« 弟子祝いたくないのかよ | トップページ | それでは皆さん、よい新年を(って、何度目だ?) »

2017年12月28日 (木)

貴乃花親方、理事解任へ

日刊スポーツによると日本相撲協会(以下、協会)は、今日の臨時理事会で貴乃花親方を、理事から役員待遇委員への2階級降格と、巡業部長の職を解任しました。理事が解任されるのは、協会では初めてのことです。

一部では業務停止や部屋閉鎖といった、厳しい処分が下されるのではと言われてましたが、さすがにそれはありませんでした。協会もある程度世論の流れを見たという事なのでしょう。尤も来月行われる、理事選挙への立候補は可能なので、単なるパフォーマンスという声もありますが。

貴乃花親方が立候補すれば、理事再選は確実な情勢ですが、一部で言われてる「貴乃花一派から2人目の理事誕生」は、画餅に終わりそうな可能性大です。結局はカネでしょうけど、貴乃花に言われるほどカネないから。

そもそも貴乃花親方の唱える「改革」だの「相撲道」だのって、何なんでしょう?さっぱりわかりません。おそらく本人も分かってないと思います。取り巻きから「そう言っといたほうが、何となくウケがいい」とか言われてやってるのかも知れませんが、具体的に何がしたい、そのためにこうしたいという事を自分の言葉で言わないと、支持者も離れていくと思います。まぁ今の彼を支持してるのは、せいぜいネトウヨ位でしょうけど。

これまた日刊スポーツによると、協会は元顧問の小林慶彦氏に対し訴訟を起こしたとの事。日刊ゲンダイの言う「裏金顧問K」の事ですが、貴乃花親方と親しく裏社会との繋がりも囁かれてる曰く付きの人物だけに、貴乃花親方がこれに対しどう反発するかも、注目の的です。そしてその次は『新・アウトレイジ 両国死闘編』へ(って、だからそんな映画はない!)

« 弟子祝いたくないのかよ | トップページ | それでは皆さん、よい新年を(って、何度目だ?) »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴乃花親方、理事解任へ:

« 弟子祝いたくないのかよ | トップページ | それでは皆さん、よい新年を(って、何度目だ?) »