« 価値無きV40 | トップページ | 日馬富士、残念な引退 »

2017年11月28日 (火)

ケツ持ち同じ人ぢゃないんだ

連日声のデカい人の言ったもん勝ちの様相を呈してきて、すっかり「藪の中」状態の日馬富士騒動ですが、11月18日のブログで筆者が伝えた「貴乃花親方とビートたけしのケツ持ちは同一人物」という話が、ちょっと揺らいできたようです。

サイゾーウーマンによると、貴乃花親方を潰すべく「芸能界のドン」こと、周防郁夫バーニングプロ社長が暗躍してんだとか。その理由は驚く勿れ、ニャンと『新・アウトレイジ 両国死闘編』への出演も噂される(って、ねぇよ!そんな映画!観たいけど)高田みづえが、ドンの推しメンなんだからだとか。言わずと知れた二所ノ関親方(元大関若島津)のおかみさんぢゃありませんかい。ダンナは日馬富士や貴ノ岩とは別の意味でマジヤバな状態が続いてますが、そんな所で名前が出てくるとは、ご本人も想定外でしょう。

しかし筆者が以前聞いた話では、周防氏は貴乃花親方の現役時代からのタニマチだったという話もあり、実際兄貴で元若乃花の花田虎上とは、今も良好な関係を築いています。貴乃花親方が部屋を興す際、過去のタニマチと決別したと言われる中でも、数少ない生き残りのタニマチとして、親方夫妻のメディア露出をサポートしてたはずですが、一体何があったのでしょうか?

しかも息子で靴職人の花田優一も潰すと息巻いてるそうですから、まさに怒髪冠を衝くが如し。弟子や息子の将来を考えると、公の場で自らの口で語るのが、今の貴乃花親方に求められてるのですが、そんな事も分からず意固地になってるのなら、図体のデカい幼児と一緒でしょう。尤も相撲取りなんてそんなもんと言われると、返す言葉がありませんが。

ちなみにたけしは昨日の東スポで貴乃花親方に対し「改革はそんなに簡単じゃない」と語ってましたが、相変わらず宮沢りえの話はしないのね。おっと失礼、宮沢もバータレでしたね。

« 価値無きV40 | トップページ | 日馬富士、残念な引退 »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケツ持ち同じ人ぢゃないんだ:

« 価値無きV40 | トップページ | 日馬富士、残念な引退 »