« 大鉄での悪いい話 | トップページ | 投票はお早めに »

2017年10月20日 (金)

希望⇒野望⇒失望⇒絶望⇒死亡の党

今日休みだったので、不在者投票に行って来ました。もちろん然るべき党と候補者に、1票入れて来ました。台風が接近しており、一部の離島では投票日の繰り上げも決まりましたが、本土の有権者(特に西日本)も今からでも遅くはないので、早めに行って台風に備えた方がいいと思います。

さて、タイトル通りの道を行く新党緑のタヌキこと希望の党ですが、またやってくれました。前からの予定とはいえ、投票日当日はパリにトンズラする小池タヌキが「東急ハンズとニトリには希望がない」とかホザいたにも拘らず、ハンズが公式ツイッターで「お客様の『希望』を叶えたいと、スタッフ一同がんばっています」と投稿した事で、神対応だと評価されてると、J‐CASTニュースが伝えています。

ヘタに抗議するくらいなら、やんわりとたしなめるというハンズの対応は、企業として当然の事であり、極めて理想的です。タヌキは自分がハンズを屈服させたと思ってるでしょうけどねぇ。過ちを認めて人に頭下げるの嫌いだから。大体自分の所の候補者が軒並み討死確定という事で、一部では「平成のインパール作戦」と言われてるのに。

で、その平成インパールの兵隊のスキャンダルが、二階堂ドットコムに載ってるので、投票の参考にして下さい。リストに載ってない鳩山太郎の最新スキャンダルは、同じく二階堂ドットコムをどうぞ。

« 大鉄での悪いい話 | トップページ | 投票はお早めに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望⇒野望⇒失望⇒絶望⇒死亡の党:

« 大鉄での悪いい話 | トップページ | 投票はお早めに »