« 解散に大義なんかない | トップページ | 日馬富士、逆転のV9 »

2017年9月22日 (金)

横綱と大関と新入幕

全勝は無理でも豪栄道が、このまま2度目のカド番優勝でいくのかと思いきや、どうして肝心な所でコケてしまうのでしょうか?昨日の時点で2敗の豪栄道を4敗の日馬富士・嘉風ら10人が追うという展開でしたが、星の潰し合いで3敗の豪栄道を、4敗の日馬富士と新入幕の朝乃山が追う展開に変わりました。

横綱と大関の優勝争いは一見するとよくある組み合わせですが、99年ぶりに3横綱2大関が休場するという低レベルを考えると、あまり喜べません。ましてや新入幕力士が入ってるんですから、いかに今場所が異常な場所かという事が分かります。現状ではまだ豪栄道有利ですが、これで朝乃山がタナボタで優勝したら笑いものですな。

ヤフコメでは「これは日馬富士の逆転優勝かな」「経験の差からも日馬富士に勝てそうにはないね」「豪栄道、優勝争い盛り上げてどうする。大関なら逃げるな」「こういう結果になると、(豪栄道)持ってないなぁと思ってしまう」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「今場所は1972年初場所の初代栃東、
1996年九州場所の武蔵丸に次ぐ
3度目の11勝4敗での幕内最高優勝になりそうだね」

そういう事のようです。とりあえず豪栄道は3連敗しないようにね。

« 解散に大義なんかない | トップページ | 日馬富士、逆転のV9 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横綱と大関と新入幕:

« 解散に大義なんかない | トップページ | 日馬富士、逆転のV9 »