« 有給半年もらってクビって何? | トップページ | 糖尿病で休場って・・・ »

2018年1月14日 (日)

謝罪なし、そして差し違え

今日から始まった初場所も、八角理事長のあいさつでは謝罪の言葉はなく、本割の土俵でも立行司代行の式守勘太夫が、稀勢の里‐貴景勝戦で差し違え、稀勢の里に軍配を上げてしまうなど、緊張感に欠けた初日となりました。

協会は一連の不祥事を、日馬富士の引退と貴乃花・伊勢ケ濱両親方の降格で、ケリがついたと思ってるのかも知れませんが、考えが甘すぎます。今後貴乃花親方が地位保全の民事訴訟を起こせば、またマスゴミは面白おかしく騒ぐんだし、今日はおとなしかったけど白鵬が張り手や勝ち上げをやっても言わなければ、また調子に乗るんだし。その辺の感覚が世間とズレてんですよねぇ。

ヤフコメでも「反省もしてないし、何も変わらないのは誰の目から見ても明らか」「白々しい」「もう次は八角理事長本人と白鵬の番だよな」「俺は悪くないって思ってるからダメだよ」といった批判コメが並びました。でもってキタコメはコレ。

「意外と観客が多いのが気になった。
よく来るね」

罪を憎んで人を憎まずってやつでしょうか?確かにマジメに頑張ってる力士も多いので、そこは応援したいのですが、その為にはこの問題を全力士や全関係者が自分の問題として捉えない限り、難しいでしょう。

« 有給半年もらってクビって何? | トップページ | 糖尿病で休場って・・・ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪なし、そして差し違え:

« 有給半年もらってクビって何? | トップページ | 糖尿病で休場って・・・ »