« 放火ではないようだが | トップページ | 大正時代にC58が! »

2017年8月 7日 (月)

日本ファーストは小池ファースト

小池百合子の太鼓持ち、若狭勝が政治団体「日本ファーストの会」を立ち上げた事で、永田町では俄かに解散風が強まってます。新党結成を前提に立ち上げられたのは明白ですが、細野モナ男と渡辺ヨッシーは間違いなく入りますね。ハシシタは微妙ですが、だったら自民やミンチンや維新に揺さぶりかけて、聞いたことないヤツを2~3人入れれば、政党条件は満たせるからたやすいでしょう。さすがに上西小百合や今井絵理子はお呼びじゃないけど。

若狭なんてどう見ても台風の目になれるわけないんだし(そもそもコイツが特捜部長やってから、東京地検特捜部がダメになった)、初めから小池の国政復帰を前提に動いてるのが露骨すぎて笑えます。顔も繁華街でボッタくられそうなスケベオヤジみたいだし、その意味では安倍晋三級に信用出来ませんな。都民ファーストはもっと信用出来ないけど。

ヤフコメでも「第2の民進党にならなきゃいいがね」(むしろ日本維新の会に近い)「ダメとは言わないけど、少なくとも自分が信任された都政で何らかの結果出してからじゃないと、ただの烏合の集のアンチ自民の受け皿にしかならないよね。みんなの党や維新の二番煎じでは先行きは見えてるかな」「人気だけで当選した小池さんなら、若狭を頭にしたらだめぐらいわかんねーかな」「もう小池は賞味期限切れ。豊洲で無知をさらけ出したから。都議会ならアホな都民はだませても、他の地方の有権者はだまされないよ」「もう都庁でのお仕事は飽きたのですか?何かやり遂げましたか?今、都政、都民と向き合う時間が大事では?」といった批判的なコメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

ちなみに近々都民ファーストの某都議が、ナントカ砲の標的になるそうです。誰かなー。

« 放火ではないようだが | トップページ | 大正時代にC58が! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ファーストは小池ファースト:

« 放火ではないようだが | トップページ | 大正時代にC58が! »