« 希望の先は失望か絶望か、それとも・・・ | トップページ | やっぱり都民ファーストはタヌキファーストだった »

2017年10月 2日 (月)

右と右と左と左

ミンチン党が野望の党に金庫の150億円ごと乗っ取られたと思ったら、「パヨクは来ないで」と言われて文字通り「小池にはまってさぁ大変」という事態になってますが、さすがにミンチンの中にも中指を突き立てた人がいたようです。民進党の枝野幸男代表代行が今日会見を開き、新党「立憲民主党」を結党することを明らかにしました。

今日の会見では枝野氏一人だけでしたが、「野望に行かない」と明言した辻本清美元国交副大臣、長妻昭元厚労相、赤松広隆元農水相、平野博文元文科相が加わるものと思われます。菅直人元首相の合流も予想され、最終的な合流者は100人前後になると思われます。ちなみに岡田克也元代表は、野望にも立憲民主にも合流しないとコメントしてますが、さすが新党イオンは違いますな。カネ持ってるから出来るんですよね。

これで「極右対極右対左」の選挙構図にもう一つ左が加わり、有権者としては選択肢が増える事になりました。それでいくつ議席が取れるのかは分かりませんが、大政翼賛会になるよりはましでしょう。それゆえ我々有権者も、候補者の身体検査がきちんとしてるのかを、見極めなければいけません。

ちなみに二階堂ドットコムが、野望の党の本質を突いてます。予想が当たるかは分かりませんが、元ネタのアニメは最近色々ありましたからねぇ。

« 希望の先は失望か絶望か、それとも・・・ | トップページ | やっぱり都民ファーストはタヌキファーストだった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右と右と左と左:

« 希望の先は失望か絶望か、それとも・・・ | トップページ | やっぱり都民ファーストはタヌキファーストだった »