« さらば松方弘樹 | トップページ | ごはんから湯豆腐へ »

2017年1月25日 (水)

横綱の名に恥じないようにね

ついに稀勢の里が第72代横綱になりました。横綱昇進の口上はJ‐CASTニュースによると、「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」という、シンプルイズベストなものでした。まぁ難しい四字熟語使っても、すぐ忘れるだろうから、逆に印象に残ります。もう貴乃花も「不惜身命」なんて忘れてるだろうし。

晴れて3代目若乃花以来、19年振りの日本人横綱になったキセノンですが、今後は様々な重圧がのしかかってくるのは確実です。横綱は大関や三役と違って、負け越せば即引退、二桁勝っても10~11勝では綱の価値が問われる立場です。次の春場所からは、常に優勝争いに加わる事が義務付けられるわけですから、肝心な所でコケてはいけません。来場所は他の3横綱も巻き返しを図るだろうし。

ヤフコメでも「気持ちが入ってれば良いんじゃない。分かりやすくていいと思います」「本人が使ったこともない、取ってつけたような四文字熟語より、自分の言葉の方がよいと思います」「四字熟語言って喜ぶのはマスコミだけだと思う。シンプルでいいと思う」といった好意的なコメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

個人的にはあと4回は優勝して欲しいと思うのですが、嫁取りが先かなと余計な心配をしてしまいました。自分も嫁さんいないくせに。

« さらば松方弘樹 | トップページ | ごはんから湯豆腐へ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横綱の名に恥じないようにね:

« さらば松方弘樹 | トップページ | ごはんから湯豆腐へ »