« そしてキセもいなくなった | トップページ | ドルジ大問題 »

2017年11月22日 (水)

白鵬、謎のアピール

余りの酷さにNHKのアナウンサーも「大横綱の振る舞いではありません」と苦言を呈してました。九州場所11日目の結びの一番、白鵬が嘉風に張り手カマしましたが、そのまま寄り切られた後、あろうことか土俵に戻らず物言いをつけるよう、審判にアピールしたのです。

もちろん判定は覆らず、嘉風が勝ち名乗りを上げたのですが、なお不満の残る白鵬は驚く勿れ、ニャンと弓取式の直前までいったん戻った土俵を、中々降りようとしませんでした。これまで白鵬の態度の悪さは勝ちあげなど何度も指摘されてましたが、ここまでヒドいのは見たことがありません。ちなみに北勝富士と隠岐の海は2敗を守っているので、優勝争いでやや白鵬が不利になったのは事実ですが、それでもこんな焦る必要はありません。

ヤフコメでも「自分から張っておいて待ったって、それは通るわけがない」「自分は白鵬ファンですが、あれはいけない」「土俵での白鵬の態度は横綱としてありえない。品格も何も全く無い」「自分で張り手しておいて不利になったら待ったはずるい、卑怯。 あれは結果的に嘉風が後の先になったんだ」「白鵬がワガママなガキに見えた」と白鵬に対する批判コメが並びました。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

おそらく明日理事長から厳重注意の処分が下されるでしょうけど、その前に明日の日刊スポーツで、やくみつるが思いっきり悪意に満ちたイラストを載せるでしょう。筆者はこの人のアンチ白鵬も度が過ぎてると思いますが、明日は描いてもいいと思います。でもって優勝も逃してくれたらいいんですけど、さすがにそれは無理かなぁ。

« そしてキセもいなくなった | トップページ | ドルジ大問題 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬、謎のアピール:

« そしてキセもいなくなった | トップページ | ドルジ大問題 »