« (いろんな意味で)日馬富士、待ったなし | トップページ | 再起不能じゃなかったのか? »

2017年11月16日 (木)

ドルジ大爆撃

日に日に新事実が明らかになりつつある日馬富士の騒動ですが、ここに至ってあの元朝青龍・ドルジが参戦しました。J‐CASTニュースによると、ツイッターで日馬富士を擁護する呟きを連騰してますが、長く日本にいた割には日本語変です。余程頭に血が上って、そこまで考える余裕なかったんでしょうな。

そりゃまぁ自分を慕う同郷の後輩を庇いたいのは分かりますが、ぢゃぁ貴ノ岩は後輩ぢゃないのかと、言いたくもなります。あといくら旭鷲山嫌いだからって言っても、ここまであからさまに言うと、「お前もそこにいなかったろ」と突っ込まれるのが、分からないのでしょうか。あぁ、分かんないからこんな爆撃しちゃったのね。裏目に出てるけど。

ドルジが強気でいられるのは、自身の過去の実績もさることながら、日刊サイゾーのように「貴ノ岩(むしろ貴乃花親方だが)の方も、何かワケありなんぢゃね?」と報じるメディアがあるからでしょう。確かにこれはこれで不可解な動きが目立つのですが、それでも加害者と被害者の立場ははっきりしてるのですから、あまり強気にはならないのがいいでしょう。また何か言うだろうけど。

ヤフコメでも「アナタもその場にいた訳ではあるまいに・・・」「朝青龍は日馬富士と相当仲いいんでしょ?そりゃそういう見解になるわな」「何を言ってるか意味不明」「詳細がはっきりしていない以上、朝青龍も推測でモノを言うべきではない」といった否定的なコメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「なんだか良く分からなくなってきた」

地獄の釜の蓋はまだ開いたばかり、ここからが地獄の一丁目です。

ところで二階堂ドットコムによると、貴ノ岩の状態は相当悪いようです。こりゃ相撲協会は、一生分の年金支払わないといけませんな。

« (いろんな意味で)日馬富士、待ったなし | トップページ | 再起不能じゃなかったのか? »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルジ大爆撃:

« (いろんな意味で)日馬富士、待ったなし | トップページ | 再起不能じゃなかったのか? »