« ドルジ大問題 | トップページ | ケツ持ち同じ人ぢゃないんだ »

2017年11月26日 (日)

価値無きV40

予想通り白鵬が40回目の優勝を決めましたが、当然何の感動もありませんでした。3横綱1大関1元大関が休場して星5つ得したんですから、先場所の日馬富士よりも上げ底ですな。そんな上げ底横綱に対し、嘉風以外返り討ちというのもまた情けないですが。

そして特に今場所は、白鵬の態度の悪さが目立ちました。11月22日のブログでお伝えした謎のアピールはもちろん、今日の優勝インタビューもヒドいものでした。「場所後に真実を話し、膿を出し切り、日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に上げる」そうですが、自分が当事者の一人である事を忘れちゃったんでしょうか?既に司直の判断に委ねられてるのにこんな発言するのは、日馬富士の復帰を既成事実化する為の、忖度を狙ってるとしか言いようがありません。挙句の果てには万歳三唱って、さながら白鵬教の決起集会かよと、突っ込まずにはいられませんでした。

ヤフコメでも「優勝40回は立派ですが、他の力士の処遇はあなたが決めることではないでしょう」「既に司法判断が出ても、日馬富士現役続行が決まってるとしか思えない動きをしてるのが、ものすごく不愉快」「なんで加害者の日馬富士を応援するムードなのよ」「そもそも、あんたも現場にいた話だぞ」といった批判コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「もう普通の目で見れない」

それもこれもあれもこれも、相撲が「国技」だからでしょう。いっその事今すぐとは言わずとも平成の終わりに合わせて、相撲協会は「国技」の看板を下ろして、遺恨対決も八百長もデスマッチも何でもありの、完全営利興行に舵を切るのもいいかも知れません。

そしてその時貴乃花親方はどう動くのか?それについてはまた後日。

« ドルジ大問題 | トップページ | ケツ持ち同じ人ぢゃないんだ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値無きV40:

« ドルジ大問題 | トップページ | ケツ持ち同じ人ぢゃないんだ »