« 熊本電鉄5101A、再塗装へ | トップページ | 希望⇒野望⇒失望⇒絶望⇒死亡の党 »

2017年10月18日 (水)

大鉄での悪いい話

またかという感じです。J‐CASTニュースによると、大井川鐡道(以下、大鉄)の沿線で一部の撮り鉄が場所取りの為に、公道の不法占拠をしてたとの事です。しかも驚く勿れ、ニャンと警察が現場保存で使うようなイエローテープ(もちろん使われたのは、警察の備品ではない)が使われてたというから、間違いなく筋金入りの確信犯です。

大鉄の公式ツイッターでも取り上げられており、警察にも通報済との事ですから、占拠者が特定されるのは時間の問題ですが、捕まっても初犯なら書類送検でしょう。残念ですが、こんなんでも最低限の人権が保障されるので、出禁にするのは難しいのが実情です。

それにしても「写真を撮りたい人はルール(順番)を守りましょう」って、そりゃオメーだろとツッコまざるを得ませんでした。こんな「説教強盗」(知らないか)みたいな事を平気でホザけるのですから、占拠者は頭に虫でも沸いてるのでしょう。「オレはいいけどお前はダメ」ってのは、こういう場では通じないという事が、なぜ理解出来ないのでしょうか?

年を追うごとにリアルトーマスランド化が進む大鉄では、当然のように子供連れや家族連れが目立ちます。小さい子が見てるんだから、最低限のルールとマナーを守って写真を撮りたいものです。でないといつまでたっても、ごく一部の犯罪者のせいで、鉄ヲタ=悪人というレッテルが削がれません。マジで。

« 熊本電鉄5101A、再塗装へ | トップページ | 希望⇒野望⇒失望⇒絶望⇒死亡の党 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大鉄での悪いい話:

« 熊本電鉄5101A、再塗装へ | トップページ | 希望⇒野望⇒失望⇒絶望⇒死亡の党 »