« 電車初の重文(それも2両) | トップページ | 新横綱で初白星 »

2017年3月11日 (土)

あれから6年

早いもので震災から6年が経過しました。この間瓦礫の処理が進み、復興と街づくりも進んでいるようですが、原発の問題はほとんど片付いてません。むしろ去年と比べて悪くなってるようなのは、気のせいでしょうか?となると原発いじめがなくならない理由がわからんし、そもそも避難者から何百万もたかるのは犯罪じゃね?と今更ながら思います。今年も各地では地震発生時刻の14時46分に黙祷が行われ、体調不良の筆者は今年は自宅で一人黙祷しました。

復興もが進んでないのにも関わらず、マスコミは震災の記憶を徐々に風化させつつあると、J‐CASTニュースが伝えてます。確かに後ろばかり向くのはどうかと思いますが、だからと言って前ばかり向いてても、何も解決しません。後ろロ振り返りつつ前を見据えるのが、正しい復興のやり方なんですが、なぜそれを誰もやろうとしないのか、正直理解に苦しみます。厳しい現実から目を背けさせたいのかも知れませんが、どこまでバカにしたら済むんでしょーか?

実際ヤフコメでも「避難先での原発いじめ対策に本腰上げて欲しい」「6年経っても未だに傷跡は大きい。一刻も早い復興を望みます。忘れてはいけない」「オリンピックにかける『人・物・金』を災害復興に向ければ、今より復興は進んでいたんじゃないだろうか」「まだまだ原発とかいっぱい問題あるのに、なんしにオリンピックやるねん。その金復興に全て使えや」といったコメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

結局時が経っても、不都合な真実は明かされないまま、我々は日常を生きなければならないのかも知れません。一体いつになったら心から落ちつけるのか、正直わかりません。それでも言う時は言わなきゃいけない。おかしい事にはおかしいと言わなくてはいけません。最後になりましたが、今回も亡くなられた方のご冥福を、心からお祈り致します。

« 電車初の重文(それも2両) | トップページ | 新横綱で初白星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから6年:

« 電車初の重文(それも2両) | トップページ | 新横綱で初白星 »