« 照ノ富士よ、お前もか! | トップページ | 解散に大義なんかない »

2017年9月18日 (月)

だから真由子は嫌われる

9月13日のブログで予告した豊田真由子の謝罪会見が行なわれましたが、その内容は予想通り身勝手な自己弁護に終始したものでした。本人は議員継続に強い意志を強調しましたが、自民党に見放されたのに出馬しても、生き恥を晒すだけという事を、誰か教えなかったのでしょうかって、誰も教えないよね。100人秘書が辞めてんだし。

大体「世界のために働きたい」とかホザいてましたが、地元の為に何もしてないのに、世界の為なんて出来るわけないでしょう。実際、埼玉4区にこの人が来て、何か変わりましたか?月並みですが「寝言は寝て言え」の典型ですな。サイコパスとも言うけど。

ヤフコメでも「衆議院の解散総選挙が近いとわかって、大急ぎでやったんでしょうね。来月末には国会にはいないでしょうけど」「休んでた間の給料返して辞めれ」「議員報酬ってオイシイんだろうなぁ。再選はまず無いから、今のうちに貰えるもんは貰っときたいのかな」「解散後の来月の選挙で、改めて有権者の評価が下される!世間はそんなに甘くない」「突然姿を現し反省しましたと言われても、許しをえることは難しいと思うけど」といった批判コメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

で、議員辞めたらどうするのかって?うーむ、前にも書いたと思うけどオフィス北野にでも入社して、女優を目指すというのはどうでしょう?デビュー作は『女たちのアウトレイジ』とか?ま、それ作られるときはたけしもガチでボケてるだろうけど。

« 照ノ富士よ、お前もか! | トップページ | 解散に大義なんかない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから真由子は嫌われる:

« 照ノ富士よ、お前もか! | トップページ | 解散に大義なんかない »