« 500歳の不審者 | トップページ | 共謀罪成立、施行は7月11日から »

2017年6月14日 (水)

マンガはマンガに過ぎない

埼玉県で逮捕された強制わいせつ事件の容疑者が、エロ同人誌を参考にして犯行に及んだことが発覚し、埼玉県警が作者に申し入れをしたと、埼玉新聞が伝えています。

もちろん事件そのものは悪質極まりなく、容疑者の男は逮捕されて当然のクズですが(ついでに去勢されればいい)、捜査当局がこうした申し入れをするのは、一歩間違えれば検閲にも繋がりかねないだけに、慎重な姿勢が求められます。容疑者のプロファイリングには使えるかも知れませんが、所詮マンガはマンガ、フィクションに過ぎないのですから。

ヤフコメでも「AV業界には申し入れしないのか?痴漢とかAV見て勘違いして実行するヤツ多いと思うけど」「エロ漫画は完全なるフィクション。悪意のある人間は何を見ても悪用する」「そんな配慮をするよりも、わいせつ罪をもっと重たい罪にするべき」「創作を創作として捉えられない人って、やっぱり脳味噌のどこかに異常をきたしているのでは、と思う」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ(今回は長い)

北斗神拳を真似て他人の秘孔を突く・・・傷害になる可能性大
相手にキン肉バスターを掛ける・・・傷害になる可能性大
相手に麻酔針を刺して眠らせる・・・傷害の可能性大
つまらぬ物を切るくせに腰には常に刀・・・銃刀法違反
俺がガンダムだ!と言ってみる・・・精神科送りになる可能性大
他人の家の壺を壊しタンスを勝手に開けてアイテムGet・・・窃盗罪

漫画やゲームを現実に可能!と思っている人は頭おかしいです

今夜参議院でやってる共謀罪も、根っこの部分ではこれと同じなので、単なる一事件の問題と受け止めず、「来るべき世界」の前触れととらえた方がいいと思います。共謀罪についてはまた後日。

« 500歳の不審者 | トップページ | 共謀罪成立、施行は7月11日から »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガはマンガに過ぎない:

« 500歳の不審者 | トップページ | 共謀罪成立、施行は7月11日から »