« 都議会のドン、ようやく引退へ | トップページ | ア・ラ・ラ・ランド »

2017年2月26日 (日)

直虎で幸村?

大坂夏の陣で徳川家康を打ち損じた真田幸村は生きる気力を失い、あてどもなくさまよい続けていた。そして目の前の扉を開けたその時、彼の身は「ここではないどこか」へ飛ばされていた。

何か『ドリフターズ』の二番煎じみたいな書き出しになってしまいましたが、日刊サイゾーによると視聴率低迷が止まらない『おんな城主 直虎』が、視聴率回復の切り札として『真田丸』の堺雅人にゲスト出演してもらおうと、目論んでるとの事です。もちろん実際にはありえないでしょうけど、まだ6回しかやってないのにこんな話が出るとは、余程つまらんという事が裏付けられたも同然です。

実際筆者の周りでも観てる人を探すのが難しいし、何度も言うけど井伊直虎が大河の主役として、1年間お茶の間に顔を出す価値のある人だったのかと言えば、全くの過大評価だと言わざるを得ません。このまま行ったら間違いなく『平清盛』『花燃ゆ』と並ぶ、年間平均視聴率12%のワーストタイ記録か、ヘタすりゃ初の12%割れもありうるかも知れません。

記事では他にもゲスト候補として、羽生結弦の名前も挙がってますが、やめた方がいいと思います。アレは時代劇だと明らかにウケの美少年(どういう意味だか分かりますよね?)だし、まだ春風亭昇太(今川義元)繋がりで、笑点メンバー出すのが現実的だと思います。その場合三遊亭圓楽は腹黒の軍師ですし、林家木久扇は杉作って・・・それは鞍馬天狗か。

こうなったら1月9日のブログでも書いたけど今からでも遅くないから、義元にメガネかけさせてパーフェクト義元にすれば、間違いなく面白くなるでしょうね。蹴鞠で敵倒すとかって、それは『戦国無双』の義元か。

« 都議会のドン、ようやく引退へ | トップページ | ア・ラ・ラ・ランド »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直虎で幸村?:

« 都議会のドン、ようやく引退へ | トップページ | ア・ラ・ラ・ランド »