« 豊田真由子、ようやく離党 | トップページ | 真田丸の風雲児たち »

2017年8月14日 (月)

マックかマクドか

一時の落ち込みぶりがウソのように、業績がV字回復してるマクドナルドですが、現在店頭で繰り広げられてるマックとマクドのおいしさ対決に、思わぬ所からケチがついたとJ‐CASTニュースが伝えています。

しかし筆者はそれとは別の視点で、疑問をぶつけたいと思います。それはなぜ東京(マック)がローストビーフで、大阪(マクド)がビーフカツなのかという事です。だってローストビーフって、別に東京でなくても食えるし、ビーフカツ(むしろ関西ならビフカツだが)は神戸や京都ではよく見かけますが、大阪ではそんなに見かけません。個人的には東京はすき焼きで、大阪はたこ焼きのほうがイメージしやすいのですが、仕込むのが難しいからこうなったんでしょうか?

ついでに言えばチキンマックナゲットの大阪お好みソースって、広島の人は納得してるんでしょうか?以前広島に行った時に、お好み焼きの本家は広島と大阪どっち?と聞きましたが、「本家広島、亜流大阪」と即答されました。大阪だったら当然逆の答えでしょう。個人的にはどっちも好きですが。

この企画が成功したら、おそらく他の都市でもやるんでしょうけど、その時は札幌=ジンギスカン、仙台=牛たん、新潟=鮭のづけ焼、名古屋=エビフライ、香川=讃岐うどん、博多=モツ、熊本=馬刺し、鹿児島=豚骨、那覇=ラフテーでやって欲しいですな。多分無理だろうけど。あと函館と佐世保は初めっから対象外でしょう。理由は言うまでもありませんが。

« 豊田真由子、ようやく離党 | トップページ | 真田丸の風雲児たち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マックかマクドか:

« 豊田真由子、ようやく離党 | トップページ | 真田丸の風雲児たち »