうかと思います。このまま行ったら口開くのは月末ぢゃねーの?とか思ったりしますが、それでも語尾に「の!」とかは付けないんでしょうねぇ。

それより何より記事にあるコメントの一つ「まったく春風亭昇太に見えない今川義元を見て、やはり彼の本体はメガネなのだなと再認識しました」って・・・そうか、大村崑・横山やすしの伝統は彼に受け継がれてたんだなぁと、改めて思いました。

歴史に「if」は禁句ですが、あの時代の義元がメガネを掛けてたら、それこそ無双と呼ぶにふさわしい活躍をしたでしょう。もちろん桶狭間では信長を返り討ちにして、そのまま上洛。朝廷を押さえて天下人として君臨してたでしょう。もちろん家康も独立せずそのまま今川を支え続けたでしょうから、後々大河になっても、せいぜい『軍師官兵衛』レベルの扱いにしかなりません(アレはアレで面白いアウトレイジ大河だったが)

というノリでやれれば面白いんだけど、義元途中で死んじゃうからなぁ。やっぱ直虎が超必出して敵も味方も全員吹っ飛ばして、勢いで自分の鎧や着物や下帯も全部吹っ飛ばさなきゃ、無理かなぁ。

« 夜間文具店 | トップページ | 進撃の編集者、逮捕 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクト(多分)城主 義元:

« 夜間文具店 | トップページ | 進撃の編集者、逮捕 »