« 日馬富士、逆転のV9 | トップページ | 11勝でも優勝は優勝だが・・・ »

2017年9月25日 (月)

やっぱり国難は、もり・かけだった

予定通り安倍ちゃんが今月28日に召集すり臨時国会冒頭で、衆議院を解散する事を正式に発表しました。10月10日公示、10月22日投開票。 勝敗ラインは自民・公明の与党で過半数(233議席)だそうです。

改憲で安倍ちゃんは「国難突破解散」なるフレーズを持ち出してきましたが、国難って何でしょう?冒頭で解散するくらいですから、余程触れて欲しくないものと言えば、やっぱ森友・加計ですわな。実に分かりやすいのと同時に、あまりのバカさ加減に父ちゃん情けなくって、涙が出てくらぁといった所です。誰が父ちゃんぢゃ。

おそらく安倍ちゃんの中では「自民が多少落としても、その分は同じ改憲派の維新と小池を巻き込めば、どうという事はない。リベラルの谷垣禎一元幹事長も引退するし、石破茂も野田聖子もダンマリを決め込むだろうから、邪魔者はいない」とタカをくくってるのかも知れませんが、選挙は魔物にして水物です。ちょっとした失言で票が流れるのは、過去何度もありましたし、それこそ「こんな人達」が大同団結して「安倍辞めろコール」を連呼すれば、またKO病院から深夜に医者を呼ぶハメになりそうです。

しかも二階堂ドットコムによると、都議選の「This is a 敗因」の内、「s」こと下村博文と「h」こと萩生田光一にもヤバい話があるとか。しかも「東のもり・かけ」問題になりかねない話となると、これは聞き捨てなりません。その上日刊サイゾーによると、あのハシケンこと橋本健元神戸市議が、今井絵理子との不倫について真相を暴露するんだとか。でもこっちはないだろうね、そんな事出来るタマぢゃないから。

そんな中、今日発売の週刊ポストが「今こそ、史上最大規模の民意を!『落選運動』 安倍・自民の『今なら勝てるから解散」を潰せ」という、14ページの大特集を組んでます。投票前の参考になる話がいっぱい載ってますが、それについてはまた後日。

« 日馬富士、逆転のV9 | トップページ | 11勝でも優勝は優勝だが・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり国難は、もり・かけだった:

« 日馬富士、逆転のV9 | トップページ | 11勝でも優勝は優勝だが・・・ »