« トンボを切って3連敗 | トップページ | だから真由子は嫌われる »

2017年9月15日 (金)

照ノ富士よ、お前もか!

こんな場所だからもう何が起きても驚かないと決めていたので、第一報を聞いても驚きませんでした。昨日松鳳山に寄り切られたカド番の照ノ富士が、今日から休場したのです。これにより照ノ富士は2015年(平成27年)5月場所から15場所務めた大関から、来場所陥落する事が確定しました。

大関になった直後は「年内か遅くても翌年には横綱、少なくとも稀勢の里よりは先」と言われてたのが、ヒザの怪我でモタついてる間に稀勢の里に綱取りで先を越され、年が変わると高安にも追いつかれと、何一ついい事がなかった照ノ富士ですが、こんなに早く陥落するとは思ってもいなかったでしょう。気が付きゃ琴奨菊がおいでおいでしてるみたいだし、来場所は元大関互助会でも結成するのでしょうか?

これにより今場所幕内の休場者は8人。とりわけ3横綱2横関の休場は驚く勿れ、ニャンと1918年(大正7年)夏場所以来99年振りです。大正時代って、個人的には『はいからさんが通る』とか『サクラ大戦』とか初期江戸川乱歩(『D坂の殺人事件』とか)しか印象にありません(『サクラ~』は太正だが)。そんな昔の出来事が、平成の21世紀の10年代に再現されてしまったのですから、そりゃ焦りますわな。

ヤフコメでも「野球で肩肘を痛めてる選手に、投手いないから完投してくれって言うか?」「本場所以外の興行が多すぎて、力士がゆっくりと休めないし、体のケアーも出来ない。こんなことをしていたら、又、飽きられるね」「大関に昇進した時は、一気に横綱かと思ったが・・・。その後に膝を痛めた時に強行出場したね。やはり、それがいけなかったか」「この異常事態の根本に何があるのか。人気に胡坐をかいた結果がこの無様な事態を招いたとすれば、むしろ
八百長問題の時よりも深刻だ」といったコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「公傷制度を復活させないと、力士がつぶれていくだけ。
力士がケガを完治させて万全の状態で土俵に上がることを
相撲協会は完全に無視している。
相撲人気で今が稼ぎ時だと言わんばかりに、
金儲けに走ってる結果がこれだ」

全くその通りですが、ではなぜ相撲協会は公傷制度を復活させないのか?それについてはまた後日。

« トンボを切って3連敗 | トップページ | だから真由子は嫌われる »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 照ノ富士よ、お前もか!:

« トンボを切って3連敗 | トップページ | だから真由子は嫌われる »