« さらばゲヒ殿 | トップページ | 奇跡すぎる十一枚 »

2017年12月 1日 (金)

平成が30年4か月で終わる

かねてから伝えられてた天皇陛下の退位日は、2019年(平成31年)4月30日と決まり、翌5月1日に皇太子殿下が新天皇として即位され、同時に新元号も施行されます。1月11日のブログでは平成は来年2018年(平成30年)一杯で終わり、翌2019年元旦から新元号と書きましたが、それより4か月延びる事になります。

退位が4月に延びたのは、1月は宮中も年中行事が多く、3月から4月にかけては年度末と新年度で忙しいので、休みが重なる時期にやれば、国民も連休でおめでたムードになるだろうという、政府の思惑が透けて見えます。即位の礼が行なわれる2019年5月1日は、おそらくその年だけ祝日になるでしょうから、祝日で挟まれた日は祝日になるという祝日法の規定で、2019年は4月27日~5月6日まで10連休となります。休みボケが大変そうですが。

ヤフコメでは「ご高齢でもあり病気もあります。陛下ご自身も公務の質を保つのが大変だと言っているのに、何故まだ一年以上も有るんだろう。来年の同じ日でも良いじゃないか」「再来年の4月末まで公務に締め付けられるのはかわいそうです。今年の夏にもう全力で公務できないって言ってたのに。例えば来年の6月30日退位で7月1日即位、新年号でいいのでは」といったコメが連投されてます。筆者も同意見なので、今回キタコメはありません。

いずれにせよ時代は動いてます。その転換期に2度も立ち会うのが幸運なのか不幸なのかは、正直分かりません。今回の決定が良かったのか悪かったのかを決めるのは、後世の歴史です。

なお勝手ながら明日12月2日と3日は不在の為、更新は休ませて頂きます。ご了承下さい。

« さらばゲヒ殿 | トップページ | 奇跡すぎる十一枚 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成が30年4か月で終わる:

« さらばゲヒ殿 | トップページ | 奇跡すぎる十一枚 »