« ヲタトゥーは痛トゥー | トップページ | あまてらす石破運転士 »

2017年9月 3日 (日)

所詮DAIGOの大叔父だから

時事通信によると、自民党の竹下亘総務会長が、「北朝鮮のミサイルが島根に落ちても何の意味もない」という発言をしたそうです。本人は未だ謝罪も撤回もしてませんが、間違いなく全国民、特に島根2区の有権者を敵に回しましたな。絶対次の選挙では入れてくれないだろうし。

まぁタイトルにもある通り、竹下総務会長と言えば今や「竹下登の異母弟」より「DAIGOの大叔父」と言った方がわかりやすいお人ですが、だからと言ってオツムの中身までDAIGOに合わせなくてもいいんぢゃないんですかねぇ。島根には出雲大社もあるし、もし万が一そこにミサイルが落ちたら、間違いなくネトウヨに叩かれるでしょう。ヘタすりゃ北の回し者呼ばわりされかねませんが、その事分かってて発言したのでしょうか?

ヤフコメでも「日本のどこに落ちても問題でしょう。人的被害があればさらに問題。政治家の意識が大問題」「面白いほど失言ばかりする自民党議員。こんなに頻繁に失言出ることって今まであったのかな?少なくとも、次回の選挙で竹下氏は当選するかは分からなくなってきたな」「島根にも原発があるし、そもそも国内のどこにミサイルが落ちても大問題だ!」「落ちても意味がない?尊い命が危険にさらされるのに?」といった批判コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「鷹の爪団で全く同じネタがあった
ブラックジョーク的なノリだったのかもしれないけど、
現職の政治家が言ったらそりゃ叩かれるわ」

現実がフラッシュアニメに近づいたって事ですか。でも全く笑えませんな。ま、竹下氏の将来はこれでDJV(大丈夫)とならない事だけは確かですが。

« ヲタトゥーは痛トゥー | トップページ | あまてらす石破運転士 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所詮DAIGOの大叔父だから:

« ヲタトゥーは痛トゥー | トップページ | あまてらす石破運転士 »