« いすみ鉄道、悪質撮り鉄と全面戦争か? | トップページ | 有給半年もらってクビって何? »

2018年1月10日 (水)

キハ183系を残そう

旧国鉄やJR北海道(以下、JR北)で活躍したキハ183系の先頭車、キハ183形をクラウドファウンディングで残すプロジェクトが始まったと、レスポンスが伝えています。

今年3月のダイヤ改正で0番台の車両が引退・廃車となるのに伴い、今回のプロジェクトが始まったわけですが、これは本来JR北がやるべきことでした。でも今のJR北にそんな余裕がないのは言うまでもないので、クラウドファウンディングの出番となったわけです。

今回窓口となるready forによると、610万円を目標として元旦から募集を掛けたところ、1月10日現在で半分強の335万5000円が集まったとの事。目標額がクリア出来れば、セカンドゴールとして2両目の保存も検討してるとの事。プロジェクトを立ち上げた北海道鉄道観光資源研究会は、過去に711系のクラウドファウンディングを成功させた実績もあるので、今回成功すれば間違いなく、クラウドファウンディングでの鉄道車両保存という流れが、かなり期待できます(その場合の目標額は1100万円)

しかも移転先は、これまた安平町鉄道資料館の移転先に予定されてる、「道の駅・あびら(仮称)」(2019年春開業予定)ですから、保存環境としてはかなりいい所です。何度も言いますが、JR北は全くあてにならないので、このプロジェクトが成功すれば、間違いなく北海道における鉄道文化財への認識は、よい方向に動くと信じています。その為にも出来れば、セカンドゴールを決めて欲しいものです。

« いすみ鉄道、悪質撮り鉄と全面戦争か? | トップページ | 有給半年もらってクビって何? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ183系を残そう:

« いすみ鉄道、悪質撮り鉄と全面戦争か? | トップページ | 有給半年もらってクビって何? »