« 右と右と左と左 | トップページ | 個人博物館の限界 »

2017年10月 3日 (火)

やっぱり都民ファーストはタヌキファーストだった

緑のタヌキはどうやら自分が、小池にはまってさぁ大変という事態を考えてなかったようです。時事通信によると、都民ファーストの会(以下、都ファ)の音喜多駿(北区)、上田令子(江戸川区)両都議が離党するとの事です。離党の理由ははっきり言えば、タヌキに化かされたという事ですが、都ファ草創期(と言うほどの物でもないが)から支えた古参(と言うほど長くないが)の離脱は、少なからず野望の党の今後に影響を与えそうです。

正直音喜多だってタヌキに便乗して「次世代の都議会ドン」になろうとしてたわけですから、あまりエラそうなことは言えないのですが、自分が捨て石にされてるという事実にようやく気付いたようです。あの目立ちたがりがめっきり画面から消えたのも、小池にはまっって足引っ張られてたからですね。でもこれから何を話すのでしょうか?せいぜい上西小百合よりマシな事を考えといて下さい。

こうした動きに対しヤフコメでは「信念にしたがって行動した。いいと思います。応援します」「音喜多氏は全くテレビで見なくなったものね」「離党して以前のように、都政の情報をオープンにしてくださいね」「都民ファーストの終わりの始まり」「都民ファーストの会が小池ファーストの会だって事、やっと理解したかな?」「小池さんの政治生命は終わったよ。衆院選後、都議会に戻っても国政に色気出した事は拭えないし、豊洲やオリンピックの課題も停滞したまま。どのツラ下げて帰ってくるのか、もう小池知事に求心力はないでしょう」といったコメが並びました。筆者もほぼ同意見なので、今回キタコメはありません(音喜多自身は支持しないが、今回の行動は評価)

さて、化けの皮がはがれつつあるタヌキは、どんな手でバカとマスゴミを騙すのでしょうか?

« 右と右と左と左 | トップページ | 個人博物館の限界 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり都民ファーストはタヌキファーストだった:

« 右と右と左と左 | トップページ | 個人博物館の限界 »